BIRD'S FIELDNOTE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

8/11 沖縄・奄美遠征8日目〜奄美大島〜

この日は朝早くに出発しオオトラツグミを狙う!はずだったのですがまさかのレンタカーがバッテリー上がって動かないという・・・ しかもこんな山の中だとJAFも来るまでに2時間かかるとのこと。仕方がないのでその辺で鳥見。


IMG_4455a_convert_20171214034500.jpg

ズアカアオバト

宿の目の前の木に止まってくれました。


IMG_4529a_convert_20171214034438.jpg

P8112952a_convert_20171214034039.jpg

アマミアオガエル

目まで緑色なのが美しいですね。オキナワアオガエルはすぐ逃げられてしまいちゃんと見られなかったのでこちらはしっかり見られて良かったです。


P8112909a_convert_20171214034054.jpg

このハエトリグモ、ハエトリグモハンドブックを使って調べてみてもイマイチ分からず。どうも奄美で見つかっているまだ未記載の種のようです。未記載=レアというわけでは無いですがこれは嬉しいですね。


やっと車が動くようになったので目的の林道へ出発!したのですがなんと土砂崩れで通行止め・・・


田んぼに移動するもシギチは少なく特にめぼしいのはおらず。

IMG_4561_convert_20171214034420.jpg

IMG_4575_convert_20171214034352.jpg

何故かこの日はズアカアオバトだらけ。しかもみんなめちゃめちゃ近い。


結局この日の日中はろくな成果が出ずに終了。鶏飯丼が美味しかったくらいかな。


IMG_4586_convert_20171214034320.jpg

アマミイシカワガエル

昼の挽回をすべく夜の部開始。


P8112961_convert_20171214034024.jpg

ガラスヒバァ


IMG_4659a_convert_20171214034203.jpg

IMG_4633a_convert_20171214034302.jpg

アマミヤマシギ

本当に逃げない。大丈夫なのかこれで・・・


IMG_4693_convert_20171214034140.jpg

リュウキュウコノハズク


P8122971a_convert_20171214033952.jpg

オットンガエル


IMG_4716a_convert_20171214034124.jpg

リュウキュウアカショウビン

今回の遠征でようやくちゃんと見られました。これは綺麗だった・・・


結局この日は大きな成果は出せずに終了。自分はもう睡魔がピークに達していたので先に宿に戻って寝てしまったのですがその後も粘った同行者達も特に良い成果は出なかったようで。ヒャンとアマミタカチホが見たかった・・・


〜記録〜
リュウキュウキジバト、ズアカアオバト、バン、コチドリ、セイタカシギ、アマミヤマシギ、クサシギ、タカブシギ、ヒバリシギ、リュウキュウコノハズク、リュウキュウアカショウビン、アマミコゲラ、(オーストンオオアカゲラ)、(リュウキュウサンショウクイ)、ルリカケス、リュウキュウハシブトガラス、アマミシジュウカラ、アマミヒヨドリ、リュウキュウメジロ、オオトラツグミ、イソヒヨドリ、スズメ 22種


両爬・哺乳類
アマミシリケンイモリ、アマミハナサキガエル、アマミイシカワガエル、オットンガエル、アマミアオガエル、リュウキュウカジカガエル、ヒメアマガエル、ヘリグロヒメトカゲ、リュウキュウアオヘビ、ガラスヒバァ、アマミノクロウサギ


別窓 | 南西諸島 | コメント:0
∧top | under∨

8/10 沖縄・奄美遠征7日目〜奄美大島〜

いよいよ奄美での活動開始。まずはレンタカーを借りる為にバスで空港へ。車を借りたらさっそく奄美自然観察の森へ!


IMG_3575_convert_20171214033035.jpg

ルリカケス

実は空港行きのバスではやくも見てしまっていたのですがこれが初見。。聞いていた通り数は多いのですがさすがカケスの仲間。写真が全く撮れない・・・


P8102740a_convert_20171214032009.jpg

ヘリグロヒメトカゲ

かわいい。割と普通に居る種類ですが関東では見られないタイプのトカゲなのでなかなか嬉しい!


IMG_3885_convert_20171214032833.jpg

オオトラツグミ

奄美大島最難関だと思っていた本種にまさかの活動開始30分で遭遇。これは嬉しい!


IMG_3799a_convert_20171214033009.jpg

アカヒゲ

オオトラツグミを撮っていたら目の前に飛んで来た!こちらも沖縄本島の亜種ホントウアカヒゲとは違いなかなか難しい種。今後種分化するでしょうし是非とも見ておきたかった・・・


IMG_3829a_convert_20171214032944.jpg

アカヒゲが飛んでいった後もまだ居た。初観察でここまでじっくり見られるとは。いきなり厳しいと思っていた2種に出会えるという最高に幸先の良いスタートでした。


IMG_4003_convert_20171214032815.jpg

アマミヤマガラ


P8102752_convert_20171214031950.jpg

ハロウエルアマガエル


場所を変え田んぼでリュウキュウヨシゴイを探すことに。

IMG_4090a_convert_20171214032620.jpg

タカブシギ


IMG_4087_convert_20171214032641.jpg

クサシギ


IMG_4036_convert_20171214032755.jpg

シロハラクイナ

酷い写真ですが今年生まれの個体が出て来ました。八重山では多いですがこっちで見るのはすこし珍しいような。


IMG_4062a_convert_20171214032707.jpg

IMG_4047a_convert_20171214032737.jpg

チュウジシギ

なんとか尾羽が見られた・・・ ジシギ自体はそこそこ数が居るのですが全然ゆっくり見せてくれない・・・


しかしリュウキュウヨシゴイは気配も無いので移動。まだ初日の昼だというのに何故か気持ちが余裕だったので磯遊びへ笑


P8102764_convert_20171214031908.jpg

シャコの一種

調べても良く分かりませんでした。でもこんなのがたくさん居る磯とか楽し過ぎる!


P8102774_convert_20171214031840.jpg

ルリスズメダイ

魚はたくさん居るんですが撮れたのはこれだけ。綺麗な魚ですね。


しばらく遊んでから今回泊まるフォレストポリスへ。これがまた遠い笑

P8102795a_convert_20171214031802.jpg

アマミハナサキガエル

緑の強い綺麗な個体が居ました。


フォレストポリスに着いて手続きをし、しばらくして暗くなったら夜探開始!

車に乗り込んだらいきなりアカマタが出現。車を降りて写真を撮ろうとすると奥の方に道路を横断するでかいヘビが・・・


IMG_4114a_convert_20171214032513.jpg

IMG_4135a_convert_20171214032432.jpg

ハブ

やっと出たホンハブ!本島で見られずこれが初見。止まることも無く道路を横断して森へ消えていきましたが存在感というか威圧感が凄かったです。めちゃめちゃカッコよかった・・・


IMG_4144a_convert_20171214032322.jpg

アマミイシカワガエル

本島のに比べるとだいぶ見やすいようで同じ場所で複数個体発見。やっぱり美しいですね。


P8102821_convert_20171214031745.jpg

アマミハナサキガエル

こちらは先程のに比べて緑色が少ない個体。


IMG_4246_convert_20171214032301.jpg

アマミヤマシギ

奄美固有種の本種。聞いていた通り個体数は多いです。そしてこちらが心配になる位警戒心が無い・・・


IMG_4337a_convert_20171214032206.jpg

P8102864a_convert_20171214031622.jpg

オットンガエル

奄美大島固有の巨大ガエル。個体数は多く短時間で沢山見つかりました。


IMG_4271_convert_20171214032232.jpg

リュウキュウコノハズク

こちらも密度が高いようでそこらじゅうから声が聞こえました。


P8102881a_convert_20171214031605.jpg

アマミシリケンイモリ

これは沢山集まっている場所がありそこだけで数十個体が見られました。


IMG_4384a_convert_20171214032125.jpg

IMG_4393a_convert_20171214032054.jpg

リュウキュウアオヘビ

疲れて宿に戻る途中に出会った個体。とても美しいのですがこの時は眠気でそれどころじゃない中の撮影でした笑  今思うとよくあの状況で写真撮ってたなぁと。


ここでこの日の夜探は終了。ここに来てこれまでの疲労が溜まって来た感が・・・


〜記録〜
カラスバト、リュウキュウキジバト、シロハラクイナ、バン、コチドリ、アマミヤマシギ、チュウジシギ、クサシギ、タカブシギ、イソシギ、ヒバリシギ、ベニアジサシ、リュウキュウコノハズク、(リュウキュウアカショウビン)、アマミコゲラ、(オーストンオオアカゲラ)、リュウキュウサンショウクイ、ルリカケス、リュウキュウハシブトガラス、アマミヤマガラアマミシジュウカラ、リュウキュウメジロ、オオトラツグミアカヒゲ、イソヒヨドリ、スズメ 26種


両爬
アマミシリケンイモリ、ハロウエルアマガエル、アマミハナサキガエル、アマミイシカワガエル、オットンガエル、リュウキュウカジカガエル、ヒメアマガエル、ヘリグロヒメトカゲ、リュウキュウアオヘビ、アカマタ、ハブ



別窓 | 南西諸島 | コメント:0
∧top | under∨

8/9 沖縄・奄美遠征6日目〜沖縄−奄美航路〜

この日はついに奄美へ向かう日。実は奄美行きは1日前の予定だったのですが台風で船が欠航になったため予定がずれてしまいました。結果としてはその延長した日のやんばるで良い思いが出来たので良かったのですが・・・


というわけで本日は沖縄本島本部港から奄美大島名瀬港へと向かう日。10時間以上の船旅です!


航路ということで同行者達が連日の疲れで寝ている中もちろん甲板へ。海域的に期待出来ないことは分かっているのですが台風が来てたこともありどうしても期待してしまう・・・

IMG_3185_convert_20171127140642.jpg

アナドリ

予想していたアナドリは早くも出現。見るのも意外と久しぶりです。


IMG_3171a_convert_20171127140657.jpg

IMG_3149a_convert_20171127140713.jpg

セグロアジサシ

開始早々大物が出現!セグロアジサシが2羽オオナギと一緒に飛んで来ました。やっぱり飛び方はシロトウっぽいですね。


はやくも良い鳥が出てテンションが上がったもののその後は何事も無く最初の寄港地、与論島に到着。


IMG_3301a_convert_20171127140617.jpg

ベニアジサシ

与論島では港のすぐ近くにコロニーがあるらしくアジサシが沢山!本島では遥か遠くでしか見られなかったベニアジサシもばっちり見られました。


IMG_3243a_convert_20171127140629.jpg

もちろんエリグロアジサシも


IMG_3403a_convert_20171127140548.jpg

IMG_3368a_convert_20171127140604.jpg

採餌中の個体が時々停泊中の船の近くまでやってくるので意外と近くまでやって来ました。


IMG_3423a_convert_20171127140535.jpg

アナドリ

アナドリは予想よりも数は多く出現。こっちの海域でも意外と居るんですね。

他には一度ヒレアシシギ類が飛んだ以外は何も無く終了。次の寄港地沖永良部島へ。

IMG_3433_convert_20171127140519.jpg

遥か彼方の海岸にセイタカシギを発見笑


IMG_3552a_convert_20171127140420.jpg

カツオドリ

沖永良部島を出港した後にようやくカツオドリが出現。南の航路ではこれが居ないと始まらないのでとりあえず一安心。


IMG_3507a_convert_20171127140447.jpg

IMG_3471_convert_20171127140459.jpg

計3羽ほどがしばらく飛び回り採餌などを見せてくれました。カツオドリが出てる間は楽しくて良いですね笑


他にはオオナギとアナドリのみで徳之島に寄港。次の寄港地は目的の奄美大島なのですがここらで疲れて来たので船室で休むことに。入れ違いで甲板に出て行った同行者曰くこの後もアナドリしか出なかったそうです。


夜、ようやく名瀬港に着いたら夕飯を食べて宿へ。明日からはいよいよ未踏の地奄美大島編です!


〜記録〜
オオミズナギドリ、アナドリ、カツオドリ、セイタカシギ、ヒレアシシギ類、セグロアジサシ、ベニアジサシ、エリグロアジサシ、イソヒヨドリ 9種

いろんな島を船から見て行ってみたい場所がまた増えてしまった日でした。徳之島はいずれ行きたいなぁ・・・


別窓 | 航路 | コメント:0
∧top | under∨

8/8 沖縄・奄美遠征5日目〜本島北部〜

前回の続きで朝の部。もう夜通し生き物探しで眠くて仕方がないのですがそのままクイナ探しへ。

IMG_2692a_convert_20171127135500.jpg

ヤンバルクイナ

道路を走っていると結構出てくる。でも一瞬で走り抜けてしまうのでこんな感じでゆっくり横断する個体は少なかったです。


IMG_2596_convert_20171127135618.jpg

IMG_2609a_convert_20171127135556.jpg

車を止めてふと横を見るとなんと偶然真横にヤンバルクイナが!こちらに警戒することも無く、ゆっくりと歩いていく姿を堪能できました。


IMG_2657a_convert_20171127135518.jpg

オキナワシリケンイモリ

たくさん居ると聞いていたのですがようやく発見。乾いた道路を歩いていたけど意外と平気なんだな・・・


ここでようやく宿に帰って睡眠。完全に昼夜逆転したな・・・



起きてもしばらくゆっくりしていたらすでに夕方。やんばる最後の夜探し備えて沖縄そばを食べたらいざ出発!


まずはいつものフクロウチャレンジ。今夜こそはと探していると・・・

IMG_2873a_convert_20171127135436.jpg

ホルストガエル

道路脇に佇むどっしりとしたカエルが!やっと見られたホルストガエル。この存在感にあっという間に惹かれました。


P8082595_convert_20171127135149.jpg

どアップ

防御姿勢をとらせてしまった・・・


IMG_2921a_convert_20171127135414.jpg

リュウキュウオオコノハズク

しょっぱなから気分よくスタートできたと思ったらついに発見!まさかこんなに苦戦するとは思わなかったな・・・
左目の瞳孔がおかしいですね。なにがあったんだろう・・・


オオコノハはすんなり見られたので両爬狙いで昨日と同じ山道へ

P8082679a_convert_20171127135057.jpg

ハイ

しばらく進んだところで同行者が見つけたのはなんとハイ!正直今回見られると思っていなかった本種。これは嬉しい・・・


P8082649a_convert_20171127135115.jpg

コブラ科の毒蛇ですが大人しくで口も小さいので咬傷例は無いとか。確かに噛もうとするそぶりも見せなかったな・・・


P8082636a_convert_20171127135133.jpg

代わりにこの尾の刺で刺して来ますが毒も無ければ痛くもない。不思議なヘビです。


IMG_3001a_convert_20171127135349.jpg

実はこの1匹の撮影に1時間近くかけていたのですがその理由はこの動き。全然動きを止めてくれないためかなり難しいのです。結局満足いく写真は撮れなかったしまたいつか見つけよう・・・


IMG_3102a_convert_20171127135322.jpg

P8082684a_convert_20171127135039.jpg

ガラスヒバァ

こちらは複数発見。水場付近に多いようでした。


P8092690_convert_20171127135022.jpg

オキナワシリケンイモリ

ある水場ではシリケンが沢山!


P8092707a_convert_20171127135004.jpg

一個体金箔がある個体も居ました。いつかはもっと綺麗な個体も見てみたいですね。


P8092731a_convert_20171127134947.jpg

ホルストガエルも再び発見。このアングルカッコイイ・・・  ナミエガエルも同じ場所に居たのですがそちらはすぐに逃げられてしまいました。


P8092736_convert_20171127134926.jpg

クロイワトカゲモドキ

これももちろん居ます。段々反応が薄れていくのが悲しいところ・・・


IMG_3127a_convert_20171127135225.jpg

IMG_3112a_convert_20171127135255.jpg

今日はかなり満足したのでここで切り上げて宿に戻ることに。その途中でアカマタを発見!

これを見てこの日は終了。明日はついに奄美へ向けて出発します。


〜記録〜
カラスバト、リュウキュウキジバト、ヤンバルクイナ、リュウキュウオオコノハズク、リュウキュウコノハズク、リュウキュウアオバズク、ノグチゲラ、リュウキュウサンショウクイ、リュウキュウハシブトガラス、オキナワシジュウカラ、シロガシラ、リュウキュウヒヨドリ、リュウキュウメジロ、ホントウアカヒゲ、スズメ 15種


両爬
オキナワシリケンイモリ、リュウキュウアカガエル、ハナサキガエル、ホルストガエル、ナミエガエル、リュウキュウカジカガエル、ヒメアマガエル、クロイワトカゲモドキ、ガラスヒバァ、アカマタ、ハイ

リュウキュウヤマガメ見たかった・・・・・



別窓 | 南西諸島 | コメント:0
∧top | under∨

8/7 沖縄・奄美遠征4日目〜本島北部〜

連続の夜探で疲れていたためこの日は早朝探は無し。ゆっくり出発して金武のシギチへ!


IMG_1608a_convert_20171127133759.jpg

ヒバリシギ


IMG_1660_convert_20171127133712.jpg

タカブシギ


IMG_1617_convert_20171127133737.jpg

アオアシシギ


IMG_1703_convert_20171127133654.jpg

アマサギ

居るのは基本先日と同じ種類。


IMG_1720_convert_20171127133634.jpg

ムナグロ

1羽だけ発見。やはりシギチにはまだ少し早かったかな・・・


IMG_1739a_convert_20171127133615.jpg

クサシギ


IMG_1835a_convert_20171127133558.jpg

ハリオシギ?

肩羽の模様や全体的な印象がなんとなくハリオっぽく感じたものの尾羽が見られなかったので保留。そんなことより偶然写ったヒバリシギの初列換羽してますね。ここで越冬する個体なんだろうなぁ。


IMG_1897a_convert_20171127133541.jpg

オキナワチョウトンボ

以前から憧れだったトンボにやっと出会えた。和名は以前のベッコウチョウトンボの方がカッコよかったな・・・


午後は宿で休憩し時間を空けて夕方はやんばるへ。

IMG_1923a_convert_20171127133522.jpg

カラスバト

真上のかなり高い木にとまったのを発見。沖縄でカラスバトは初めて見た・・・


IMG_1949a_convert_20171127133455.jpg

IMG_2029_convert_20171127133426.jpg

ノグチゲラ

ヤンバルクイナを探しているとこちらを発見!もうすでにかなり暗かったため写真はこんなもん。しかし採餌などを長時間じっくり見ることができました!


ここで日没を迎え、そのまま夜の部へ突入。なかなか見つからないオオコノハ探しへ。

IMG_2258a_convert_20171127133333.jpg

IMG_2191a_convert_20171127133407.jpg

ヒメハブ

今回初のヒメハブ。数の多いヘビのはずですが今回の遠征ではこの1度しか見なかった・・・


IMG_2293_convert_20171127133255.jpg

リュウキュウアオバズク

地味にこちらも今回初。数の割に意外と見つからないイメージです。


この後もいろいろ探しまわるもののオオコノハは見つからず。0時をまわったところで一度捜索はやめて車内で仮眠をとることに。


P8072410a_convert_20171127133030.jpg

オキナワヒラタクワガタ

休憩した場所の明かりに来ていました。2時間ほどの仮眠を終えた後はフクロウは諦め両爬狙いに切り替えることに。


P8072432a_convert_20171127132952.jpg

P8072439_convert_20171127132719.jpg

ハロウェルアマガエル

集落内の電話ボックスの明かりに集まっていました。


P8082479a_convert_20171127132654.jpg

ヒメアマガエル

車から降り夜の山道へ。


IMG_2353a_convert_20171127133215.jpg

IMG_2398a_convert_20171127133200.jpg

IMG_2451a_convert_20171127133143.jpg

クロイワトカゲモドキ

こちらは北部型。意外と数は多く、何個体も見られました。


IMG_2476_convert_20171127133058.jpg

ナミエガエル

沢の奥に大きな個体が居たもののこの場所ではどうすることもできず。


IMG_2456_convert_20171127133124.jpg

リュウキュウアカガエル

他の林道ではほとんど見られませんでしたがここでは沢山、でもすぐに逃げるから意外と撮りづらい・・・


P8082491a_convert_20171127132629.jpg

オキナワイシカワガエル

イシカワ幼体も発見。オキナワイシカワはなかなか見つけられず見られたのはこの1個体だけ。でかいのは3月に見てますがまた見たかったな・・・


P8082520a_convert_20171127132611.jpg

ナミエガエル

こちらも幼体。成体のような迫力は無いですが独特な顔付きでとても魅力的なカエルでした!


こんな感じでカエル達を満喫して山道を降りるともう時刻は3時半。夜なのか朝なのかイマイチ分からない時間でどこで区切れば良いか難しいところですが続きは次回の記事で。


〜記録〜
カルガモ、カラスバト、リュウキュウキジバト、アマサギ、アオサギ、チュウサギ、コサギ、クロサギ、バン、ムナグロ、コチドリ、セイタカシギ、ハリオシギ?、アオアシシギ、クサシギ、タカブシギ、ソリハシシギ、イソシギ、ヒバリシギ、リュウキュウコノハズク、リュウキュウアオバズク、カワセミ、ノグチゲラ、リュウキュウハシブトガラス、リュウキュウツバメ、リュウキュウヒヨドリ、リュウキュウメジロ、セッカ、ホントウアカヒゲ、イソヒヨドリ、スズメ、ドバト


両爬・哺乳類
ハロウエルアマガエル、リュウキュウアカガエル、オキナワイシカワガエル、ハナサキガエル、ナミエガエル、オキナワアオガエル、リュウキュウカジカガエル、シロアゴガエル、ヒメアマガエル、クロイワトカゲモドキ、リュウキュウアオヘビ、アカマタ、ヒメハブ、リュウキュウイノシシ、ジャワマングース、オリイオオコウモリ


別窓 | 南西諸島 | コメント:0
∧top | under∨
BACK | BIRD'S FIELDNOTE | NEXT
>