BIRD'S FIELDNOTE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

4/23 八丈航路

昨年に引き続き今年もこの時期の八丈航路へ。狙いはもちろんシロハラトウゾクカモメとアホウドリ!


IMG_7703_convert_20170708231458.jpg

朝三宅島着のアナウンスで目を覚まし甲板に立つこと5分。まだすぐそこに三宅島が見えている状態でいきなりアホウドリ!


IMG_7731a_convert_20170708231420.jpg

カッコいい亜成鳥。幸先のいいスタートに気分良く鳥見開始!


IMG_7799_convert_20170708231359.jpg

またアホウドリ!御蔵島着港から1時間くらいの間で断続的にアホウドリが出現しました。


IMG_7870a.jpg

IMG_7853a.jpg

オーストンウミツバメ

昨年の硫黄島クルーズに続き2度目の出会い。御蔵−八丈間で何度か群れに会うことが出来ました。


IMG_7876a.jpg

IMG_7884a.jpg

シロハラトウゾクカモメ

一番の狙いがついに出現!!距離はかなり遠かったものの長い尾やグレーの腹などはしっかり確認できました。


IMG_7915a_convert_20170708231241.jpg

オオミズナギドリ

ここで八丈島に到着。前日まで1週間ほど港にオニアジサシが居たとのことで期待していたのですが見つけられず。どうやら前日を最後に抜けてしまったようです・・・

八丈滞在50分の間にはアカコッコを観察。写真は撮れなかったもののようやくライファーでした!


IMG_7963_convert_20170708231222.jpg

トウゾクカモメ

八丈出港からしばらくはいつも通り何も居ない海を眺め続け2時間半ほど経ったところでようやくトウゾクを発見。距離は悪くなかったものの後ろ姿しか見られませんでした。


IMG_8041_convert_20170708231200.jpg

クロアシアホウドリ

そこからさらに経過し三宅島を過ぎた辺りで当たりの海域に突入!


IMG_8061a_convert_20170708231113.jpg

距離はあるものの立て続けに何羽ものアホウドリが浮いている姿が見られました。


IMG_8081a_convert_20170708231051.jpg

IMG_8108a_convert_20170708231028.jpg

比較的近かった2羽。美しい成鳥でしたが飛んでいる姿は見られず。完全成鳥の飛翔が見たい!


IMG_8140_convert_20170708231005.jpg

シロエリオオハム

アホウドリで盛り上がっているといつの間にか房総半島が。東京湾に入った後でもこのようにアビ類が飛んだりと油断できません。


IMG_8147_convert_20170708230919.jpg

アオサギ

こいつとカワウが飛びはじめたら終わりかな?ということで船室へ。アホウドリが多く見られた楽しい航路でした!!


〜記録〜
シロエリオオハム、クロアシアホウドリ、アホウドリ、オオミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、オーストンウミツバメ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、アマツバメ、メダイチドリ、アカエリヒレアシシギ、ユリカモメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、トウゾクカモメ、シロハラトウゾクカモメ、カンムリウミスズメ、ミサゴ、ノスリ、サンショウクイ、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、アカコッコ、ツグミ、イソヒヨドリ、スズメ 29種

スポンサーサイト

別窓 | 航路 | コメント:0
∧top | under∨
<<4/30 飛島 | BIRD'S FIELDNOTE | 4/1,2 香港旅行>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| BIRD'S FIELDNOTE |
>