BIRD'S FIELDNOTE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

12/24 銚子漁港

この日は青春18切符を使い銚子へカモメ見に。行く途中の電車の中からも鳥を見ていたのですがノスリ、チョウゲンボウ、モズ、ミヤマガラスなど20種以上を確認出来ました。

9時頃ようやく到着し、カモメ類を見ながらポイントに向かいます。途中近くに居たウミネコに「ミラネコ居ないかな〜」と言いながらスコープを覗くと・・・

IMG_5933_convert_20141225120859.jpg

さっそく居た!!!

まだ見始めて2羽目ですよ?こんなにあっさり見られていいのでしょうか笑 ミラー付きウミネコはこの時初見でした。羽根は拾った事あったんですけどね〜


IMG_5944_convert_20141225120830.jpg

伸びの瞬間もばっちり見られたので満足です!


IMG_6421_convert_20141225120003.jpg

とりあえず1つ目の目的地に到着!1つ目のはずだったんですが結局夕方までここに居てしまいました。


IMG_5973_convert_20141225120806.jpg

アラスカシロカモメ成鳥

最初に見つけたのはコイツ!ここでは毎回のように見られてますが他ではなかなか見られないですからね〜 嬉しい出会いです。


IMG_5987_convert_20141225120738.jpg

IMG_5992_convert_20141225120658.jpg

ホイグリンカモメ第一回冬羽

一緒に居た友人がホイグリン!!と叫んでいるのに成鳥を想像していたせいかしばらくどれだか気づけないという有様。もっと勉強せねば・・・
翼上面が一様に褐色で尾羽も根元まで黒いのですがtaimyrensisと良く似ていますね。教えてもらわなきゃ気付いて無かった気がします。


IMG_6011_convert_20141225120632.jpg

カナダカモメ成鳥

またまた友人が発見。初列裏の薄さやもやっとした頭の斑がよくわかると思います。


IMG_6084_convert_20141225120600.jpg

IMG_6091.jpg

これは現地で迷った個体。右翼のP10裏は薄く、足も短いですが背の色はセグロと同程度で頭の斑も中途半端。伸長中の左翼のP10の白斑はつながっている。

という訳で微妙ですがカナダカモメ成鳥で良いかと思います。


IMG_6161_convert_20141225120332.jpg

オオセグロカモメ第一回冬羽


IMG_6116_convert_20141225120403.jpg

ミツユビカモメ成鳥

遠いです。数は少なく、2羽しか見ることが出来ませんでした。


IMG_6189_convert_20141225120303.jpg

IMG_6191_convert_20141225120209.jpg

モンゴルカモメ第一回冬羽

飛翔しか見られてないので肩羽や体型等は見られてないですが内側初列がはっきり白く尾羽の黒帯も細いです。腹部に褐色の羽が見られますがいろんなサイトをみたところこのような個体は多く見つかり、まだ12月ということも考慮するとモンゴルとして大丈夫じゃないかと思います。


IMG_6434_convert_20141225115807.jpg

IMG_6473_convert_20141225115656.jpg

この個体は白さが目立ち、内側初列も白く抜けていたのでモンゴルを疑ったのですが尾羽の黒帯が太いのでセグロカモメと思われます。


IMG_6389_convert_20141225120048.jpg

スズガモ

なぜかこの1個体だけ近い所を泳いでました。


IMG_6232_convert_20141225120125.jpg

アメリカセグロカモメ第2回冬羽

淡色の虹彩、全体的な配色から間違いないでしょう。写真は撮れてませんが尾羽はほぼ真っ黒でした。


IMG_6496_convert_20141225115518.jpg

ミラネコ

本日2回目の登場


IMG_6428_convert_20141225115925.jpg

セグロカモメ 通称「顔欠け」

有名なこの子にも初めて会う事が出来ました。痛々しい見た目ですがもう12年?連続飛来してるそう。たくましいですね〜


IMG_6521_convert_20141225115446.jpg

ヒメウ


IMG_6821_convert_20141225115031.jpg

3度目の登場のミラネコ。この日は計5個体見ることが出来ました。


IMG_7042_convert_20141225114604.jpg

ウミウ


IMG_6963_convert_20141225114636.jpg

オオセグロカモメ成鳥


IMG_6528_convert_20141225115343.jpg

シロカモメ成鳥


IMG_6589_convert_20141225115314.jpg

カモメ成鳥


IMG_6689_convert_20141225115223.jpg

IMG_6690_convert_20141225115153.jpg

かわいい・・・


こんな感じで色々撮りながら珍カモメを探すのですが見つからない・・・ ということでまた元の位置に戻るとカナダが出てるとの事。早速見てみると!

IMG_6853_convert_20141225114959.jpg

寝てる・・・ しかし寝ていても背の低さや頭のもやっと感はよくわかりますね。


IMG_6886_convert_20141225114926.jpg

IMG_6915_convert_20141225114826.jpg

起きた途端に欠伸&伸び。おかげで初列裏もばっちり見られました!


IMG_6930_convert_20141225114739.jpg

ワシカモメ第一回冬羽

最後に近かったワシを見てこの日は終了。充実したカモメ観察でした!!



〜記録〜(行きの電車内を含む)
オカヨシガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、シノリガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、ヒメウ、ウミウ、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、ミツユビカモメ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、アラスカシロカモメ、カナダカモメ、セグロカモメ、アメリカセグロカモメ、モンゴルカモメ、オオセグロカモメ、ホイグリンカモメ、ホイグリン系、トビ、ノスリ、チョウゲンボウ、モズ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ドバト 48+1種


それにしても銚子滞在時間が6時間半で移動時間が8時間半とは。遠い・・・


スポンサーサイト
別窓 | 関東 | コメント:0
∧top | under∨

12/19 宮ヶ瀬湖

この日は山の基本種が見たくて宮ヶ瀬へ。ついでにこの寒波でアトリ類が降りて来てないか期待しつつ・・・

林道に入って最初に現れたのはアカゲラ。雄でしたが入り組んだ場所に居たので写真は撮れず。


IMG_5418_convert_20141219162330.jpg

アカウソ

分かりやすいタイプですね。T6裏側の白線も写ってます。


IMG_5425_convert_20141219162254.jpg

このときは雄6羽の群れが間近で採食してました。


IMG_5433_convert_20141219162218.jpg

ベニマシコ

数も多く「まあ撮れるだろ」なんて思っていたらこんなのしか撮ってなく・・・  
カメラマンが多いと撮る気が失せるんですよね。ここから先の写真も 見つける→観察(撮影)→カメラマン来る→退散 の流れのものが多いです。


IMG_5444_convert_20141219162140.jpg

おそらくウスタビガの繭。冬の林道では良く見かけますね。


IMG_5495_convert_20141219162036.jpg

IMG_5494_convert_20141219162111.jpg

カヤクグリ

2羽が林道脇で採食してました。食事中は警戒心が薄いため、姿勢を低くすればかなり近づけます。


IMG_5514_convert_20141219161955.jpg

近い!!


IMG_5541_convert_20141219161844.jpg

IMG_5540_convert_20141219161920.jpg

人が来て近くの木に移動。「チリリリリ」と何度も鳴いていました。じっくり聞けたのはこれが初めて。


IMG_5546_convert_20141219161657.jpg

ルリビタキ

背中側を見られなかったので雌雄は判断できず。雌タイプということで。


IMG_5557_convert_20141219161621.jpg

ルリビタキ雄第2回冬羽


IMG_5560_convert_20141219161437.jpg

アカウソ


IMG_5584_convert_20141219161254.jpg

ルリビタキ

こちらは雌で良いと思います。この写真、地味に気に入ってたり・・・

小雨覆、小翼羽に青味はありませんが腰の青と脇のオレンジがそれぞれ濃いため雄第一回冬羽のようです。


IMG_5591_convert_20141219161017.jpg

カヤクグリ

やはりこの種はこっちの方が雰囲気出てる気がします。なにせ「茅潜」ですから。本種も多く、計10個体は見たと思います。


IMG_5601_convert_20141219160914.jpg

IMG_5603_convert_20141219160834.jpg

IMG_5604_convert_20141219160751.jpg

IMG_5605_convert_20141219160703.jpg

ルリビタキ♂2w

先程とは別個体。ルリビタキも多く、7個体程見る事が出来ました。


この辺りで終了。まだ昼過ぎくらいでしたが風邪気味だったのとそこそこ満足出来たので帰ります。シーズン中にもう一度来たいですね。

〜記録〜
マガモ、カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、アカゲラ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ミソサザイ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、カヤクグリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、アカウソ、シメ、ホオジロ、アオジ、ドバト、ガビチョウ 34+2種




別窓 | 関東 | コメント:0
∧top | under∨

12/14 珍鳥巡り

この日は先輩バーダーさん達と待ち合わせ、車でポイントをまわる計画。
始発で待ち合わせ場所に向かい、8時に集合。そこでレンタカーを借りて出発!

最初のポイントにはすぐ着いたもののお目当ての鳥の気配は無し。今日のターゲットの中でおそらくこの鳥が一番難しいだろうとのことで、この場所を後回しにして次のポイントへ。なのでノスリやシメが沢山居ましたが写真は無し!あとイタチも出ました。初見〜

そこから2時間ほど車に揺られて次の目的地であるとある水辺へ。
さっそく覗いてみるといきなり居た!!

IMG_4863_convert_20141215124426.jpg

アカハシハジロ

寝ていてもすぐにわかるこの存在感。シルエットが他のカモとまるで違いますね〜

ただ寝ていてもつまらないのでその間にもう1つのターゲットを。こちらはやや難しめなのでスコープで探すと・・・

IMG_4878_convert_20141215124351.jpg

居た!クビワキンクロ!この写真にはアカハシさんも写ってますね。

この2羽、ずっと寝ているのですが風でだんだん流されてます。ですので

IMG_4918_convert_20141215124311.jpg

IMG_4950_convert_20141215124233.jpg

お!さっきより近くなった!だんだん慣れて来てクビキンもすぐ見つけられるようになりました。寝ていても頭の形違うしね。

このままさらに流されて離れて行ってしまったので移動してみると・・・

IMG_4992_convert_20141215124117.jpg

起きてる!しかもめっちゃ近い!!!!


IMG_5045_convert_20141215124041.jpg

IMG_5055_convert_20141215123929.jpg

嘴は意外と真っ赤じゃないんですね。どの個体でもそうなのかな?


IMG_5085_convert_20141215123847.jpg

この近さ、多摩動物園を思い出してしまった・・・


遠ざかった後、余韻に浸りながら双眼鏡を覗くと、、、

IMG_5159_convert_20141215123412.jpg

クビキンが起きてる!!! こういう時って思わず声が出ちゃいますね。このときも全員に聞こえるような声で叫んでしまいました。


IMG_5133_convert_20141215123731.jpg

頭掻き


IMG_5187_convert_20141215123057.jpg

うしろのキンクロと比べてもずいぶん印象が違いますね〜


2種に満足したのでさっきから泳いでるコハクチョウを


IMG_4927_convert_20141215123216.jpg

IMG_5216_convert_20141215123001.jpg

ここはオオハクチョウで有名なのですがなぜかコハクチョウしか見られませんでした。


IMG_5223_convert_20141215122912.jpg

なにか変だと思ったら三列風切に模様のある個体。嘴が灰色なので雄かと思いましたが雌幼鳥のようです。


満足したので移動。途中別の珍カモが入っているという場所に行きましたが見られず。遠くにミコアイサやヨシガモが居たくらい。

さらに移動途中、農耕地でカラス探し。

IMG_5254_convert_20141215122519.jpg

さっそく1つ目の群れを発見!


IMG_5226_convert_20141215122656.jpg

ミヤマガラス

いくら探しても小さいのは見つからず、他の群れを探します。さっそく見つけたのでまた近づこうとすると・・・


IMG_5279_convert_20141215122004.jpg

!!!!!!


IMG_5311_convert_20141215121937.jpg

コクマルガラスです!!


IMG_5328_convert_20141215121903.jpg

IMG_5330_convert_20141215121747.jpg

いや〜近い!初見でここまでしっかり見られるとは! 少なくともシロマル2、クロマル3は居ましたね。


コクマルも堪能できたので朝行ったポイントにもう一度向かいます。それまでに聞いた情報だと朝我々が去ったあとに出たっきり全く現れないそう。「これは自分たちを待ってくれてるんだよ」なんて会話をしつつ到着。すると・・・

IMG_5334_convert_20141215121645.jpg

オオモズ

ホントに出た!!朝出たきり出てなかったのに我々の到着から5分も待たずに登場ですよ!?
かなり遠かったので写真は酷いですがスコープでじっくり見る事が出来ました。カッコ良かった〜


IMG_5398_convert_20141215121559.jpg

IMG_5403_convert_20141215121504.jpg

オオモズが引っ込んだあともしばらく待ってるとこんなのが。ハイイロチュウヒですがもう暗いため僕のカメラでは歯が立ちません・・・  まあこれも見られただけで良しとしましょう!


ここで終了。レンタカーを返した時にはもう真っ暗でした。
いや〜楽しかった!また行きましょう!


〜記録〜
キジ、コハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、アカハシハジロ、ホシハジロ、クビワキンクロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、クサシギ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ハイイロチュウヒ、ノスリ、モズ、オオモズ、カケス@羽根、コクマルガラス、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、ホオジロ、アオジ、ドバト、イタチ  50+1種




Birds of New Guinea (Princeton Field Guides)Birds of New Guinea (Princeton Field Guides)
(2014/10/06)
Thane K. Pratt、Bruce M. Beehler 他

商品詳細を見る


移動中、これを開いて盛り上がってましたがこの図鑑はヤバいです・・・
いつかこんな所に行ってみたいものですね。






別窓 | 関東 | コメント:0
∧top | under∨

12/8 三浦海岸

この日は三浦にカモメ類の観察に行って来ました。まだ数はあまり多くなかったのですが3月以来のカモメ観察ということでとても楽しめました。

いろんな個体を撮りまくっていて時系列順に並べられないのでカモメはまとめて一気にどうぞ!

セグロカモメ

IMG_4287_convert_20141209172132.jpg

第二回冬羽。なぜいきなりこんな羽衣なのかというと、セグロ成鳥の写真をほとんど撮ってない事に後から気づいたからです笑


IMG_4407_convert_20141209171641.jpg

第四回冬羽。嘴がややピンクなのが気になりますが雨覆もほとんど灰色なため4wで良いかと思います。


IMG_4397_convert_20141209171755.jpg

成鳥はこんな写真しか・・・ 初列はでP8が伸長中でP9が脱落、P10が旧羽でしょうか?P1〜7は換羽終了してますね〜


ホイグリン系 ”taimyrensis"

IMG_4525_convert_20141209170956.jpg

成鳥。タイミルセグロカモメと呼ばれてるやつですね。個体差が大きく結構難しいです。


IMG_4328_convert_20141209172040.jpg

IMG_4384_convert_20141209171825.jpg

IMG_4506_convert_20141209171051.jpg

IMG_4423_convert_20141209171522.jpg

すべて成鳥。脚の色や背中の濃さは個体によってかなり違いますね。


IMG_4494_convert_20141209171130.jpg

こちらは第一回冬羽。肩羽のうろこ模様や大雨覆の褐色帯からセグロではないかと。


IMG_4344_convert_20141209171922.jpg

IMG_4381_convert_20141209171856.jpg

上の2枚は同一個体で第二回冬羽。白さが目立ち最初モンゴルかと思ってしまいましたが大雨覆のラインや後頭部に斑が集中してることからホイ系のようです。


オオセグロカモメ

IMG_4480_convert_20141209171157.jpg

成鳥?なにか違和感があるような気もしますが4wとはまた違うような感じなので成鳥だと思います。


IMG_4457_convert_20141209171259.jpg

IMG_4448_convert_20141209171326.jpg

第一回冬羽。別個体ですがどちらも全体的に暗色ですね。


IMG_4467_convert_20141209171227.jpg

第三回冬羽。この個体、顔付きがワシカモメっぽく、背の色も薄いため雑種を疑ったのですが、何名かの詳しい方にも聞いてみた結果、普通のオオセグロカモメと判断しました。一応この個体の観察時の印象を簡単に書いておきます。

・第一印象はオオセグロ
・顔付きは間の抜けた感じでワシっぽい
・虹彩は淡色には見えないがよく見ると完全に暗色な訳ではなく、中間的
・背の色はセグロカモメ程度
・初列風切は黒
・脚の色は鮮やかなピンクでワシのように黒ずんでない

背の色は光条件以外でも換羽状況や個体差によって一般的な成鳥よりだいぶ薄く見える事もあるようなので、オオセグロで良いと思われますがあまりじっくり見る事が出来なかったのでもう一度見たい個体ではありますね。



こんな感じで1つ目のポイントの群れを終え、移動開始。途中漂着なんかを探して行きます。


IMG_4224_convert_20141209172208.jpg

クサフグ


IMG_4411_convert_20141209171600.jpg

スズキ?


IMG_4673_convert_20141209170353.jpg

カタクチイワシ?


IMG_4404_convert_20141209171716.jpg

ネコザメ

もうカモメやカラスに啄まれているのですがまだ少し動いてました・・・


IMG_4434_convert_20141209171358.jpg

アカエイ

魚に関してはド素人なので間違ってたら教えて頂けると嬉しいです。


IMG_4551_convert_20141209170755.jpg

近くに来たイソヒヨドリなどを見ながら次のポイントに着いたのですがなんとほとんどカモメが居ない!結局最初のポイント以外では大型カモメは数羽しか居ませんでした。


IMG_4654_convert_20141209170540.jpg

居ないものは仕方ないのでハジロカイツブリでも。後ろの個体はまだ夏羽の名残がありますね〜


IMG_4668_convert_20141209170505.jpg

IMG_4613_convert_20141209170703.jpg

IMG_4624_convert_20141209170622.jpg

見事魚をゲット!結構大物ですね〜 沖ではユリカモメが群れで小魚を捕っていたので小魚の群れが入っていたのかもしれません。


IMG_4675_convert_20141209170317.jpg

カワセミ

たまにこういう所に居るのを見かけますが波のある海で餌が捕れるのでしょうか?


IMG_4681_convert_20141209170232.jpg

似た者同士。左がウミウで右がカワウです。



〜記録〜
カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、ウミウ、アオサギ、コサギ、ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ホイグリン系、ミサゴ、トビ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、ドバト 24+1種



別窓 | 関東 | コメント:0
∧top | under∨

12/7 鶴見川

初めまして。本日より、以前から考えていたブログを始動させる事になりました。文も写真も知識も未熟者ですがこのブログを通して少しでも生き物の魅力を伝えられたら嬉しいです。

と、いうことで記念すべき第1回目の更新は我がマイフィールド、鶴見川です!

この日は朝からスコープを持っての鳥見とMF(マイフィールド)にしては珍しくフル装備。
IMG_3869_convert_20141208001058.jpg
まずはカワラヒワでも。綺麗な尾羽してますね〜


IMG_3881_convert_20141208000951.jpg
ホシハジロ

実はここでは通過するだけなので珍しく、僕自身は初観察でした。


IMG_3913_convert_20141208000859.jpg
バン

朝だからか珍しく目立つところに


IMG_3926_convert_20141208000810.jpg
カンムリカイツブリ

なんか見覚えのある変なのが浮いてるな〜と思いつつ見てみるとやっぱりコイツ!! 普通種ですがここでは初記録。幸先良くいきなりすでに100種越えのMFでの初記録が2種!この辺りから「あれ?今日調子良くね?」と思い始めるように。


IMG_4183_convert_20141207235155.jpg
ヒドリガモ

頭の緑が綺麗です


IMG_4186_convert_20141207235106.jpg
どちらも成鳥ですかね〜


IMG_4182_convert_20141207234749.jpg

IMG_4188_convert_20141207234933.jpg

IMG_4171_convert_20141207235400.jpg
オナガガモ

近過ぎます・・・


IMG_4180_convert_20141207235256.jpg
嘴に傷のある個体。毎年越冬地に向かう途中に立ち寄ってくれるようですが今年はどうでしょう?ここで越冬してくれるとうれしいのですが。


IMG_3972_convert_20141208000614.jpg

IMG_3978_convert_20141208000525.jpg

IMG_4055_convert_20141207235745.jpg

オカヨシガモ


ここでビッグサプライズが!!なんと対岸のアシにヨシゴイ幼鳥がいるではありませんか!この場所にヨシゴイが居ること自体珍しいのですが今は12月。渡りそびれてしまったのでしょうか?このまま越冬するのかこれから南へ行くのかは分かりませんが無事に冬を越してほしいですね。この時スコープに入れて見てたら飛んでアシの奥へ。証拠を抑えられなっかたのが残念です・・・


まだこの日の幸運は終わりません。オオバンの群れの中にはなんと・・・

IMG_3980_convert_20141208000239.jpg

IMG_3987_convert_20141208000009.jpg
ホオジロガモです!!

これには驚きました。まさかこんな立て続けに珍しい鳥に会えるとは思っていませんでした。雄幼鳥ですかね〜


IMG_4016_convert_20141207235923.jpg
ノスリ


IMG_4022_convert_20141207235822.jpg
カラスに追われてます。


ここからはアシ原ゾーン。シメやベニマシコなどを確認出来ましたが撮れたのはこれだけ。IMG_4203_convert_20141207234102.jpg
ホオジロ雌

かわいいですね〜


その後元来た道を引き返すとIMG_4064_convert_20141207235611.jpg
朝は寝てた寒ブリが採食中でした。


IMG_4092_convert_20141207235659.jpg
ジョウビタキ

雄1wですかね?近くで見ないといまいち自信が持てません。


IMG_4211_convert_20141207234459.jpg
ヨシガモ

最後に現れた!ヨシガモはここ数年毎年数羽が越冬するのですが今年はまだ。この個体が通過なのかは分かりませんがとりあえず今シーズン初認です!



〜記録〜
オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロホオジロガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、ヨシゴイ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、イソシギ、トビ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、ホオジロ、アオジ、ドバト 46+1種

赤字は今期初認、青字は鶴見川初記録。

と、こんな感じでこれから更新していこうと考えていますので、これからよろしくお願いします!




別窓 | 関東 | コメント:0
∧top | under∨
| BIRD'S FIELDNOTE |
>