BIRD'S FIELDNOTE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

8/5 沖縄・奄美遠征2日目〜本島北部〜

那覇市内の宿で起床。寝て起きたら前日の気怠さも治ってると思っていたのに全く治っていないどころかむしろ酷くなってる。なぜか少し考えた結果熱中症だろうと。よく考えてみるとテストシーズンの連日の徹夜による寝不足、急に高温多湿の沖縄に来て朝から晩まで遊んでた、水分量は普段と変わらず、寝ている間にクーラーが止まり室温が高かった、、、と思い当たる節しかありませんでした。初めてなったけどこれは気をつけねば・・・


ということでこの日も鳥見はしてますがあまり元気が無かったので写真はあまりありません。まあ半分移動日だしね。


IMG_1064_convert_20171127041628.jpg

タカブシギとヒバリシギ

今日からは国頭村にある宿に泊まるので北部に向けて移動。途中金武の田んぼでシギチとリュウキュウヨシゴイを探すも全然見つからず。渡りのシギチはこの他にアオアシシギが居たのみでした・・・


IMG_1076_convert_20171127041610.jpg

タテハモドキ

田んぼの畦に降りてたやつ。


IMG_1092_convert_20171127041554.jpg

ベニアジサシ

場所を移動してアジサシのコロニーへ。ただかなり遠いし暑くて具合悪い氏で5分で退散。出発が遅かったこともありもう宿へ向かうことに。



夜になるとだいぶ元気になって来たので夜探開始。夜のやんばるへ!


IMG_1138_convert_20171127041532.jpg

リュウキュウコノハズク

幼鳥が出てる時期なこともあり、数も多く観察もし易い!逃げない個体が多くしっかり見ることができました。


P8052355a_convert_20171127041411.jpg

リュウキュウカジカガエル

側溝に沢山居ます。


IMG_1267a_convert_20171127041440.jpg

ガラスヒバァ

カエルの多い場所にはヘビも居る!ということで初見のガラスヒバァも。逃げ足がはやくじっくりは見られませんでしたが幸先のいいスタートです。


IMG_1235_convert_20171127041455.jpg

スタートは良かったもののヘビは一匹だけ。リュウキュウコノハをたくさん見てこの日は終了することに。明日からは本気で探さねば・・・


〜記録〜
カルガモ、リュウキュウキジバト、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、コチドリ、アオアシシギ、タカブシギ、イソシギ、ヒバリシギ、バン、コチドリ、アオアシシギ、タカブシギ、イソシギ、ヒバリシギ、ベニアジサシ、エリグロアジサシ、リュウキュウコノハズク、カワセミ、リュウキュウハシブトガラス、ツバメ、リュウキュウツバメ、シロガシラ、リュウキュウヒヨドリ、リュウキュウメジロ、イソヒヨドリ、スズメ、ドバト 31+1種

両爬
リュウキュウカジカガエル、オキナワハナサキガエル、ガラスヒバァ


スポンサーサイト
別窓 | 南西諸島 | コメント:0
∧top | under∨

8/4 沖縄・奄美遠征1日目〜本島南部〜

夏休み前半は沖縄、奄美遠征に行って来ました。例によって今回も9日間の長旅。南西諸島行くならやっぱり1週間は欲しいと思うようになってしまった・・・


3日夜、その日の昼までテストがあったため皆寝不足の状態で羽田集合。深夜の飛行機に乗り込み朝6時に那覇空港着。レンタカー屋が開くまで空港で仮眠をとって車を借りたらすぐに活動開始!


IMG_0078_convert_20171127040553.jpg

ヒバリシギ

まずは定番の三角池へ。しかし鳥は全然おらず渡りのシギチはヒバリシギ1羽のみ・・・


IMG_0129_convert_20171127040529.jpg

キョウジョシギ

米須海岸へ移動するもこちらもシギチは少なくキアシシギやタカブシギが少数居たくらい。


IMG_0197_convert_20171127040508.jpg

コアジサシ

沖縄ということもあって若干エリグロと紛らわしい・・・笑


IMG_0466a_convert_20171127040428.jpg

エリグロアジサシ

次のポイントへの移動中、エリグロアジサシのコロニーを発見。数は20羽ほどと少なめですがかなり近距離で観察できました。


IMG_0551a_convert_20171127040412.jpg

抱卵中の個体


IMG_0407a_convert_20171127040450.jpg

こちらでは2羽の雛が!!


IMG_0591_convert_20171127040356.jpg

クロマダラソテツシジミ

虫屋の間ではクマソって呼ばれてるらしいですね。クロツって呼んでた・・・


しばらくアジサシを見たり少し休憩を取ったりしていると夕方に。ということでこの日の本命の捜索開始!

IMG_0609_convert_20171127040340.jpg

ツバメチドリ

狙いではないもののこちらも期待していた種。冬羽は初めて撮影できました!


IMG_0729a_convert_20171127040235.jpg

IMG_0703a_convert_20171127040258.jpg

ミフウズラ

本命はこれ!3月は飛び去る姿を一度見ただけでしたが今回は10個体以上見ることができました。やはりサシバが居ると出て来ないというのは本当のようで。


IMG_0756a_convert_20171127040213.jpg

目の前に出てくることもあったものの動きが素早く畑の畦に隠れてしまうため撮影はなかなか難しい・・・


IMG_0670a_convert_20171127040322.jpg

こちらも探すと結構居るようで10羽ほどが一ヶ所に居たところも。


IMG_0809a_convert_20171127040127.jpg

最後に幼鳥も発見!この幼羽がめちゃめちゃ美しい・・・


ここでこの日の鳥見を終了し、南部の宿へ。夕飯を食べた後は再びフィールドへ!

IMG_0868a_convert_20171127040057.jpg

IMG_0878a_convert_20171127035957.jpg

シロアゴガエル

沖縄初日の夜探は外来種のシロアゴガエルからスタート。外来種とはいえ初めて見たので結構嬉しかったり。


IMG_0889_convert_20171127035926.jpg

ヌマガエル

沖縄に居るなんて知らず移入種で入ってるのか!と驚きその後在来種だったと知りさらに驚くという。本土との共通種も存在したんですね・・・  そもそも関東のヌマガエルが国内外来種なので初めて本来の生息域で見たことに。


IMG_0966a_convert_20171127035756.jpg

クロイワトカゲモドキ

今回あえて南部に1泊することにした理由はこれを見るため!クロイワトカゲモドキは沖縄本島北部個体群と南部個体群が知られており、今後分化する可能性もあるとか。これを見ないわけにはいかない!


IMG_0918_convert_20171127035909.jpg

今回トカゲモドキという生き物を初めて見ましたがこれは魅力的ですね。他の亜種も見てみたくなって来た・・・


IMG_1008a_convert_20171127035713.jpg

気の隙間に隠れてた個体。全部で3個体見ることができました!


IMG_1024a_convert_20171127035641.jpg

最後にヤシガニを見て終了。この辺りでどっと疲れが出て体が重くなって来たので宿に帰って即就寝。ここで寝れば治るだろうと思ったのが間違いだった・・・


〜記録〜
カルガモ、リュウキュウキジバト、アオサギ、ダイサギ、コサギ、クロサギ、バン、コチドリ、シロチドリ、アオアシシギ、タカブシギ、キアシシギ、ヒバリシギ、ミフウズラ、ツバメチドリ、エリグロアジサシ、コアジサシ、ミサゴ、カワセミ、リュウキュウハシブトガラス、ツバメ、リュウキュウツバメ、シロガシラ、リュウキュウヒヨドリ、リュウキュウメジロ、イソヒヨドリ、スズメ、ドバト 27+1種

両爬・哺乳類
ヌマガエル、シロアゴガエル、ヒメアマガエル、クロイワトカゲモドキ、ホオグロヤモリ、オリイオオコウモリ



別窓 | 南西諸島 | コメント:0
∧top | under∨

7/2 道東

はやくも遠征最終日。今日は朝からエゾライチョウ狙いで林道へ。

IMG_9407_convert_20171109031002.jpg

ミヤマカケス


IMG_9381a_convert_20171109031029.jpg

コマドリ

コマドリは近くで見られたものの他は振るわず。まあまたヒグマと遭遇しなかっただけ良かったかな・・・


IMG_9474a_convert_20171109030945.jpg

ノゴマ

続いて花咲灯台へ。ノゴマはここが一番見やすかったのでまたやって来ました。


IMG_9556_convert_20171109030823.jpg

オオジュリンも間近に


IMG_9551_convert_20171109030852.jpg

オオセグロカモメ


IMG_9530a_convert_20171109030926.jpg

ケイマフリ

陸からでもこんなに見られるとは。名前の由来にもなった赤い脚もばっちり見られました!


IMG_9541_convert_20171109030909.jpg

シノリガモ

これも夏でも見られるんですね


さて、今日のメインは初日に乗れなかった落石クルーズ!霧はあるが無事運航できるとのことで安心です。


IMG_9714_convert_20171109030756.jpg

ウトウ


IMG_9909a_convert_20171109030531.jpg

ケイマフリ

この2種は続々出現。かなりの個体数が居るようでした。


IMG_9764a_convert_20171109030741.jpg

フルマカモメ

霧の中いきなり目の前に出現。航路では何度も見ていますが小型船からは初めて見ました。


IMG_9817_convert_20171109030723.jpg

シロエリオオハム


IMG_9854_convert_20171109030618.jpg

ケイマフリはこんな数が!!


IMG_9825a_convert_20171109030703.jpg

エトピリカ

このクルーズの目玉、エトピリカもようやく出現。この鳥が見たかった!


IMG_9836_convert_20171109030643.jpg

あまり近くで見ることはできませんでしたが良い鳥でした!


IMG_9885_convert_20171109030600.jpg

オジロワシ

夏でも居残る個体が近年増えているそう。青森でも繁殖が確認されたそうですし分布を広げているんでしょうか。


IMG_9930_convert_20171109030507.jpg

ウミウ

この崖でかなりの数が繁殖していました。ヒメウも数羽確認。ここでチシマウガラスが繁殖してたこともあるとか・・・


IMG_9956a_convert_20171109030440.jpg

オオセグロカモメ

落石漁港では堤防でオオセグロが子育てをしていました。雛が可愛過ぎた・・・


こんな感じでクルーズは終了。釧路空港に向けて移動せねば・・・


IMG_10016_convert_20171109030358.jpg

IMG_10003a_convert_20171109030417.jpg

道中でキタキツネの親子に遭遇。とても可愛いのですが車を見ると寄ってくる姿も見るととても複雑な気持ちに・・・


IMG_10018_convert_20171109030258.jpg

シロハラゴジュウカラ

最後の望みをかけて入った林道でもエゾライチョウはダメ。なかなか難しい・・・


ここで鳥見も終わり釧路空港へ。今回は鳥は成果にあまり恵まれなかったもののほ乳類が色々見られ楽しい遠征となりました。結局姿を見ることが出来なかったエゾライチョウやマキノセンニュウはまた探しに来なければ・・・


〜記録〜
スズガモ、シノリガモ、キジバト、シロエリオオハム、フルマカモメ、ヒメウ、ウミウ、アオサギ、タンチョウ、カッコウ、ツツドリ、アマツバメ、オオジシギ、オオセグロカモメ、ケイマフリ、ウトウ、エトピリカ、トビ、オジロワシ、エゾコゲラ、エゾアカゲラ、ハヤブサ、ミヤマカケス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ショウドウツバメ、ヒヨドリ、(ヤブサメ)、エゾムシクイ、メジロ、(マキノセンニュウ)、シマセンニュウ、(エゾセンニュウ)、コヨシキリ、シロハラゴジュウカラ、(キタキバシリ)、ムクドリ、(クロツグミ)、アカハラ、コマドリ、ノゴマ、ルリビタキ、ノビタキ、スズメ、(ビンズイ)、ベニマシコ、アオジ、ドバト 49+1種



別窓 | 北海道 | コメント:0
∧top | under∨

7/1 道東

朝はとりあえず前日も行った原生花園からスタート。

IMG_8306_convert_20171109024301.jpg

ショウドウツバメ


IMG_8325_convert_20171109024230.jpg

オオジシギ

相変わらず飛びまくってます


IMG_8307_convert_20171109024246.jpg

ノビタキ

前日載せたのと同個体。全く同じ枝に止まっていました。


IMG_8344_convert_20171109024208.jpg

シマセンニュウ

ここでの狙いはマキノセンニュウだったのですが声すら聞けず。こんなに難しいとは・・・


IMG_8408_convert_20171109024118.jpg

タンチョウ

途中の湿地ではタンチョウのペアが。夏に見るタンチョウも美しいですね。ここではマガモの親子も見られました。


IMG_8438_convert_20171109024037.jpg

アマツバメ

次に来たのは花咲灯台。ここではアマツバメの大群が!


IMG_8517_convert_20171109024021.jpg

IMG_8525_convert_20171109024007.jpg

ノゴマ

ここではノゴマを至近距離で観察!過去に飛島、与那国島で見ていますが繁殖地でさえずっている姿はまるで別の鳥ですね〜


朝の部を終えたら一度宿に戻り再び出発。知床半島に向けて北上します!


IMG_8608_convert_20171109023947.jpg

オナガガモ

途中の池ではスズガモの群れが。なかにはキンクロハジロ、ホシハジロ、そしてこのオナガガモが混ざっていました。オナガは国内で繁殖していないはずなのでただの居残りなんでしょうね。


IMG_8683_convert_20171109023931.jpg

IMG_8705_convert_20171109023915.jpg

オジロワシ

途中寄り道しながらも昼頃に羅臼に到着。ここに来た理由はもちろんクルーズに乗るため!


IMG_8763_convert_20171109023901.jpg

シャチ

羅臼と言えばシャチ!今回これが見たくてわざわざ知床までやって来たのでした。


IMG_8880a_convert_20171109023829.jpg

雄3頭の群れ。雄は大きな群れにはならず1頭又は数頭で行動することが多いとか。雌に比べて近寄りにくいらしくこのように長時間並走させてくれるのは運が良いとか!


IMG_8854_convert_20171109023843.jpg

ウトウ

船の目の前に浮いてた個体。ミンククジラも一度出たがそちらは写真には撮れず。


IMG_9102a_convert_20171109023743.jpg

IMG_9146_convert_20171109023718.jpg

雄の群れの後はすぐに雌と子供の群れにも!こちらは15頭くらいでしょうか。この群れを見てる間にも遠くで別の群れが見えたりとかなりの数のシャチが沿岸海域に居たようです。


IMG_9042a_convert_20171109023806.jpg

こんな行動も。実はスパイホップも2回ほど見られたのですが奥のウトウに気を撮られていて写真は撮れず・・・


IMG_9188_convert_20171109023702.jpg

ハシボソミズナギドリ


IMG_9192_convert_20171109023642.jpg

ウトウ

最後にイシイルカの群れを見てクルーズは終了。今回はシャチがすぐに見つかったためにあまり沖合まで出ず、海鳥はあまり見ることが出来ませんでしたがとても満足の行く成果となりました。


IMG_9224_convert_20171109023608.jpg

カワアイサ

帰り道で偶然カワアイサの群れを発見!


IMG_9219_convert_20171109023623.jpg

しかも前日見たのよりさらに若い親子の姿も!


IMG_9329_convert_20171109023538.jpg

エゾシカ


IMG_9288_convert_20171109023554.jpg

キタキツネ

アオジをくわえていました。この個体、脚を怪我しており、上手く狩りはできなそうな状態。おそらく道路沿いを歩いてロードキルを拾って生きているんだろうなと。


夜は根室に戻って夜探。宿の人にエゾモモンガが入っている巣箱を教えてもらったので出てくるのを待つことに。


IMG_9335_convert_20171109023522.jpg

ヤマシギの声を聞きながらしばらく森の中で待っていると顔を出した!森の中にはおびただしい数のヌカカが飛び回っており体中を刺されまくってしまい非常に辛かったのですが我慢して待ってみてよかった・・・

このあとは2月にシマフクロウを見た場所に行ってみましたが見つからず。まあ相簡単にいくような鳥ではありませんよね・・・


〜記録〜
マガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カワアイサ、カイツブリ、キジバト、ハシボソミズナギドリ、ウミウ、アオサギ、タンチョウ、アマツバメ、ヤマシギ、オオジシギ、オオセグロカモメ、ウトウ、トビ、オジロワシ、エゾアカゲラ、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ショウドウツバメ、ヒヨドリ、メジロ、シマセンニュウ、(エゾセンニュウ)、コヨシキリ、ムクドリ、コムクドリ、アカハラ、ノゴマ、ノビタキ、スズメ、カワラヒワ、アオジ、ドバト 38+1種


別窓 | 北海道 | コメント:0
∧top | under∨

6/30 道東

前日に夜行バスに乗り込み朝には半年振りの根室に。バスを降りた瞬間オオジシギの声が聞こえてきてテンション上がります!ただ予想以上に寒い・・・

そこで前日に根室入りしていた先輩と合流しエゾライチョウが狙えるという林道へ。

IMG_7950_convert_20171002223211.jpg

ヤマシギ

まずは草陰に隠れるヤマシギを発見!この状況で車内からヤマシギを見つけた同行者はおかしいと思いました。


IMG_7950_2_convert_20171002223425.jpg

帰って写真整理をしてるときに気づいたのですがこのヤマシギ、なんと親子でした!写真の左下に写っていたのですがこんなの気付けるわけないよね・・・


IMG_7975_convert_20171002223047.jpg

キタキツネ


IMG_7958_convert_20171002223115.jpg

ヒグマ

林道を進んでいると前方に巨大な影が。なんとヒグマの親子でした。しかもあわてた子熊が木に登ってしまい緊張状態に。親の威嚇が怖すぎて人生でもっとも怖かった瞬間でした。なんでその状況でこんな写真撮ってるんだか・・・


IMG_7981_convert_20171002222853.jpg

IMG_7989_convert_20171002222828.jpg

ヒグマの恐怖でエゾライチョウどころではなくなったところで林道を脱出。予約していた落石クルーズに乗るために漁港へ向かいますが荒天により欠航とのこと。しかたなくオオセグロを見てから移動することに。


IMG_8011_convert_20171002222805.jpg

次の目的地は原生花園。着くと早速オオジシギがお出迎え。


IMG_8022_convert_20171002222746.jpg

鳴きながら飛びまくってます。


IMG_8047_convert_20171002222729.jpg

ノビタキ


IMG_8092_convert_20171002222705.jpg

ベニマシコ

居るには居るのですが警戒心が強すぎて全く近寄らせてもらえず。


IMG_8114_convert_20171002222559.jpg

ツツドリ


IMG_8135_convert_20171002222540.jpg

オジロワシ

夏でもたくさん居るもんですね。最近増えたとかなんとか・・・


IMG_8225_convert_20171002222512.jpg

スズガモ


IMG_8235_convert_20171002222449.jpg

カワアイサ

親子ですが雛はかなり大きくなってますね。2家族が見られました。ここにはとんでもない数のヌカカが居てそこらじゅうを刺されるハメに・・・


IMG_8252_convert_20171002222431.jpg

IMG_8257_convert_20171002221523.jpg

最後に間近でエゾシカを見てこの日は終了。狙いは全然見られなかったものの初めての夏の道東という事で楽しめました。そして何よりヒグマの恐さを思い知った1日でした・・・


~記録~
スズガモ、カワアイサ、キジバト、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、タンチョウ、カッコウ、ツツドリ、アマツバメ、ヤマシギ、オオジシギ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、エゾアカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ショウドウツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、シマエナガ、センダイムシクイ、メジロ、シマセンニュウ、(エゾセンニュウ)、コヨシキリ、シロハラゴジュウカラ、アカハラ、(コマドリ)、ルリビタキ、ノビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アオジ、オオジュリン、ドバト 40+1種


別窓 | 北海道 | コメント:0
∧top | under∨
| BIRD'S FIELDNOTE |
>