BIRD'S FIELDNOTE

5/26 硫黄3島クルーズ最終日

硫黄島クルーズ最終日。この日も日の出とともに甲板へ。


IMG_9777_convert_20160622183606.jpg

シロハラミズナギドリ

もうだいぶ北上していたため、オオミズナギドリ主体の光景に変わるのだろうと思っていましたが早朝の間はまだオナガナギシロハラナギ、クロウミツバメといったいままでのメンバーが出現。


IMG_9875_convert_20160622183544.jpg

しかしその光景もすぐに終わりオオナギたちの登場。この鳥が現れるととうとう帰って来てしまったんだなぁと。


IMG_9908_convert_20160622183459.jpg

カツオドリ

この鳥はまだ居ますが、6日間毎日見まくった鳥なのであまり相手にされていなかったのが悲しいところ笑


IMG_9956_convert_20160622183423.jpg

クロトウゾクカモメ

八丈島近海辺りではクロトウやカンムリウミスズメなどが登場。ここからはトウゾクカモメ狙いで探すものの遠くをクロトウが数度出た程度。


IMG_10006_convert_20160622183339.jpg

マンボウ

見たのは2度目でしたが日光浴で体全体が見えているところに遭遇してみたいですね。


IMG_9977a_convert_20160622183403.jpg

オーストンウミツバメ

数は少なくなく時々見られるのですがなかなか写真が難しい鳥でした。


IMG_10041_convert_20160622183203.jpg

クロアシアホウドリ


IMG_10019a_convert_20160622183305.jpg

IMG_10027a_convert_20160622183233.jpg

ミンククジラ

近い!大きい!! 背鰭の形などが識別ポイントのようです。今回の船旅で海獣類を最低4種観察。海鳥ウォッチングはこういうところも楽しみのひとつですね。


IMG_10051a.jpg

シロハラトウゾクカモメ

めっちゃ綺麗なシロトウ生殖羽が!やや距離はありましたが船内は大盛り上がり。しかしこの鳥の余韻に浸っていたらこのすぐ後ろをオオトウゾクカモメが飛んでいたそう。航路探鳥で油断は禁物ですね・・・


IMG_10073_convert_20160622183122.jpg

ハシボソミズナギドリ

東京湾入口付近はボソナギが大量。最後にこの群れを見て硫黄島クルーズは終了しました。船室で少し休むつもりが爆睡して起きたら人が半分くらい下船開始してた・・・


〜記録〜
クロアシアホウドリ、シロハラミズナギドリ、オオミズナギドリ、オナガミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、アカアシミズナギドリ、アナドリ、オーストンウミツバメ、クロウミツバメ、カツオドリ、ウミネコ、(オオトウゾクカモメ)、クロトウゾクカモメ、シロハラトウゾクカモメ、カンムリウミスズメ 14種


〜全体の記録〜
アカオネッタイチョウアカガシラカラスバト、クロアシアホウドリ、シロハラミズナギドリ、オオミズナギドリ、オナガミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、アカアシミズナギドリ、セグロミズナギドリアナドリコシジロウミツバメオーストンウミツバメクロウミツバメアカアシカツオドリ、カツオドリ、カワウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ムナグロ、メリケンキアシシギ、キョウジョシギ、ツバメチドリ、クロアジサシ、ヒメクロアジサシシロアジサシ、ウミネコ、コアジサシ、セグロアジサシ、アジサシ、クロトウゾクカモメ、シロハラトウゾクカモメ、カンムリウミスズメ、トビ、オガサワラノスリオガサワラヒヨドリハシナガウグイスハハジマメグロ、オガサワラメジロ、(トラツグミ)、イソヒヨドリ、オガサワラカワラヒワ 43種

これでようやく硫黄島クルーズ終了です。来年も乗りたいけどたぶん無理なんだろうなぁ・・・   もう2度と南硫黄島を拝むことは出来ないのかもしれませんね。



スポンサーサイト
別窓 | 硫黄島クルーズ | コメント:0
∧top | under∨

5/25 硫黄3島クルーズ5日目

しばらく更新をサボっておりました。だいぶ遅くなってしまいましたが硫黄島クルーズの続きです。


この日は母島を去り、さらに小笠原からも帰る日。母島発の船が10:30なので鳥見時間は9:30まで。といっても前日に見るべきものは全て見られているので気はかなり楽。あかっぽっぽ1点狙いでいきます。


IMG_9174a_convert_20160622000854.jpg

アカガシラカラスバト

前日見た辺りを探すと早速発見!


IMG_9232a_convert_20160622000723.jpg

こちらを気にせず長い時間採餌してくれました。これはもう大満足!!


IMG_9420_convert_20160622000636.jpg

激近メグロ。たくさん居るけど次に見られるのがいつになるかわからないのでしっかり観察。


IMG_9507_convert_20160622000540.jpg

IMG_9491_convert_20160622000605.jpg

キョウジョシギも激近。思いのほか時間が余ってしまったのでその辺をのんびり散歩。


IMG_9516_convert_20160622000509.jpg

海にはアオウミガメが沢山。保護区のようになっている場所なのでこれ以上は近づけませんが。


IMG_9539_convert_20160622000444.jpg

オガサワラヒヨドリ

あまり良い写真が撮れていなかったヒヨドリもここで撮影。


IMG_9595_convert_20160622000412.jpg

オガサワラノスリ

最後に宿の真上で。結局ノスリは微妙な写真しか撮れなかった・・・


IMG_9612_convert_20160622000340.jpg

オナガミズナギドリ

ははじま丸は相変わらずカツオドリ、クロアジ、オナガナギ、アナドリの4種しか出ないが鳥との距離が近いです。


IMG_9635a_convert_20160622000311.jpg

アナドリ


こんなところで12:40に父島着。おがさわら丸の出港が14:00ということで慌ただしく買い出しを済ませ乗船。小笠原恒例の船の見送りがありましたがあれはなかなか良いですね。また来なければ・・・


ということで見送りが終わると鳥見スタート。後もう一踏ん張りです。

IMG_9706_convert_20160622000152.jpg

クロアシアホウドリ

足環が付いていますが番号までは読めず・・・


IMG_9684a_convert_20160622000246.jpg

マダライルカ

イルカの群れに遭遇。奇跡的にもジャンプを真横から撮れました!


IMG_9699a_convert_20160622000220.jpg

こんなふうに斜めに跳ぶのが特徴なんだとか。


IMG_9752a_convert_20160622000123.jpg

シロハラミズナギドリ

夕日に照らされてカッコイイ・・・

この日は特にこれ以上の盛り上がりもなく終了。もうほとんど終わりな気分ですがもう1日だけ続きます。


〜記録〜
アカガシラカラスバト、クロアシアホウドリ、シロハラミズナギドリ、オナガミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、アナドリ、クロウミツバメ、カツオドリ、アオサギ、キョウジョシギ、クロアジサシ、オガサワラノスリ、オガサワラヒヨドリ、ハシナガウグイス、ハハジマメグロ、オガサワラメジロ、(トラツグミ)、イソヒヨドリ 18種


別窓 | 硫黄島クルーズ | コメント:0
∧top | under∨
| BIRD'S FIELDNOTE |
>