BIRD'S FIELDNOTE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

6/29 八戸−苫小牧航路

前日に夜行バスで八戸に向かい、8:45発の苫小牧行きのフェリーへ!

9:00頃から甲板に出て観察開始。クロアシアホウが遠くにちらほら出るものの遠い。そうこうしてるうちに霧が出始めて視界ゼロの濃霧に!

これはどうなることかと思いましたが15分ほどで霧は晴れました。ほとんど霧の時もあると聞いていたのでヒヤヒヤしました。

IMG_7369_convert_20170929224749.jpg

ハイイロミズナギドリ

この航路ではボソナギは見られずほとんどハイイロでした。実際は少しくらいは混ざってたんだろうけど・・・


IMG_7330_convert_20170929224835.jpg

イシイルカ

結構近くで見られました。水面に体が出る面積が少ない種類なので撮影が結構難しい・・・


IMG_7538_convert_20170929224500.jpg

クロアシアホウドリ


IMG_7425a_convert_20170929224712.jpg

コアホウドリ


IMG_7345a_convert_20170929224815.jpg

カンムリウミスズメ

今回見たかった鳥のひとつ。非生殖羽をしっかり見てみたかった!!


IMG_7430_convert_20170929224653.jpg

アカエリヒレアシシギ

超ベタ凪だからこんな小さな鳥でも見つかります


IMG_7445_convert_20170929224637.jpg

ハイイロヒレアシシギ

こんな超遠いヒレアシも見つかりました。ハイヒレはこの1羽のみ確認。


IMG_7403_convert_20170929224735.jpg

イシイルカ

また出現。何度か見ていますが初めて体側面の白が見えた!全然体を水面から出さないのに大きな水しぶきをあげて泳ぐので知らないと何が居るのか全然分からないやつですね


IMG_7475_convert_20170929224622.jpg

フルマカモメ

いきなり真下に出られても反応が間に合わない・・・


IMG_7504_convert_20170929224548.jpg

ハイイロミズナギドリ

また真下・・・ 面白い換羽してますね


IMG_7486a_convert_20170929224606.jpg

コアホウドリ


IMG_7527a_convert_20170929224517.jpg

クロアシアホウドリ

クロアシはこんな感じでいつでも視界のどこかに入るような状態。もう普通種もいいとこですね。


IMG_7595_convert_20170929224427.jpg

アカエリヒレアシシギ


IMG_7664_convert_20170929224246.jpg

アホウドリ

アホウドリも出現!かなり若い個体ですね。


IMG_7606_convert_20170929224410.jpg

サメ

ヨシキリザメかな?今回このサメが沢山見られました。遠くから見ると背鰭と尾鰭が出ていてまるでウミスズメが2羽浮いてるように見えて紛らわしい・・・


IMG_7698a_convert_20170929224219.jpg

IMG_7705_convert_20170929224115.jpg

アホウドリ

今度はかなり近くに!!先程の個体より少し成長していて2、3年くらいでしょうか?


IMG_7640a_convert_20170929224303.jpg

カンムリウミスズメ


IMG_7581a_convert_20170929224446.jpg

アホウドリ

今度は綺麗な成鳥!ずっと浮いていて翼は見られませんでしたがこれは嬉しい!!


IMG_7769_convert_20170929223914.jpg

コアホウドリ


IMG_7733a_convert_20170929224049.jpg

オオトウゾクカモメ

この航路最大の目的がついに出現!ちょっと距離はありますが2年振り2回目の出会いでした。


IMG_7739a_convert_20170929224028.jpg

これ、すぐ隣にカンウミの群れがいてしかも右は次の個体がめっちゃ警戒してる。広い海でたまたま近くに降りたとも考えづらいし襲うこともあるんでしょうか?


IMG_7747a_convert_20170929224008.jpg

今回はそんなことは無く普通に飛んでいきました。大きな白いパッチがカッコいい!


IMG_7756a_convert_20170929223947.jpg

カンムリウミスズメ

出るとは思ってたけどまさかこんなに何度も見られるとは・・・ 感激です。


IMG_7774_convert_20170929223900.jpg

キタオットセイ


IMG_7780_convert_20170929223843.jpg

クロアシアホウドリ


IMG_7796_convert_20170929223827.jpg

イシイルカ

この航路では結局何度も繰り返し現れてくれました。


IMG_7812_convert_20170929223809.jpg

カマイルカ

北上するにつれてカマイルカも出てくるように。今回の航路はイルカだけでもかなり楽しませてもらえました。


IMG_7836_convert_20170929223748.jpg

IMG_7850_convert_20170929223734.jpg

トウゾクカモメ

見ているといきなりウミネコを追いかけはじめました。トウゾクカモメの盗賊行為はいつみても見応えありますね!


IMG_7890_convert_20170929223716.jpg

ウトウ


IMG_7909_convert_20170929223701.jpg

カマイルカ

間近に泳ぐカマイルカを見て苫小牧に到着。狙っていたものはウミツバメ類以外全て出現してくれて大満足の航路でした!


IMG_7920_convert_20170929223638.jpg

ノビタキ

ちょっと時間があったのでフェリーターミナル前の草むらで鳥見。ノビタキやホオアカが普通に居てさすが北海道だなぁと。


いつもならこのまま乗って来た船に乗ってとんぼ返りをするのですが今回は違う!まずはバスで札幌まで行って時間を潰しそこから夜行バスへ。(一応)明日からが本番です(この日が本番のような気も・・・)


〜記録〜
コアホウドリ、クロアシアホウドリ、アホウドリ、フルマカモメ、オオミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ、ウミウ、アカエリヒレアシシギ、ハイイロヒレアシシギ、ウミネコ、オオセグロカモメ、オオトウゾクカモメ、トウゾクカモメ、カンムリウミスズメ、ウトウ、ヒバリ、ウグイス、ノビタキ、カワラヒワ、ホオアカ 20種


スポンサーサイト
別窓 | 航路 | コメント:0
∧top | under∨

4/23 八丈航路

昨年に引き続き今年もこの時期の八丈航路へ。狙いはもちろんシロハラトウゾクカモメとアホウドリ!


IMG_7703_convert_20170708231458.jpg

朝三宅島着のアナウンスで目を覚まし甲板に立つこと5分。まだすぐそこに三宅島が見えている状態でいきなりアホウドリ!


IMG_7731a_convert_20170708231420.jpg

カッコいい亜成鳥。幸先のいいスタートに気分良く鳥見開始!


IMG_7799_convert_20170708231359.jpg

またアホウドリ!御蔵島着港から1時間くらいの間で断続的にアホウドリが出現しました。


IMG_7870a.jpg

IMG_7853a.jpg

オーストンウミツバメ

昨年の硫黄島クルーズに続き2度目の出会い。御蔵−八丈間で何度か群れに会うことが出来ました。


IMG_7876a.jpg

IMG_7884a.jpg

シロハラトウゾクカモメ

一番の狙いがついに出現!!距離はかなり遠かったものの長い尾やグレーの腹などはしっかり確認できました。


IMG_7915a_convert_20170708231241.jpg

オオミズナギドリ

ここで八丈島に到着。前日まで1週間ほど港にオニアジサシが居たとのことで期待していたのですが見つけられず。どうやら前日を最後に抜けてしまったようです・・・

八丈滞在50分の間にはアカコッコを観察。写真は撮れなかったもののようやくライファーでした!


IMG_7963_convert_20170708231222.jpg

トウゾクカモメ

八丈出港からしばらくはいつも通り何も居ない海を眺め続け2時間半ほど経ったところでようやくトウゾクを発見。距離は悪くなかったものの後ろ姿しか見られませんでした。


IMG_8041_convert_20170708231200.jpg

クロアシアホウドリ

そこからさらに経過し三宅島を過ぎた辺りで当たりの海域に突入!


IMG_8061a_convert_20170708231113.jpg

距離はあるものの立て続けに何羽ものアホウドリが浮いている姿が見られました。


IMG_8081a_convert_20170708231051.jpg

IMG_8108a_convert_20170708231028.jpg

比較的近かった2羽。美しい成鳥でしたが飛んでいる姿は見られず。完全成鳥の飛翔が見たい!


IMG_8140_convert_20170708231005.jpg

シロエリオオハム

アホウドリで盛り上がっているといつの間にか房総半島が。東京湾に入った後でもこのようにアビ類が飛んだりと油断できません。


IMG_8147_convert_20170708230919.jpg

アオサギ

こいつとカワウが飛びはじめたら終わりかな?ということで船室へ。アホウドリが多く見られた楽しい航路でした!!


〜記録〜
シロエリオオハム、クロアシアホウドリ、アホウドリ、オオミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、オーストンウミツバメ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、アマツバメ、メダイチドリ、アカエリヒレアシシギ、ユリカモメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、トウゾクカモメ、シロハラトウゾクカモメ、カンムリウミスズメ、ミサゴ、ノスリ、サンショウクイ、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、アカコッコ、ツグミ、イソヒヨドリ、スズメ 29種


別窓 | 航路 | コメント:0
∧top | under∨

11/13 苫小牧−八戸航路

年が明けてだいぶ経ちますが今年初投稿です。内容はまだ11月。相変わらず不定期で遅れまくりのブログですが今年もよろしくお願いします。


というわけで八戸苫小牧航路復路編!苫小牧の町でカササギを横目に見つつFTへ。結構ギリギリになりつつもなんとか乗船。


IMG_1407a_convert_20161230133831.jpg

アビ

出港直後に飛んできた個体。恥ずかしながら指摘されるまでずっとオオハムだと思っていました。もっと経験を積まなければ・・・


IMG_1505a_convert_20161230133748.jpg

ワシカモメ

シロカモメも出現し、カモメ基本8種はすべて見られました。


IMG_1443a_convert_20161230133814.jpg

コオリガモ

これもひそかに狙っていた種!苫小牧沖を明るいうちに見られる八戸航路だからこその出会いでした!


IMG_1519a_convert_20161230133721.jpg

ウミスズメ

北の海域ではかなりの数が見られました。


IMG_1553_convert_20161230133657.jpg

ウトウ

こちらも多い。これは幼鳥かな?


IMG_1627a_convert_20161230133541.jpg

IMG_1600a_convert_20161230133606.jpg

フルマカモメ

往路に比べて多くの個体を見ることができました。淡色型も見つかりましたが写真は撮れず・・・


IMG_1582a_convert_20161230133632.jpg

コアホウドリ

こちらも往路より多く見られました。


IMG_1993a_convert_20161230133349.jpg

キタオットセイ

結構見られるものなんですね。やはり海獣は何度見てもテンション上がります。


IMG_2027a_convert_20161230133310.jpg

トウゾクカモメ

淡色型、中間型、暗色型が並んでくれました。


IMG_1649a_convert_20161230133514.jpg

コアホウドリ

水面ダッシュ


IMG_1746a_convert_20161230133441.jpg

この純白の翼下面は!!!!


IMG_1755a_convert_20161230133421.jpg

ミナミオナガミズナギドリ

出ましたミナミオナガ!憧れのミズナギドリについに会うことが出来ました。世界一美しいミズナギドリと呼ばれる本種。世界一かは分かりませんがとにかく美しいです。上面のM字もしっかり目に焼き付けることが出来大満足でした。


IMG_2148a_convert_20161230133249.jpg

アホウドリ

近かったのにこの時に限って大雨が・・・


IMG_2213a_convert_20161230133214.jpg

トウゾクカモメ

でも雨の中の海鳥も様になりますね。


IMG_2314a_convert_20161230133124.jpg

アホウドリ

雨が止んだところでもう一個体出現。往復で4羽も見られるとは!


IMG_2300a_convert_20161230133150.jpg

アトリ

船の周囲を小鳥の群れが飛んでいたので撮影してみるとアトリ。マヒワも混ざっており混群で渡っていたようです。


IMG_2351a_convert_20161230133045.jpg

ミツユビカモメ

復路も1wを中心にアカアシを探すものの撃沈。なかなか手強い鳥でした・・・


IMG_2361a_convert_20161230133012.jpg

シロエリオオハム

これは間違いない・・・はず・・・


IMG_2429a_convert_20161230132936.jpg

トウゾクカモメ

〆はトウゾクで。良い船旅でした。


〜記録〜
ビロードキンクロ、クロガモ、コオリガモ、アビ、オオハム、シロエリオオハム、コアホウドリ、アホウドリ、フルマカモメ、オオミズナギドリ、ミナミオナガミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ、アカアシミズナギドリ、(ハイイロウミツバメ)、ウミウ、ハイイロヒレアシシギ、ミツユビカモメ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トウゾクカモメ、ハシブトウミガラス、ウミスズメ、ウトウ、アトリ、マヒワ 30種


八戸からは夜行バスで新宿へ。そしてそのまま大学。毎回の事だけどこれが一番キツい。肉体的にも精神的にも・・・


別窓 | 航路 | コメント:0
∧top | under∨

11/12 八戸−苫小牧航路

昨年に引き続き11月の北海道航路へ。今回は八戸−苫小牧航路!夜行バスで八戸に向かい、八戸駅でお世話になる方と合流。八戸港まで送っていただきました。


IMG_0372a_convert_20161215230204.jpg

クロガモ

最初はウミネコなどカモメ類がほとんどで時々トウゾクカモメ。


IMG_0532_convert_20161215230129.jpg

ミツユビカモメも多いですね。これが増えると沖に出たと感じますね。


IMG_0562_convert_20161215230110.jpg

トウゾクカモメ


IMG_0381a_convert_20161215230144.jpg

アホウドリ

初のアホウドリ類はアホウドリ!遠い・・・


IMG_0912_convert_20161215225936.jpg

ハイイロミズナギドリ


IMG_0666_convert_20161215230048.jpg

ミツユビカモメ


IMG_0706a_convert_20161215230025.jpg

IMG_0749a.jpg

ハジロミズナギドリ

もう時期が遅いと思っていたのでこれは予想外でした!9月の大苫で外していただけにこれは嬉しい・・・


IMG_1048a_convert_20161215225851.jpg

アホウドリ

2個体目が出現!こちらは先程より若いですね。2〜3年目くらいでしょうか?


IMG_0945a_convert_20161215225912.jpg

トウゾクカモメ


IMG_1233a_convert_20161215225730.jpg

カマイルカ

海獣は他にイシイルカも見られました。写真は撮れず・・・


IMG_1246_convert_20161215225627.jpg

ウトウ


IMG_1131a_convert_20161215225754.jpg

トウゾクカモメ

甲板が低い位置にある分近いですね。トウゾクカモメは船と並走してくれる事も多いので楽しいですね。


IMG_1384_convert_20161215225526.jpg

ウトウ

苫小牧沖は超ベタ凪。お陰でウミスズメ類はかなり見つけやすくなりました。


IMG_1376a_convert_20161215225601.jpg

ハイイロヒレアシシギ

何度か見られましたがこんな時期まで居るものなんですね。


〜記録〜
(コクガン)、ヒドリガモ、スズガモ、シノリガモ、クロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、アカエリカイツブリ、アビ、シロエリオオハム、コアホウドリ、アホウドリ、フルマカモメ、ハジロミズナギドリ、オオミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ、アカアシミズナギドリ、(ハイイロウミツバメ)、ウミウ、ハイイロヒレアシシギ、ミツユビカモメ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トウゾクカモメ、ウミスズメ、ウトウ 29種


目的のミナミオナガとアカアシミツユビは見られず。復路に期待!


別窓 | 航路 | コメント:0
∧top | under∨

9/20 苫小牧−大洗航路

北海道遠征最終日です。台風の影響で出港を早めるとのことで良い海域を暗いうちに通り過ぎてしまう・・・  少しでも可能性を高めるために早朝から甲板へ出ます。


IMG_6583_convert_20161020225803.jpg

ウミネコ


IMG_6548_convert_20161020225828.jpg

ダイサギ、チュウサギ

沖の方から飛んで来ました。方向的には道東辺りから飛んで来たとか?


IMG_6613a_convert_20161020225734.jpg

オオミズナギドリ

往路よりは数は多いです。しかし他のミズナギは・・・


IMG_6623_convert_20161020225656.jpg

アジサシ

アジサシの群れが何度か出現。ひそかにコシジロアジサシを期待していたのですがそう上手くはいきませんね。


IMG_6638a.jpg

シロハラトウゾクカモメ

遠い・・・ 非生殖羽は初めて見ました。


IMG_6626a.jpg

シロハラトウゾクカモメ?

推定シロトウ。若い個体には暗色型が存在するようですが果たして・・・ 体型や翼はシロトウっぽく見えます。


IMG_6702a.jpg

トウゾクカモメ

こちらはただトウ。やはり体型ががっしりしてますね。


IMG_6665_convert_20161020225545.jpg

オオナギ大群

漁船の後ろに付いてました。他のミズナギやアホウドリ類は混ざっておらず・・・


IMG_6707a.jpg

メボソムシクイ上種

しばらく船と並走していました。こういう鳥の渡りが見られるのも航路の面白いところですね。


IMG_6710a.jpg

コシジロウミツバメ

最後に1羽だけ出てくれました。腰の白は下面まで食い込んでいなかったのでクロコシではないでしょう。


こんな感じで復路は終わり。相変わらず鳥は少なく、退屈な時間が長かったですが居ないなりに楽しめたと思います。しかし海鳥成分はまた近いうちに補給せねば・・・


〜記録〜
オオミズナギドリ、コシジロウミツバメ、ダイサギ、チュウサギ、オオバン、アカエリヒレアシシギ、ウミネコ、オオセグロカモメ、アジサシ、トウゾクカモメ、シロハラトウゾクカモメ、メボソムシクイ上種 12種


別窓 | 航路 | コメント:0
∧top | under∨

9/17 大洗−苫小牧航路

お久しぶりの更新です。前回の硫黄島クルーズからも色々鳥見に行ってはいるのですが面倒くさいのでキリがないので省略させていただきます。年末のまとめ記事で写真は出すかな?


ということで夏休みの最後に1人でふらっと北海道へ行って来ました。もちろん移動手段は航路で。狙いは秋の珍ミズナギドリ!


IMG_6566_convert_20161009132705.jpg

オオミズナギドリ

最初に出てくるのはやはりこいつ。オオナギを見るととりあえずテンション上がりますね。


IMG_4800_convert_20161009133235.jpg

アオサギ

なんか飛んでた・・・ サギ類は結構沖を飛んでることも多い気がします。


IMG_4802_convert_20161009133201.jpg

さんふらわあ ふらのとすれ違い。やはり夕方便は鳥見スペースが少ないですね。


IMG_4831_convert_20161009133020.jpg

アカエリヒレアシシギ

70くらいの群れも何度か見られました。ハイイロは確認出来ず・・・


IMG_4845_convert_20161009132926.jpg

無賃乗船してたやつ。アオカメムシ系だと思いますが種は分からず。


IMG_4944_convert_20161009132738.jpg

ウミネコ


IMG_4879_convert_20161009132857.jpg

アカエリヒレアシシギ


IMG_4907_convert_20161009132828.jpg

さんふらわあ しれとこともすれ違い。やはりこのタイプの方が鳥は見やすそうですね。


IMG_4838_convert_20161009132948.jpg

アカエリヒレアシシギ

基本的に幼鳥ですがよく見ると成鳥を混ざっているようでした。



この辺りですでに日が暮れかけていて鳥見終了。まさかの海鳥がオオナギとアカエリだけという結果に。しかも午後になってからはアカエリすら数回しか出なかったという・・・・・


〜記録〜
オオミズナギドリ、アオサギ、アカエリヒレアシシギ、ウミネコ、オオセグロカモメ 5種


これは酷過ぎる・・・  結果に落ち込みながらこの日は苫小牧のネカフェに宿泊。翌日の天気予報は雨と不安が募ります。
別窓 | 航路 | コメント:0
∧top | under∨

4/23 八丈航路

4月にシロハラトウゾクカモメ狙いで憧れの八丈航路とんぼ返りをして来ました!22日の夜に船に乗り込みそのまま就寝。三宅島に寄港する5時から鳥見開始!!




ヒメウ

三宅島出港と同時に現れたヒメウ




オオミズナギドリ

往路の三宅〜御蔵間はオオナギだらけ。おそらく御蔵島を塒にしている個体でしょう。


御蔵島までは1時間ほど。その間はひたすらオオナギオオナギ。御蔵での停泊時間も海を見ていると…



ミナミハンドウイルカ

イルカの群れを発見!復路でも大きなクジラの背びれを見ましたがよく分からず。マッコウクジラのように思たが……




ハシボソミズナギドリ

ここから八丈まではとにかく鳥が居なかった!オオナギ以外ではこのボソナギ1羽とシロハラトウゾク?1羽のみ。シロトウはたぶんそうだと思いますが数秒しか見られなかった……


八丈島ではイソヒヨを見ながら時間を潰し、すぐにまた船へ。復路も最初は寂しかったのですがしばらくすると…



クロアシアホウドリ




クロトウゾクカモメ

ぱらぱらと鳥が出てくるように。クロトウ夏羽はカッコイイ!!




他にも遠くでダイブするカツオドリなども見られ楽しくなってきました。




コシジロアジサシ

なんと予想外のコシジロアジサシ!!同行者さんと一緒に甲板で騒いでしまいましたがこれは嬉しい。城ヶ島でいつか見つけたいと思っていた種にこんな場所で出会えるとは…




思わぬ出現にテンションが上がりますがここから三宅島まではまたあまり鳥が出ず。時々飛ぶクロアシアホウドリくらいでオオナギも少なめ。次に当たったのは三宅を出てしばらくした辺り




アホウドリ

なんか大きなゴミ浮いてるな〜と思ったらなんとアホウドリ!かなり近い場所で浮いており、その後舟と並走してくれるという大サービス。






1個体目。翼の白斑も出ていて比較的換羽の進んだ個体。




2個体目。腹は白いですがまだ全体的に暗色ですね。そしてこの個体……





なんと足環を読むことができました!山階鳥類研究所に問い合わせたところこの個体は2012/4/24にヒナの時に標識されたそう。ということは4年目の個体ということですね。






コアホウドリ

この海域はアホウドリラッシュ。3種計10個体以上見られました。




アホウドリ

成鳥は2羽見られましたがどちらもやや距離が。それでもかなりの存在感がありました。






クロアシアホウドリ




オオミズナギドリ

アホウドリラッシュも大島沖までてそこからはまた静かな海に。




セグロカモメ

東京湾に入るとおなじみの顔ぶれに




ウミスズメ

もう引き上げようかというときにウミスズメやトウゾクカモメが出るものだからなかなか引き上げられず、結局5時過ぎまで見ていました。一日中甲板に立ってるのは足がつらい………


〜記録〜
アビ類、コアホウドリ、クロアシアホウドリ、アホウドリ、オオミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、カツオドリ、ヒメウ、ウミウ、アオサギ、アマツバメ、ウミネコ、セグロカモメ、アジサシ類、コシジロアジサシ、トウゾクカモメ、クロトウゾクカモメ、シロハラトウゾクカモメ?、ウミスズメ、ツバメ、イワツバメ、イソヒヨドリ 20種


やはり航路は楽しい!また近々乗ります。
別窓 | 航路 | コメント:0
∧top | under∨

11/15 苫小牧−大洗航路

前回の続き。天気は雨ですが7時頃から鳥見スタート!


IMG_7350_convert_20151125193517.jpg

フルマカモメ


IMG_7294_convert_20151125193625.jpg

クロアシアホウドリ


IMG_7243_convert_20151125193910.jpg

トウゾクカモメ

出る鳥は基本往路と同じ。しかし雨のせいか写真は撮りづらいです。


IMG_7441_convert_20151125192757.jpg

オオミズナギドリ

オオナギは往路より多く見られました。


こんな感じで見ていると浮いている1羽のウミスズメ類を発見。双眼鏡で見ると黒い体とオレンジの嘴が見えたのでウトウかと思い数枚撮影。しかし違和感を感じたのでその場で画像を確認してみると・・・

IMG_7258_convert_20151125193729.jpg

!?!?


IMG_7258+2_convert_20151125193754.jpg

拡大してみるとなんとツノメドリ!こんなのが居るとは・・・ 双眼鏡で見て分からなかったのが悔しすぎます。嘴が太いことから成鳥冬羽だと教えていただきました。ちなみにこのときほぼ同時に腰の白いウミツバメも飛んでいたそう。そっちも見てみたかった・・・


IMG_7564_convert_20151125192517.jpg

トウゾクカモメ

何度見てもカッコイイです。クロトウも1羽出たのですが反応が遅れてしまったために写真は撮れず。


IMG_7384_convert_20151125193336.jpg

アカアシミズナギドリ

こちらは往路では出てないですね。2羽見ました。


IMG_7412_convert_20151125193237.jpg

ミツユビは飛んでますが往路より少ないです。足の赤いのは見られず。


IMG_7519_convert_20151125192624.jpg

白フルマは1羽だけ


IMG_7663_convert_20151125192314.jpg

トウゾクカモメ


IMG_7688_convert_20151125192202.jpg

フルマカモメ

分かりにくいですがカモメ類の死骸を食べてます


IMG_7744_convert_20151125191858.jpg

オオミズナギドリとカマイルカ

水族館でない、野生の海獣を見ると興奮しますね!


IMG_7435_convert_20151125192923.jpg

オオミズナギドリ成鳥

換羽中でぼろぼろ


IMG_7719_convert_20151125192018.jpg

アビとオオハム

右の個体がオオハムですね。帰って画像見るまでアビ3羽だと思ってた・・・


IMG_7647_convert_20151125192433.jpg

コアホウドリ


IMG_7850_convert_20151125191645.jpg

IMG_7930_convert_20151125191421.jpg

トウゾクカモメ

南下していくにつれ鳥は減っていき寂しい感じですがときどきトウゾクが並走して楽しませてくれます。


IMG_7968_convert_20151125191159.jpg

日没間際のトウゾク。夕日に照らされてカッコイイ!!


IMG_7982_convert_20151125191114.jpg

こんな感じになってもしばらく眺めてました。午後はまた晴れたのでいい眺めでしたね〜


さすがに暗くなったので船室に戻り到着まで睡眠。下船後は電車で神奈川まで戻りましたが濃霧で電車が遅れていて終電に間に合うかヒヤヒヤしました・・・


〜記録〜
アビ、オオハム、コアホウドリ、クロアシアホウドリ、フルマカモメ、オオミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ、アカアシミズナギドリ、(コシジロウミツバメ)、ミツユビカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トウゾクカモメ、クロトウゾクカモメ、ウトウ、ツノメドリ、(ハヤブサ) 18種

今回の航路で知識不足を痛感。城ヶ島シーズンに向けてもっと海鳥の勉強せねば!!!


別窓 | 航路 | コメント:0
∧top | under∨

11/14 大洗−苫小牧航路

金土日を使って知り合い3人と大洗苫小牧とんぼ返りをして来ました。

13日18:30大洗発の夕方便に乗り15日0:30苫小牧発の深夜便で帰ってくるプラン。夕方便は初めて乗りましたが出港してから翌日の日の出まで長い長い・・・  発売したばかりの北海道の海鳥③を読んだりして時間を潰していました。

翌日、朝食のカップ麺を食べていざ甲板へ!


IMG_6488_convert_20151124224050.jpg

コアホウドリ


IMG_6368_convert_20151124224320.jpg

フルマカモメ

いきなり初見の2種!今回の航路では数多く見られ、常に出ている時間帯もあったほど。


IMG_6409_convert_20151124224231.jpg

ミツユビカモメ

コアホウドリ、フルマカモメと並びこの3種がこの時期の優先種。外洋を飛び交うミツユビカモメの群れを見たのも初めてだったのでとても新鮮でした。


IMG_6418_convert_20151124224148.jpg

ミツユビカモメ1w

なぜか1wに限って背面のピントが合わなかった・・・


IMG_5929_convert_20151124224857.jpg

トウゾクカモメ

カッコイイ!!これも上の3種についで良く出た種。往路で50羽ほどだったと思います。


IMG_6076_convert_20151124224804.jpg

クロアシアホウドリ

こちらは10羽ほどと少なめ。下尾筒が黒いのは若い個体だと思っていましたが白い=成鳥というだけで黒いままの成鳥も居るらしいですね。


IMG_6264_convert_20151124224544.jpg

フルマカモメ

飛んでるとなかなかかっこいいですね。近くで見るとかわいい顔してるしファンになりました。


IMG_6180_convert_20151124224712.jpg

フルマカモメ淡色型!こんなのも見られるとは!美しい!!


IMG_6547_convert_20151124223833.jpg

トウゾクカモメ

翼下面が真っ黒なので淡色型成鳥冬羽かな?


IMG_6924_convert_20151124223041.jpg

コアホウドリ


IMG_7005_convert_20151124222748.jpg

フルマカモメ

やっぱりこの2種


IMG_6328_convert_20151124224453.jpg

また出た!・・・実はこの航路で15羽ほど出ています。もっと珍しいものだと思っていましたが時期や海域によっては淡色の方が多い事もあるそうです。今回は400以上出た中の15羽なので比率的にはそこまで多くないですかね。


IMG_6347_convert_20151124224412.jpg

偶然写ってたカット


北海道沖に入るとフルマカモメとミツユビカモメの数が増え、常に視界に鳥が入っているような状況に。

IMG_6651 2

ハイイロウミツバメ

そんななか見られたハイウミ。数はそこそこ多かったのですが小さく波間に隠れてしまうので撮影は難しかったです。


IMG_6532_convert_20151124223927.jpg

フルマの大きな群れにぶつかった!!白フルマも1羽混ざってます。


IMG_6714_convert_20151124223506.jpg

こちらは別の群れ。だいたい1群れに1羽淡色型が入っていました。


IMG_6983_convert_20151124222936.jpg

クロアシアホウドリ

これは下尾筒も白いし成鳥でしょう!


IMG_6987_convert_20151124222843.jpg

コアホウとクロアシのツーショット


IMG_6771_convert_20151124223406.jpg

コアホウとトウゾク

このトウゾクは・・・?


IMG_6780_convert_20151124223310.jpg

IMG_6786_convert_20151124223139.jpg

トウゾクカモメ暗色型成鳥!!

黒い!美しい!カッコイイ!!これ、そこまで珍しくはないんでしょうが憧れだったんです。比較的近い距離で見られ感激!


IMG_7063_convert_20151124222646.jpg

ハイイロミズナギドリ

そうこうしてるともう苫小牧沖に。ここに来て急にハイナギが多く見られるように。奥にウトウも写ってますね。


IMG_7120_convert_20151124222441.jpg

ハシブトウミガラス

苫小牧入港直前で現れた!めちゃめちゃ近くに居たのですが急な事で慌ててしまいこんな写真に・・・


IMG_7129_convert_20151124222339.jpg

堤防にはウミウ、ウミネコ、オオセグロが。ワシ、シロは見ませんでした。


苫小牧FTに着くと北海道在住の2人のお出迎えが。2月の北海道遠征でお世話になったお2人と一緒に数時間苫小牧で鳥見をすることに。


IMG_7167_convert_20151124222159.jpg

ウトナイ湖〜勇払マリーナの辺りを巡りオジロワシ、オオハクチョウ、マガン、クロガモ、コオリガモなどを観察。コオリガモはかなり距離がありましたが初見でした!!

その後はみんなで回転寿司に行ってからお別れ。短い時間なのにわざわざありがとうございました!!

〜記録〜
マガン、オオハクチョウ、マガモ、スズガモ、クロガモ、コオリガモ、ホオジロガモ、カンムリカイツブリ、ミミカイツブリ、ハジロカイツブリ、オオハム、シロエリオオハム、コアホウドリ、クロアシアホウドリ、(アホウドリ)、フルマカモメ、オオミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ、ハイイロウミツバメ、ウミウ、オオバン、ハイイロヒレアシシギ、ミツユビカモメ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トウゾクカモメ、ハシブトウミガラス、ウミスズメ、ウトウ、トビ、オジロワシ、ハシブトガラス、(レンジャク類) 36種


スズメ目の記憶がほとんどない・・・ 何か見たっけ?



別窓 | 航路 | コメント:0
∧top | under∨
| BIRD'S FIELDNOTE |
>