BIRD'S FIELDNOTE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

7/2 道東

はやくも遠征最終日。今日は朝からエゾライチョウ狙いで林道へ。

IMG_9407_convert_20171109031002.jpg

ミヤマカケス


IMG_9381a_convert_20171109031029.jpg

コマドリ

コマドリは近くで見られたものの他は振るわず。まあまたヒグマと遭遇しなかっただけ良かったかな・・・


IMG_9474a_convert_20171109030945.jpg

ノゴマ

続いて花咲灯台へ。ノゴマはここが一番見やすかったのでまたやって来ました。


IMG_9556_convert_20171109030823.jpg

オオジュリンも間近に


IMG_9551_convert_20171109030852.jpg

オオセグロカモメ


IMG_9530a_convert_20171109030926.jpg

ケイマフリ

陸からでもこんなに見られるとは。名前の由来にもなった赤い脚もばっちり見られました!


IMG_9541_convert_20171109030909.jpg

シノリガモ

これも夏でも見られるんですね


さて、今日のメインは初日に乗れなかった落石クルーズ!霧はあるが無事運航できるとのことで安心です。


IMG_9714_convert_20171109030756.jpg

ウトウ


IMG_9909a_convert_20171109030531.jpg

ケイマフリ

この2種は続々出現。かなりの個体数が居るようでした。


IMG_9764a_convert_20171109030741.jpg

フルマカモメ

霧の中いきなり目の前に出現。航路では何度も見ていますが小型船からは初めて見ました。


IMG_9817_convert_20171109030723.jpg

シロエリオオハム


IMG_9854_convert_20171109030618.jpg

ケイマフリはこんな数が!!


IMG_9825a_convert_20171109030703.jpg

エトピリカ

このクルーズの目玉、エトピリカもようやく出現。この鳥が見たかった!


IMG_9836_convert_20171109030643.jpg

あまり近くで見ることはできませんでしたが良い鳥でした!


IMG_9885_convert_20171109030600.jpg

オジロワシ

夏でも居残る個体が近年増えているそう。青森でも繁殖が確認されたそうですし分布を広げているんでしょうか。


IMG_9930_convert_20171109030507.jpg

ウミウ

この崖でかなりの数が繁殖していました。ヒメウも数羽確認。ここでチシマウガラスが繁殖してたこともあるとか・・・


IMG_9956a_convert_20171109030440.jpg

オオセグロカモメ

落石漁港では堤防でオオセグロが子育てをしていました。雛が可愛過ぎた・・・


こんな感じでクルーズは終了。釧路空港に向けて移動せねば・・・


IMG_10016_convert_20171109030358.jpg

IMG_10003a_convert_20171109030417.jpg

道中でキタキツネの親子に遭遇。とても可愛いのですが車を見ると寄ってくる姿も見るととても複雑な気持ちに・・・


IMG_10018_convert_20171109030258.jpg

シロハラゴジュウカラ

最後の望みをかけて入った林道でもエゾライチョウはダメ。なかなか難しい・・・


ここで鳥見も終わり釧路空港へ。今回は鳥は成果にあまり恵まれなかったもののほ乳類が色々見られ楽しい遠征となりました。結局姿を見ることが出来なかったエゾライチョウやマキノセンニュウはまた探しに来なければ・・・


〜記録〜
スズガモ、シノリガモ、キジバト、シロエリオオハム、フルマカモメ、ヒメウ、ウミウ、アオサギ、タンチョウ、カッコウ、ツツドリ、アマツバメ、オオジシギ、オオセグロカモメ、ケイマフリ、ウトウ、エトピリカ、トビ、オジロワシ、エゾコゲラ、エゾアカゲラ、ハヤブサ、ミヤマカケス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ショウドウツバメ、ヒヨドリ、(ヤブサメ)、エゾムシクイ、メジロ、(マキノセンニュウ)、シマセンニュウ、(エゾセンニュウ)、コヨシキリ、シロハラゴジュウカラ、(キタキバシリ)、ムクドリ、(クロツグミ)、アカハラ、コマドリ、ノゴマ、ルリビタキ、ノビタキ、スズメ、(ビンズイ)、ベニマシコ、アオジ、ドバト 49+1種



スポンサーサイト
別窓 | 北海道 | コメント:0
∧top | under∨

7/1 道東

朝はとりあえず前日も行った原生花園からスタート。

IMG_8306_convert_20171109024301.jpg

ショウドウツバメ


IMG_8325_convert_20171109024230.jpg

オオジシギ

相変わらず飛びまくってます


IMG_8307_convert_20171109024246.jpg

ノビタキ

前日載せたのと同個体。全く同じ枝に止まっていました。


IMG_8344_convert_20171109024208.jpg

シマセンニュウ

ここでの狙いはマキノセンニュウだったのですが声すら聞けず。こんなに難しいとは・・・


IMG_8408_convert_20171109024118.jpg

タンチョウ

途中の湿地ではタンチョウのペアが。夏に見るタンチョウも美しいですね。ここではマガモの親子も見られました。


IMG_8438_convert_20171109024037.jpg

アマツバメ

次に来たのは花咲灯台。ここではアマツバメの大群が!


IMG_8517_convert_20171109024021.jpg

IMG_8525_convert_20171109024007.jpg

ノゴマ

ここではノゴマを至近距離で観察!過去に飛島、与那国島で見ていますが繁殖地でさえずっている姿はまるで別の鳥ですね〜


朝の部を終えたら一度宿に戻り再び出発。知床半島に向けて北上します!


IMG_8608_convert_20171109023947.jpg

オナガガモ

途中の池ではスズガモの群れが。なかにはキンクロハジロ、ホシハジロ、そしてこのオナガガモが混ざっていました。オナガは国内で繁殖していないはずなのでただの居残りなんでしょうね。


IMG_8683_convert_20171109023931.jpg

IMG_8705_convert_20171109023915.jpg

オジロワシ

途中寄り道しながらも昼頃に羅臼に到着。ここに来た理由はもちろんクルーズに乗るため!


IMG_8763_convert_20171109023901.jpg

シャチ

羅臼と言えばシャチ!今回これが見たくてわざわざ知床までやって来たのでした。


IMG_8880a_convert_20171109023829.jpg

雄3頭の群れ。雄は大きな群れにはならず1頭又は数頭で行動することが多いとか。雌に比べて近寄りにくいらしくこのように長時間並走させてくれるのは運が良いとか!


IMG_8854_convert_20171109023843.jpg

ウトウ

船の目の前に浮いてた個体。ミンククジラも一度出たがそちらは写真には撮れず。


IMG_9102a_convert_20171109023743.jpg

IMG_9146_convert_20171109023718.jpg

雄の群れの後はすぐに雌と子供の群れにも!こちらは15頭くらいでしょうか。この群れを見てる間にも遠くで別の群れが見えたりとかなりの数のシャチが沿岸海域に居たようです。


IMG_9042a_convert_20171109023806.jpg

こんな行動も。実はスパイホップも2回ほど見られたのですが奥のウトウに気を撮られていて写真は撮れず・・・


IMG_9188_convert_20171109023702.jpg

ハシボソミズナギドリ


IMG_9192_convert_20171109023642.jpg

ウトウ

最後にイシイルカの群れを見てクルーズは終了。今回はシャチがすぐに見つかったためにあまり沖合まで出ず、海鳥はあまり見ることが出来ませんでしたがとても満足の行く成果となりました。


IMG_9224_convert_20171109023608.jpg

カワアイサ

帰り道で偶然カワアイサの群れを発見!


IMG_9219_convert_20171109023623.jpg

しかも前日見たのよりさらに若い親子の姿も!


IMG_9329_convert_20171109023538.jpg

エゾシカ


IMG_9288_convert_20171109023554.jpg

キタキツネ

アオジをくわえていました。この個体、脚を怪我しており、上手く狩りはできなそうな状態。おそらく道路沿いを歩いてロードキルを拾って生きているんだろうなと。


夜は根室に戻って夜探。宿の人にエゾモモンガが入っている巣箱を教えてもらったので出てくるのを待つことに。


IMG_9335_convert_20171109023522.jpg

ヤマシギの声を聞きながらしばらく森の中で待っていると顔を出した!森の中にはおびただしい数のヌカカが飛び回っており体中を刺されまくってしまい非常に辛かったのですが我慢して待ってみてよかった・・・

このあとは2月にシマフクロウを見た場所に行ってみましたが見つからず。まあ相簡単にいくような鳥ではありませんよね・・・


〜記録〜
マガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カワアイサ、カイツブリ、キジバト、ハシボソミズナギドリ、ウミウ、アオサギ、タンチョウ、アマツバメ、ヤマシギ、オオジシギ、オオセグロカモメ、ウトウ、トビ、オジロワシ、エゾアカゲラ、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ショウドウツバメ、ヒヨドリ、メジロ、シマセンニュウ、(エゾセンニュウ)、コヨシキリ、ムクドリ、コムクドリ、アカハラ、ノゴマ、ノビタキ、スズメ、カワラヒワ、アオジ、ドバト 38+1種


別窓 | 北海道 | コメント:0
∧top | under∨

6/30 道東

前日に夜行バスに乗り込み朝には半年振りの根室に。バスを降りた瞬間オオジシギの声が聞こえてきてテンション上がります!ただ予想以上に寒い・・・

そこで前日に根室入りしていた先輩と合流しエゾライチョウが狙えるという林道へ。

IMG_7950_convert_20171002223211.jpg

ヤマシギ

まずは草陰に隠れるヤマシギを発見!この状況で車内からヤマシギを見つけた同行者はおかしいと思いました。


IMG_7950_2_convert_20171002223425.jpg

帰って写真整理をしてるときに気づいたのですがこのヤマシギ、なんと親子でした!写真の左下に写っていたのですがこんなの気付けるわけないよね・・・


IMG_7975_convert_20171002223047.jpg

キタキツネ


IMG_7958_convert_20171002223115.jpg

ヒグマ

林道を進んでいると前方に巨大な影が。なんとヒグマの親子でした。しかもあわてた子熊が木に登ってしまい緊張状態に。親の威嚇が怖すぎて人生でもっとも怖かった瞬間でした。なんでその状況でこんな写真撮ってるんだか・・・


IMG_7981_convert_20171002222853.jpg

IMG_7989_convert_20171002222828.jpg

ヒグマの恐怖でエゾライチョウどころではなくなったところで林道を脱出。予約していた落石クルーズに乗るために漁港へ向かいますが荒天により欠航とのこと。しかたなくオオセグロを見てから移動することに。


IMG_8011_convert_20171002222805.jpg

次の目的地は原生花園。着くと早速オオジシギがお出迎え。


IMG_8022_convert_20171002222746.jpg

鳴きながら飛びまくってます。


IMG_8047_convert_20171002222729.jpg

ノビタキ


IMG_8092_convert_20171002222705.jpg

ベニマシコ

居るには居るのですが警戒心が強すぎて全く近寄らせてもらえず。


IMG_8114_convert_20171002222559.jpg

ツツドリ


IMG_8135_convert_20171002222540.jpg

オジロワシ

夏でもたくさん居るもんですね。最近増えたとかなんとか・・・


IMG_8225_convert_20171002222512.jpg

スズガモ


IMG_8235_convert_20171002222449.jpg

カワアイサ

親子ですが雛はかなり大きくなってますね。2家族が見られました。ここにはとんでもない数のヌカカが居てそこらじゅうを刺されるハメに・・・


IMG_8252_convert_20171002222431.jpg

IMG_8257_convert_20171002221523.jpg

最後に間近でエゾシカを見てこの日は終了。狙いは全然見られなかったものの初めての夏の道東という事で楽しめました。そして何よりヒグマの恐さを思い知った1日でした・・・


~記録~
スズガモ、カワアイサ、キジバト、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、タンチョウ、カッコウ、ツツドリ、アマツバメ、ヤマシギ、オオジシギ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、エゾアカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ショウドウツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、シマエナガ、センダイムシクイ、メジロ、シマセンニュウ、(エゾセンニュウ)、コヨシキリ、シロハラゴジュウカラ、アカハラ、(コマドリ)、ルリビタキ、ノビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アオジ、オオジュリン、ドバト 40+1種


別窓 | 北海道 | コメント:0
∧top | under∨

2/20 道東遠征最終日

最終日のこの日は歯舞クルーズに乗船予定。それまでは漁港巡りを。


IMG_3730_convert_20170408185622.jpg

ホオジロガモ

雄第一回生殖羽


IMG_3766_convert_20170408185514.jpg

シロカモメ

スズガモの死骸を食べてました


IMG_4100a_convert_20170408185551.jpg

ハギマシコ

漁港からの移動中にふと目に入った小鳥。慌てて車を止めてもらうと目の前にハギマシコが!


IMG_4189a_convert_20170408185443.jpg

4日間探して見つからなかったハギマシコ。今年は少なかったようですが見られて良かった・・・


IMG_4191_convert_20170408185408.jpg

ワシカモメ

ハギマシコを堪能したら歯舞港へ。ついに憧れの歯舞パノラマクルーズへ!!


IMG_4222_convert_20170408185328.jpg

シノリガモ

IMG_4512_convert_20170408185036.jpg

コオリガモ


IMG_4385a_convert_20170408185132.jpg

ケイマフリ!

夏羽に変わりはじめてますね〜


IMG_4238a_convert_20170408185259.jpg

コウミスズメ

落石のときと違って海はベタ凪。鳥はだいぶ見やすい状況でしたがコウミの撮影はやっぱり難しい・・・


IMG_4269_convert_20170408185231.jpg

シロエリオオハム


IMG_4534_convert_20170408184922.jpg

ウミスズメ

個体数はかなり多かったです


IMG_4596_convert_20170408184848.jpg

ウミガラス

出たのはこの1回だけ。船の横を通過していきました。


IMG_4703a_convert_20170408184755.jpg

ウミバト

これはアリューシャン型と呼ばれるタイプですね。美しい!


IMG_4757_convert_20170408184733.jpg

ケイマフリとのツーショット


IMG_4835a_convert_20170408184628.jpg

こちらは雨覆の先端部のみが白いのでチシマウミバトでしょうか。


IMG_5077a_convert_20170408184457.jpg

別個体

これは・・・?チシマだと思っていましたがそれにしては白が多いような・・・


IMG_4919a_convert_20170408184604.jpg

ケイマフリ


IMG_4961_convert_20170408184526.jpg

オオハム


IMG_5100a_convert_20170408184416.jpg

コウミスズメ

いかにもコウミ!というような姿勢。ちょっとブレてるのが悔しい。


IMG_4774_convert_20170408184652.jpg

これは・・・?

撮っていたときはウミバトだと思っていたはずなのですが遠くてこの1枚しか撮れておらず。初列雨覆や次列風切?の一部も白いので部分白化なのは間違いないでしょうが問題は種名。アイリングがうっすらあるように見えるのでケイマフリではないかと・・・


こんなところで2時間のクルーズが終了。楽し過ぎた!!


IMG_5161_convert_20170408184308.jpg
オジロワシ

この日の予定はクルーズのみなのでこのあとは釧路空港に向けて出発。といっても移動中ももちろん鳥見!


IMG_5172_convert_20170408184242.jpg

コクガン

霧多布でまたコクガンを見に行ったり道中のマヒワの群れからベニヒワを見つけたりして遠征終了。悪天候により飛行機が大幅に遅れてヒヤヒヤしましたが無事に羽田に帰ることが出来ました。


〜記録〜
コクガン、オオハクチョウ、ヒドリガモ、マガモ、スズガモ、シノリガモ、クロガモ、コオリガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、オオハム、シロエリオオハム、ヒメウ、ユリカモメ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、オオセグロカモメ、ウミガラス、ウミバト、ケイマフリ、ウミスズメ、コウミスズメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ノスリ、エゾコゲラ、ミヤマカケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツグミ、スズメ、マヒワ、ベニヒワ、ハギマシコ、ホオジロ、ドバト 38+1種

やっと道東編が終わった・・・  次は一気に南の島編です!



別窓 | 北海道 | コメント:0
∧top | under∨

2/19 道東遠征4日目

この日は霧多布方面へ行くことに。でも朝は根室市民の森で今まで全く見てこなかった小鳥類を観察。


IMG_2684_convert_20170317220100.jpg

ハシブトガラ


IMG_2864_convert_20170317215906.jpg

シロハラゴジュウカラ


IMG_2753_convert_20170317220012.jpg

エゾアカゲラ


IMG_2962_convert_20170317215659.jpg

エゾリス


IMG_2972_convert_20170317215529.jpg

アオジ

冬の道東にも居るんですね。この他ベニマシコも居て驚きでした。


IMG_2941_convert_20170317215831.jpg

シメ


IMG_3128_convert_20170317215248.jpg

IMG_3104_convert_20170317215420.jpg

アカウソ


IMG_3033_convert_20170317215459.jpg

シマエナガ


餌台の前にあるハイドで待っているとこんな感じでどんどん小鳥が!これは楽し過ぎる!


IMG_3253_convert_20170317215152.jpg

ここであまり時間を使うわけにもいかないので移動。途中風蓮湖に寄ってみると遠くにワタリガラスを発見!写真を撮る前に飛んでいってしまいましたがようやく見られた・・・


IMG_3397_convert_20170317214910.jpg

移動中に偶然エゾフクロウを発見!こんな道路脇の木で寝ているとはかなり運が良かったのではないでしょうか!


IMG_3519_convert_20170317214716.jpg

オオワシ

本当にどこにいても絵になる鳥ですね・・・


IMG_3591_convert_20170317214608.jpg

IMG_3641_convert_20170317214442.jpg


霧多布はエゾシカだらけ。まるで放牧しているようですね・・・


IMG_3432_convert_20170317214825.jpg

コクガン

霧多布で見たかった鳥のひとつ!距離はそれなりにあるのですがコクガンの群れが沖に200羽ほども浮いているのは見応えがありました。


IMG_3455_convert_20170317214752.jpg

飛翔

若鳥の割合が高めですね。偶然・・・?

この他霧多布ではケアシノスリやワタリガラスを探していたのですが残念ながら見つからず。なかなか手強いです・・・


IMG_3566_convert_20170317214641.jpg

タンチョウ

藻散布沼にはタンチョウの家族が。鶴居で群れを見るのも良いですがこのような環境の方が感動しますね。


IMG_3683a_convert_20170317214419.jpg

夕方になり引き返していると今度は探餌中のエゾフクロウを発見!1日に2度も見られるなんて!今回の遠征はフクロウ運高めでした。


〜記録〜
コクガン、オオハクチョウ、ヒドリガモ、オナガガモ、スズガモ、シノリガモ、クロガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、ヒメウ、タンチョウ、ハマシギ、ユリカモメ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ノスリ、エゾフクロウ、エゾコゲラ、エゾアカゲラ、ミヤマカケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ワタリガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、シマエナガ、シロハラゴジュウカラ、ツグミ、スズメ、マヒワ、ベニマシコ、アカウソ、シメ、アオジ、ドバト 42+1種

明日はいよいよ最終日。あっという間でしたがまだ最後にクルーズが残ってます!!



別窓 | 北海道 | コメント:0
∧top | under∨

2/18 道東遠征3日目

この日の朝は風蓮湖でワシの観察。ワタリガラスも狙えるとのことでそれも期待します!

IMG_1413a_convert_20170316223401.jpg

オオワシ


IMG_1481_convert_20170316223341.jpg

こちらは少し若いですね。ワシのエイジングは難しい・・・


IMG_1395_convert_20170316223426.jpg

IMG_1512a_convert_20170316223312.jpg

IMG_1607a_convert_20170316223246.jpg

オジロワシ

ワタリガラスは見られず・・・ しかしワシ類を間近で見られて満足です!


このあとはユキホオジロを探すもこちらも空振り。ここからは海岸巡りをすることに。


IMG_1961_convert_20170316223216.jpg

IMG_2060_convert_20170316223117.jpg

IMG_2046_convert_20170316223144.jpg

ラッコ

岬からラッコを発見!2頭でずっとじゃれ合うような行動をしていました。


IMG_2126_convert_20170316223052.jpg

ゼニガタアザラシも。ホオジロガモと比べてもかなり大きいんですね・・・


IMG_2131_convert_20170316223025.jpg

温根元のチシマシギはこの日も空振り・・・ シノリガモとラッコが岩礁で休んでいました。


IMG_2153_convert_20170316222949.jpg

オオワシ


IMG_2248_convert_20170316222924.jpg

クロガモ

漁港ではクロガモの群れが至近距離に


IMG_2254_convert_20170316222855.jpg

以前はこのタイプは雄だと思っていましたが雌でも嘴の黄色い個体は居るようですね。


IMG_2287_convert_20170316222829.jpg

2枚貝を丸呑み。というよりこの個体の嘴変ですね・・・ その場で気付きませんでしたがこれは個体差なのかなんなのか・・・


IMG_2557_convert_20170316222736.jpg

この日も納沙布岬へ。尾羽が1枚白いヒメウが居ました。


IMG_2376a_convert_20170316222803.jpg

チシマウガラスは今日も居ました!たぶん前日のと同じ個体なんでしょうね。居合わせたアメリカ人バーダーがめちゃめちゃ喜んでました笑

この後オジロワシの襲来でウはみんな海上へ。これでこの日の鳥見は終わり!なのですが少しだけ夜の部が。シマフクロウが居るという場所を教えていただいたのでそちらに少し寄ってみることに。鳴き声が聞ければ十分かなと思っていたのですがなんと道の脇に木にとまる巨大なフクロウの姿が!!写真は撮れなかったものの感動でした。道内全域で140羽ほどと言われるシマフクロウ。まさか某有名宿に行かずに見られるとは思ってもいませんでした・・・


〜記録〜
ヨシガモ、ヒドリガモ、スズガモ、シノリガモ、クロガモ、コオリガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、ヒメウ、チシマウガラス、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、シマフクロウ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、スズメ 23種


この日はあまり数は見ていませんが海獣類に恵まれていたり最後にシマフクロウが見られたりとなかなか充実していました。しかしたったの23種とはやはり冬の北海道は種数は多くないですね笑



別窓 | 北海道 | コメント:0
∧top | under∨

2/17 道東遠征2日目

この日は憧れの落石クルーズに乗る日。しかし天気予報は微妙・・・ とりあえず朝の時間は花咲漁港へ行くことに。


IMG_0293_convert_20170313191343.jpg

ワシカモメ


IMG_0686_convert_20170313190450.jpg

シノリガモ


IMG_0352_convert_20170313191058.jpg

IMG_0618_convert_20170313190519.jpg

IMG_0708_convert_20170313151944.jpg

コオリガモ

花咲漁港は海ガモだらけ!コオリガモもかなり近距離で見ることができました!!


1時間くらいカモを堪能した後落石に連絡を入れてみると本日出港とのこと!急いで向かいます!!


IMG_0732_convert_20170313151903.jpg

コオリガモ

落石の漁港内で撮影。見返してみると性齢すべてのパターンが写った豪華な群れになっていました!


IMG_0775_convert_20170313151813.jpg

ケイマフリ

漁港から出ると船は大揺れ。なんとか踏ん張りながら鳥を探すのですが見たかったウミスズメ類がどんどん見つかる!


IMG_1014_convert_20170313151550.jpg

ウミバト

このくらいだとアリューシャンになるのでしょうか?


IMG_0960a_convert_20170313151648.jpg

こちらはいわゆるチシマウミバトで間違いないでしょう


IMG_0855a_convert_20170313151747.jpg

ウミガラス

この冬羽は憧れでした。近距離で長時間観察出来たものの船の揺れが激しいため写真はあまり撮れず。それにしても美しい鳥でした!


IMG_1054a_convert_20170313151455.jpg

IMG_0976a_convert_20170313151626.jpg

コウミスズメ

こちらもかなり楽しみだった種!荒れていたこともありかなりの個体数が見られました。しかし小さ過ぎて写真が撮れない・・・


IMG_1107_convert_20170313151434.jpg

ウミスズメ

普段からおなじみのウミスズメも。夏羽になりかけてますね。


IMG_1134_convert_20170313151344.jpg

ゼニガタアザラシ

海獣はこの他ラッコも見られました。


IMG_1123_convert_20170313151411.jpg

クロガモ


IMG_1032_convert_20170313151528.jpg

ビロードキンクロ

1年目の雄でしょうか。遠目に見るとアメリカビロキンに見えてヒヤっとしました・・・


IMG_0933a_convert_20170313151718.jpg

ケイマフリ

沢山居ますがこれもかなり良い鳥ですね。


この辺りでクルーズの折り返しに。帰りは向かい風となる為観察はできず、落石漁港にそのまま帰着。荒れていたため同行者の一部は酔いでダウンしてしまっていましたが終始興奮しっ放しだったからか自分は全く酔わず。憧れの鳥達を前にして酔ってる暇なんかありませんね笑


IMG_1188_convert_20170313151317.jpg

少し休憩した後は納沙布へ。ここでチシマウガラスを期待しましたが残念ながら見当たらず。ということで納沙布のハイドで再び海鳥観察を。


P2171520_convert_20170314230703.jpg

ウミバト

スコープにコンデジを押し付けて撮影。この他ケイマフリ、ウミガラス、ウミスズメ、シロエリオオハムなども観察出来ました!城ヶ島ファンとしてはここは楽し過ぎる・・・


IMG_1211_convert_20170313151222.jpg

IMG_1205_convert_20170313151247.jpg

ゴマフアザラシ

ハイドからはアザラシも。2枚目の個体はゴマフアザラシの幼獣なのでしょうか?2頭で一緒に行動していたので同種だと思うのですが・・・


配意度での観察に満足し、再びウガラスのチェックを。

IMG_1264a_convert_20170313151149.jpg

居た!チシマウガラス!!これも今回かなり見たかった種。実際に見てみると嘴が白っぽいヒメウとはだいぶ違いますね。チシマウガラスの特徴である上嘴の黒色部もバッチリ確認出来大満足でした!


この後温根元でチシマシギを捜すものの残念ながらこちらは不在。そう全てが上手くはいきませんね。


〜記録〜
ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、スズガモ、シノリガモ、ビロードキンクロ、クロガモ、コオリガモ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カワアイサ、アカエリカイツブリ、(カンムリカイツブリ)、シロエリオオハム、ヒメウ、チシマウガラス、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、オオセグロカモメ、ハシブトウミガラス、ウミガラスウミバト、ケイマフリ、ウミスズメ、コウミスズメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ハヤブサ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ツグミ、スズメ、マヒワ、ドバト 36+1種


別窓 | 北海道 | コメント:0
∧top | under∨

2/16 道東遠征1日目

2/16~20まで、4泊5日で初の道東に行ってきました。初日は朝釧路空港に着き、根室へ直行、午後の歯舞クルーズに乗船!の予定だったのですが氷が多いとのことでこの日のクルーズは欠航・・・ 急遽予定を変更し鶴居のタンチョウを見に行くことに。


IMG_9647_convert_20170308231556.jpg

ということで鶴居へ。タンチョウは以前偶然蕪栗沼で出会って以来6年振りでした。


IMG_9748_convert_20170308231456.jpg

おそらく1暦年目。この個体だけ肩羽の模様がしっかり残っていてとても綺麗でした。


IMG_9839_convert_20170308231340.jpg

これは何年目になるんでしょうか?成鳥との中間的な羽衣ですね。


タンチョウを見ていると背後にマヒワの群れが。見ていると・・・

IMG_9803a_convert_20170308231420.jpg

ベニヒワ発見!この場所では今シーズン初らしくだいぶ運が良かったようです。今年は小鳥類が不作と聞いていたので初日に出会えて良かった・・・


IMG_0079_convert_20170308231844.jpg

ハシブトガラが多く中にはシマエナガも。写真はなかなか難しいですね・・・


タンチョウを見た後は根室に向け移動。途中通りかかった厚岸の漁港を覗いてみることに。

IMG_0099_convert_20170308231816.jpg

オオハクチョウ

海に普通に居るんですね。


IMG_0179_convert_20170308231629.jpg

ホオジロガモ

ホオジロガモ、クロガモ、ウミアイサはどこにでも。途中からこいつらを平気でスルーする自分が怖くなりました・・・笑


IMG_0154_convert_20170308231721.jpg

IMG_0121_convert_20170308231750.jpg

コオリガモ!

港の奥にはコオリガモが2羽。自分は航路でしか見たことが無く同行者は皆初見。こちらでは普通種ですがこの時はかなり興奮してました。


1日目は移動が主なのでこの辺でタイムリミット。明日からが本番です。しかしドライブしていて普通に車窓からオオワシが見えるのは凄いですね・・・


〜記録〜
オオハクチョウ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、スズガモ、シノリガモ、クロガモ、コオリガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、ヒメウ、タンチョウ、ユリカモメ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、シマエナガ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、マヒワ、ベニヒワ、ドバト 32+1種


別窓 | 北海道 | コメント:0
∧top | under∨

9/19 室蘭

東室蘭のネカフェで起床し、始発で室蘭駅へ。測量山頂上の展望台へ向かいます。この日の天気は晴れで北東の風。そして前日は雨とまさにタカの渡り日和!


IMG_5211_convert_20161009215946.jpg

クロツグミ

展望台までの道ではツグミ類の群れに遭遇。


IMG_5214_convert_20161009215848.jpg

IMG_5228_convert_20161009215744.jpg

マミチャジナイ

上が成鳥で下が1wでしょうか。この辺の鳥が普通に居る辺りやはり北海道は羨ましい・・・


IMG_5273_convert_20161009215720.jpg

アマツバメ

そんな中で展望台到着。アマツバメの群れが時々飛ぶ中ようやく初見のハリオアマツバメも見つけることが出来ました。


IMG_5482a_convert_20161009215624.jpg

ツミ


IMG_5610a_convert_20161009215604.jpg

ノスリ


IMG_5728_convert_20161009215429.jpg

ハイタカ


IMG_5663_convert_20161009215455.jpg

ハヤブサ

ここの主役のハチクマは出ないものの飽きない程度に色んなタカが飛び楽しいです。


IMG_5307b_convert_20161009215702.jpg

ノスリ


IMG_5786_convert_20161009215327.jpg

オオタカ

ここは低いところを飛ぶタカが多いようで観察、撮影が楽しい場所でした。


IMG_5733a_convert_20161009215344.jpg

ハイタカ


IMG_5840a_convert_20161009215300.jpg

オオタカ

初列換羽中ですね。なぜ渡りの時期に換羽を止めない個体が居るのか・・・


IMG_5983a_convert_20161009215231.jpg

そしてこの日のサプライズのクマタカ!こんなところで見るとも思っていなかったのにまさかの超至近距離!!


IMG_5988a_convert_20161009215208.jpg

どうも2暦年目の個体のようです。まだ放浪中なんでしょうね。


IMG_6121_convert_20161009215141.jpg

ハチクマ幼鳥

ここでようやくこの日発のハチクマが


IMG_6250_convert_20161009215121.jpg

こちらも幼鳥。1度現れると立て続けに複数登場。この個体は左翼のP8、10に欠損が見られますね。


IMG_6376a_convert_20161009215054.jpg

雄成鳥

綺麗な成鳥も何羽か。


この辺りでだいぶ満足していたので展望台を降り小鳥を探すことに。

IMG_6544_convert_20161009214910.jpg

ヒガラ

海沿いの平地なのにヒガラが居るのも北海道らしいですね。他にエゾビタキ、コサメビタキ、メボソムシクイ上種などが見られましたが写真は撮れず。ここでハシブトガラも見たかったのですがなぜか見つけられず・・・


その後展望台で偶然お会いした知り合いに送ってもらい苫小牧へ。そこで時間を潰し歩いてフェリーターミナルへ。往路が酷かった分復路に期待しながら乗船。台風が近いので出港時間を早めるというのが不安要素ですが・・・


〜記録〜
キジバト、ウミウ、ハリオアマツバメ、アマツバメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、ハチクマ、トビ、ツミ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、クマタカ、エゾアカゲラ、ハヤブサ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、メボソムシクイ上種、メジロ、シロハラゴジュウカラ、ムクドリ、クロツグミ、マミチャジナイ、ノビタキ、エゾビタキ、コサメビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ、ドバト 35+1種


室蘭には完全に気まぐれで行ってみましたが予想以上に面白いところでした。また渡りを見に来たいところですがなかなか難しそうなのが・・・


別窓 | 北海道 | コメント:0
∧top | under∨

9/18 勇払〜ウトナイ湖

苫小牧のネットカフェで起床。少し雨が降っていますがかといって居場所も無いのでバスで勇払へ。


IMG_5118_convert_20161009151129.jpg

コムクドリ

適当な電線に居るのがいかにも北海道らしいですね。


IMG_5017_convert_20161009151232.jpg

IMG_5091_convert_20161009151205.jpg

チュウシャクシギ

なぜか道路に。幼鳥なのでかなり近づけました。同じ場所にオオジシギも居たのですがこちらは気付かずに飛ばしてしまった・・・


IMG_5151_convert_20161009151035.jpg

海岸ではミユビシギが3羽。これも幼鳥ですね。


IMG_5136_convert_20161009151105.jpg

ヒドリガモ

他にコガモ、オナガガモなどカモ類も結構来ていました。


IMG_5160_convert_20161009151003.jpg

めちゃめちゃ遠くには数百単位のクロガモの群れが。スコープで丁寧に見るとビロードキンクロも十数羽見つかりました。まさかこの2種を夏休みの間に見るとは・・・


この辺りで雨が強くなって来たためカメラをしまって双眼鏡のみで鳥見。雨宿りをしようにも影が全くないので鳥見しながら止むのを待つしかないのです。ノビタキ、コヨシキリ、オオジュリン、ベニマシコ、カササギなど見られそうなものは基本見られましたが全く写真が残ってない・・・  


この辺りでバスの時間が来たので1度苫小牧駅に戻りそのままウトナイ湖へ。


IMG_5165_convert_20161009150932.jpg

オオハクチョウ


IMG_5199_convert_20161009150825.jpg

オオヒシクイ


IMG_5184_convert_20161009150851.jpg

オナガガモ

ウトナイ湖に来てみたもの本気で雨が我慢出来ないレベルになって来たので道の駅に避難。止みそうにないので一通り中を物色した後苫小牧へ。小鳥類を見たかったのだが・・・


このあとは駅周辺で時間を潰し夜に電車で室蘭へ。翌日早朝から鳥見をするためにこの日はこちらのネットカフェで就寝。


〜記録〜
オオヒシクイ、オオハクチョウ、コブハクチョウ、ヒドリガモ、オナガガモ、コガモ、ビロードキンクロ、クロガモ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、オオジシギ、チュウシャクシギ、イソシギ、ミユビシギ、ウミネコ、オオセグロカモメ、ミサゴ、トビ、カササギ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、コヨシキリ、ムクドリ、コムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、アオジ、オオジュリン、ドバト 36+1種

ほとんど成果の無いまま2日経ってしまい若干の焦りが・・・


別窓 | 北海道 | コメント:0
∧top | under∨
| BIRD'S FIELDNOTE | NEXT
>