BIRD'S FIELDNOTE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

5/26 硫黄3島クルーズ最終日

硫黄島クルーズ最終日。この日も日の出とともに甲板へ。


IMG_9777_convert_20160622183606.jpg

シロハラミズナギドリ

もうだいぶ北上していたため、オオミズナギドリ主体の光景に変わるのだろうと思っていましたが早朝の間はまだオナガナギシロハラナギ、クロウミツバメといったいままでのメンバーが出現。


IMG_9875_convert_20160622183544.jpg

しかしその光景もすぐに終わりオオナギたちの登場。この鳥が現れるととうとう帰って来てしまったんだなぁと。


IMG_9908_convert_20160622183459.jpg

カツオドリ

この鳥はまだ居ますが、6日間毎日見まくった鳥なのであまり相手にされていなかったのが悲しいところ笑


IMG_9956_convert_20160622183423.jpg

クロトウゾクカモメ

八丈島近海辺りではクロトウやカンムリウミスズメなどが登場。ここからはトウゾクカモメ狙いで探すものの遠くをクロトウが数度出た程度。


IMG_10006_convert_20160622183339.jpg

マンボウ

見たのは2度目でしたが日光浴で体全体が見えているところに遭遇してみたいですね。


IMG_9977a_convert_20160622183403.jpg

オーストンウミツバメ

数は少なくなく時々見られるのですがなかなか写真が難しい鳥でした。


IMG_10041_convert_20160622183203.jpg

クロアシアホウドリ


IMG_10019a_convert_20160622183305.jpg

IMG_10027a_convert_20160622183233.jpg

ミンククジラ

近い!大きい!! 背鰭の形などが識別ポイントのようです。今回の船旅で海獣類を最低4種観察。海鳥ウォッチングはこういうところも楽しみのひとつですね。


IMG_10051a.jpg

シロハラトウゾクカモメ

めっちゃ綺麗なシロトウ生殖羽が!やや距離はありましたが船内は大盛り上がり。しかしこの鳥の余韻に浸っていたらこのすぐ後ろをオオトウゾクカモメが飛んでいたそう。航路探鳥で油断は禁物ですね・・・


IMG_10073_convert_20160622183122.jpg

ハシボソミズナギドリ

東京湾入口付近はボソナギが大量。最後にこの群れを見て硫黄島クルーズは終了しました。船室で少し休むつもりが爆睡して起きたら人が半分くらい下船開始してた・・・


〜記録〜
クロアシアホウドリ、シロハラミズナギドリ、オオミズナギドリ、オナガミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、アカアシミズナギドリ、アナドリ、オーストンウミツバメ、クロウミツバメ、カツオドリ、ウミネコ、(オオトウゾクカモメ)、クロトウゾクカモメ、シロハラトウゾクカモメ、カンムリウミスズメ 14種


〜全体の記録〜
アカオネッタイチョウアカガシラカラスバト、クロアシアホウドリ、シロハラミズナギドリ、オオミズナギドリ、オナガミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、アカアシミズナギドリ、セグロミズナギドリアナドリコシジロウミツバメオーストンウミツバメクロウミツバメアカアシカツオドリ、カツオドリ、カワウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ムナグロ、メリケンキアシシギ、キョウジョシギ、ツバメチドリ、クロアジサシ、ヒメクロアジサシシロアジサシ、ウミネコ、コアジサシ、セグロアジサシ、アジサシ、クロトウゾクカモメ、シロハラトウゾクカモメ、カンムリウミスズメ、トビ、オガサワラノスリオガサワラヒヨドリハシナガウグイスハハジマメグロ、オガサワラメジロ、(トラツグミ)、イソヒヨドリ、オガサワラカワラヒワ 43種

これでようやく硫黄島クルーズ終了です。来年も乗りたいけどたぶん無理なんだろうなぁ・・・   もう2度と南硫黄島を拝むことは出来ないのかもしれませんね。



スポンサーサイト
別窓 | 硫黄島クルーズ | コメント:0
∧top | under∨

5/25 硫黄3島クルーズ5日目

しばらく更新をサボっておりました。だいぶ遅くなってしまいましたが硫黄島クルーズの続きです。


この日は母島を去り、さらに小笠原からも帰る日。母島発の船が10:30なので鳥見時間は9:30まで。といっても前日に見るべきものは全て見られているので気はかなり楽。あかっぽっぽ1点狙いでいきます。


IMG_9174a_convert_20160622000854.jpg

アカガシラカラスバト

前日見た辺りを探すと早速発見!


IMG_9232a_convert_20160622000723.jpg

こちらを気にせず長い時間採餌してくれました。これはもう大満足!!


IMG_9420_convert_20160622000636.jpg

激近メグロ。たくさん居るけど次に見られるのがいつになるかわからないのでしっかり観察。


IMG_9507_convert_20160622000540.jpg

IMG_9491_convert_20160622000605.jpg

キョウジョシギも激近。思いのほか時間が余ってしまったのでその辺をのんびり散歩。


IMG_9516_convert_20160622000509.jpg

海にはアオウミガメが沢山。保護区のようになっている場所なのでこれ以上は近づけませんが。


IMG_9539_convert_20160622000444.jpg

オガサワラヒヨドリ

あまり良い写真が撮れていなかったヒヨドリもここで撮影。


IMG_9595_convert_20160622000412.jpg

オガサワラノスリ

最後に宿の真上で。結局ノスリは微妙な写真しか撮れなかった・・・


IMG_9612_convert_20160622000340.jpg

オナガミズナギドリ

ははじま丸は相変わらずカツオドリ、クロアジ、オナガナギ、アナドリの4種しか出ないが鳥との距離が近いです。


IMG_9635a_convert_20160622000311.jpg

アナドリ


こんなところで12:40に父島着。おがさわら丸の出港が14:00ということで慌ただしく買い出しを済ませ乗船。小笠原恒例の船の見送りがありましたがあれはなかなか良いですね。また来なければ・・・


ということで見送りが終わると鳥見スタート。後もう一踏ん張りです。

IMG_9706_convert_20160622000152.jpg

クロアシアホウドリ

足環が付いていますが番号までは読めず・・・


IMG_9684a_convert_20160622000246.jpg

マダライルカ

イルカの群れに遭遇。奇跡的にもジャンプを真横から撮れました!


IMG_9699a_convert_20160622000220.jpg

こんなふうに斜めに跳ぶのが特徴なんだとか。


IMG_9752a_convert_20160622000123.jpg

シロハラミズナギドリ

夕日に照らされてカッコイイ・・・

この日は特にこれ以上の盛り上がりもなく終了。もうほとんど終わりな気分ですがもう1日だけ続きます。


〜記録〜
アカガシラカラスバト、クロアシアホウドリ、シロハラミズナギドリ、オナガミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、アナドリ、クロウミツバメ、カツオドリ、アオサギ、キョウジョシギ、クロアジサシ、オガサワラノスリ、オガサワラヒヨドリ、ハシナガウグイス、ハハジマメグロ、オガサワラメジロ、(トラツグミ)、イソヒヨドリ 18種


別窓 | 硫黄島クルーズ | コメント:0
∧top | under∨

5/24 硫黄3島クルーズ4日目

この日は朝イチの便で母島へ。ははじま丸の乗船時間は約2時間ですがその間ももちろん鳥見。




オナガミズナギドリ

この航路は鳥の数は多くないですが船が小さいため鳥が近いのが特徴。






クロアジサシ

出る鳥はオナガミズナギドリ、アナドリ、カツオドリ、クロアジサシの4種だけですがどれも近いため撮り溜めようと撮影。あっという間に母島に着いてしまいました。




メグロ

宿に荷物を置いて飛び出すとさっそくメグロの登場。集落の中だろうとそこらじゅうで見ることができました。




グリーンアノール

もちろんこいつも。茶色くても在来のオガサワラトカゲとは全然違いますね。これは間違えない。




こちらがオガサワラトカゲ。数は多いのですが美しい!この模様は気に入りました。


IMG_8407_convert_20160621233126.jpg

アオサギ


IMG_8416a_convert_20160621233032.jpg

アマサギ

何故こんなところに? 小笠原に来る個体はどういう経路で渡ってるんだろう・・・


IMG_8432_convert_20160621232937.jpg

IMG_8442_convert_20160621232906.jpg

メグロ

予想通り、巣立ったばかりの幼鳥も見られました。トリミングせずにこの大きさは距離感がおかしくなりますね。


IMG_8469_convert_20160621232827.jpg

ハシナガウグイス

こちらがぼーっと立っていると足下までやって来ました。警戒心無さすぎ・・・


IMG_8509_convert_20160621232745.jpg

やはり美しいトカゲです。他の鳥屋のほとんどは見向きもしなかったんだろうな・・・


この後グラウンドに行くと遠くに4羽鳥が降りているのを発見。近づいてみると・・・

IMG_8621_convert_20160621232502.jpg

ムナグロと


IMG_8640a_convert_20160621232307.jpg

ツバメチドリ!

まさかここで見るとは思っていませんでした。近くでじっくりと観察。顔の黒線の太さが違うのですがこれは雌雄差?


IMG_8680_convert_20160621232234.jpg

ツーショットも。与那国で見たのよりもさらに近い笑


IMG_8734a_convert_20160621232201.jpg

オガサワラカワラヒワ

着いてすぐくらいから数人の目撃情報を聞き探していたオガサワラカワラヒワをついに発見!数は非常に少なく、繁殖期は母島には居ないということで諦めていただけにこれは嬉しい!


IMG_8821a_convert_20160621232134.jpg

成鳥


IMG_8855a_convert_20160621232100.jpg

幼鳥

2羽で採餌。周辺の島々で繁殖を終え、母島に戻って来たのでしょうかいずれにせよこれは運が良かったです!


IMG_8902_convert_20160621232025.jpg

IMG_8909_convert_20160621231841.jpg

メグロ

数はとても多いのですが暗いところが多く撮影は思ったより苦戦。ようやくまともに撮れたかな?


IMG_8981_convert_20160621231248.jpg

キョウジョシギ

残るはカラスバトだけですね〜という状況ですが全然見つからないため休憩。キョウジョの群れを眺めていると・・・


IMG_9089a_convert_20160621231205.jpg

メリケンキアシシギ!!!

奥の岩場にキアシシギが降りたのでもしやと思い確認するとやはりメリケン!!少し狙っていただけにこれは嬉しい!!


IMG_9008a.jpg

下腹部が結構白く見えたため少し悩みましたが下尾筒に斑があり上尾筒が無地、そして胸の斑の質などから間違いないでしょう。もう少しじっくり見ていたかったのですが地元の子供が来てしまい遠くの岩へ。こればっかりは仕方ないですね。


少しずつ日が傾き始めて頃にカラスバトを見たとの情報が。

IMG_9151_convert_20160621231143.jpg

向かってみると目の前にあのアカガシラカラスバトが!しかしすでに暗くなりはじめてる中で森の中。写真はとても撮れないうえに近過ぎてカラスバトにストレスを与えてしまいそうとのことで早めに退散。明日の朝に望みをかけてこの日の鳥見は終了しました。


〜記録〜
アカガシラカラスバト、オナガミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、アナドリ、カツオドリ、アマサギ、アオサギ、ムナグロ、メリケンキアシシギ、キョウジョシギ、ツバメチドリ、クロアジサシ、オガサワラノスリ、オガサワラヒヨドリ、ハシナガウグイス、ハハジマメグロ、オガサワラメジロ、(トラツグミ)、イソヒヨドリ、オガサワラカワラヒワ 20種

後から知りましたが父島〜母島航路でコミズナギドリらしき鳥が出たとか。見てみたかった・・・・


別窓 | 硫黄島クルーズ | コメント:0
∧top | under∨

5/23 硫黄3島クルーズ3日目(後編)

硫黄島クルーズ後編です。

IMG_7012_convert_20160621225358.jpg

硫黄島

こちらは3島で唯一現在人が住んでいる島。思っていたよりも多くの施設があるようでした。


IMG_6910.jpg

監獄岩

この場所で多くのクロアジサシが繁殖しており、ヒメクロアジサシも居るとか。画像を拡大してみるとたくさんのクロアジサシが居るのが分かります。


IMG_6884a_convert_20160621225651.jpg

クロアジサシ

船の真下まで来てくれました。額がほとんど白くなく、雨覆が鱗模様なのでおそらく幼鳥でしょう。


IMG_6918_convert_20160621225541.jpg

セグロアジサシ

こちらも幼鳥。何回か現れたのですが1度もちゃんとものにできず・・・


IMG_6937a_convert_20160621225508.jpg

IMG_6939a_convert_20160621225438.jpg

ヒメクロアジサシ

クロアジサシ4羽と一緒に飛んでいたため大きさで気付きました。前編で出した個体はその場で気付けてなかったのでこれが初見でした。


IMG_7504a_convert_20160621225318.jpg

ヒメクロアジサシを探してると船尾にクロウミツバメが居るとの声が。クロウミならさっきから結構出てるよな〜と思いながら見に行くと予想外の光景が!!


IMG_7550a_convert_20160621225248.jpg

IMG_7577a_convert_20160621225218.jpg

そこには船尾に付いて飛び回っているクロウミツバメが7羽も。近距離を飛びまくるのでみな大興奮!!結局硫黄島周遊を終えて船の速度が上がるまでずっと付いてくる姿が見られました。


IMG_6428_convert_20160621225751.jpg

シロハラミズナギドリ


IMG_6471a_convert_20160621225725.jpg

オナガミズナギドリ

硫黄島を出てからはあまり鳥が多くなく最後の北硫黄島へ。


IMG_7659_convert_20160621225145.jpg

北硫黄島

この島もかなり険しい見た目ですが過去に人が住んでいたらしい。とてもそうは見えないのですが集落が2つあって100人ほどの人が暮らしていたとか。


IMG_7697_convert_20160621225110.jpg

カツオドリ

ここの目玉はシラオネッタイチョウ。頑張って探すのですがなかなか見つからない・・・


IMG_7775a_convert_20160621225044.jpg

美しい・・・ ただただ見とれてしまいました。


IMG_7857_convert_20160621224957.jpg

アカオネッタイチョウ

南硫黄島もそうでしたがネッタイチョウは基本この距離。この中から尾の白いシラオネッタイチョウを探すわけなのですが、2周目の中盤辺りでようやく発見の報。頑張ってその方向を凝視するのですが見つけられない!

・・・・・結局、シラオネッタイチョウは外してしまいました。見た人は居るだけにこれはかなり悔しい・・・


IMG_7982_convert_20160621224606.jpg

IMG_7931_convert_20160621224934.jpg

惜しみながら北硫黄島を離れ、父島に向かい始めると綺麗なアカアシカツオドリが。姿、採餌行動、換羽など見ていてまったく飽きない鳥ですね〜


IMG_8034.jpg

アカアシカツオドリ


IMG_8053_convert_20160621224507.jpg

セグロミズナギドリ


IMG_8074a_convert_20160621224412.jpg

マッコウクジラ

これはかなり近かったです。右下のオナガミズナギドリと比べるとその大きさがよく分かりますね〜


IMG_8085a_convert_20160621224338.jpg

オナガミズナギドリ

腹部が暗色の個体。ですが図鑑に載っている暗色型ほど暗くなく、個体差の範囲なのかどうなのか・・・ 面白い個体です。


19:00に父島着。宿に泊まり外のトラツグミの声を聞きながら就寝。3日目にしてようやくまともな布団で寝られました笑 


〜記録〜
アカオネッタイチョウ、クロアシアホウドリ、シロハラミズナギドリ、オナガミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、アカアシミズナギドリ、セグロミズナギドリ、アナドリ、オーストンウミツバメ、クロウミツバメ、アカアシカツオドリ、カツオドリ、ダイサギ、クロアジサシ、ヒメクロアジサシシロアジサシセグロアジサシ、(トラツグミ) 18種

明日は母島!!


別窓 | 硫黄島クルーズ | コメント:0
∧top | under∨

5/23 硫黄3島クルーズ3日目(前編)

この日はついに憧れの硫黄島クルーズ!! 写真が多いので記事を2つに分けます。

朝3時には起床し、日の出前の4時前には甲板へ。このときは南硫黄島に向けて南下しているときで、丁度硫黄島の明かりを見ることができました。




オーストンウミツバメ

日の出が近づくとだんだん明るくなり、鳥の姿が見えるように。とはいえまだまだ暗く、観察もしづらいです。





セグロミズナギドリ

そんな中セグロミズナギドリが早くも登場。他にもセグロアジサシ、アカオネッタイチョウなども現れ、自分がさらに南の海域に来たことを実感。




クロウミツバメ




アナドリ




クロウミツバメはもう沢山。珍しい、見づらいと言われているのが嘘のように何度も見られました。





6:00、南硫黄島に到着。過去に人が住んだ記録が無く、調査でもごく僅かしか入ったことのない無人島。固有の生き物も多く、クロウミツバメの世界で唯一の繁殖地!ロマンありますね〜 小さな島ですが標高は900メートル。ただ圧倒されてしまいました。






アカアシカツオドリ

最初に出迎えてくれたのはアカアシカツオドリ。美しい成鳥です!




カツオドリ




この白いのが全部アカアシカツオドリ。遠いですが集団営巣しているんですね〜





ここでのメインはアカオネッタイチョウ。ほとんどが島の周りを飛んでいて遥か彼方なのですが時々船の上も飛んでくれます。空が晴れてれば…







と言ってる暇も無く、良いところを飛んでくれた個体も!






シロアジサシ

遠くのネッタイチョウの中で飛び方が違うものを発見。シロアジサシでした!写真は設定を失敗してしまい酷い有様ですがなんとか黒い目の嘴を確認できました。結局見られたのはこの2羽だけでこの後は自分は確認できず。




南硫黄島を2周すると船は北上し次の硫黄島へ。名残惜しいですが北上中ももちろん鳥見!




オナガミズナギドリ






セグロミズナギドリ

途中、かなり近くをセグロミズナギドリが並走してくれました!野外で識別できるか?という思いもありましたが実際見ると全然違い、美しい!今回の旅でもかなり上位に入る嬉しい鳥でした。






クロアジサシ






ヒメクロアジサシ

この日一番のやらかし。撮っているときは全く気付いておらず帰って写真整理をしていて気付きました。これは悔しい………




オナガミズナギドリ




シロハラミズナギドリ・オナガミズナギドリ

こんなツーショットも。




セグロアジサシ

何度か船の近くを飛んでくれました。アジサシ類はやはり美しい!


前編はここまで。後編は硫黄島・北硫黄島へ!


別窓 | 硫黄島クルーズ | コメント:0
∧top | under∨

5/22 硫黄3島クルーズ2日目

4時には起床し甲板へ。そこは昨日と全く違う鳥達の居る海域が!


IMG_4508a_convert_20160618211632.jpg

オナガミズナギドリ

昨日までのオオミズナギドリは全て居なくなり代わりにオナガナギに。


IMG_3688a_convert_20160618224110.jpg

シロハラミズナギドリ

オナガナギに続いてシロハラも。美しいですね。


IMG_4368_convert_20160618223525.jpg

クロウミツバメ

時期的に多いのは予想していましたが早くも登場。ウミツバメ類の中で1番多く見られました。


IMG_4289_convert_20160618223611.jpg

オーストンウミツバメ

次いでオーストン。結構南の海域でも見られるんですね。


IMG_3744a_convert_20160618223933.jpg

コシジロウミツバメ

1羽だけ発見。ウミツバメ3種は嬉しい!


IMG_3594_convert_20160618224223.jpg

アカアシカツオドリ

カツオドリより先に登場!すぐに見えなくなりましたが・・・


IMG_3716_convert_20160618224018.jpg

マストにとまっていました!この光景憧れだった・・・


IMG_4422a_convert_20160618223504.jpg

トビウオ

トビイカも2度ほど見られましたが写真は撮れず。それにしてもトビウオが種類がわからないですね・・・


IMG_3809_convert_20160618223839.jpg

クロウミツバメ

この日だけで20羽は出たかと。下面だけだとオーストンと識別できない・・・


IMG_3629a_convert_20160618224147.jpg

シロハラミズナギドリ

ソアリングが独特で写真は少し難しいかも。


IMG_3939_convert_20160618223801.jpg

ハシボソミズナギドリ

この海域でも結構居るもんですね。父島入港直前まで見られました。


IMG_3734_convert_20160618223953.jpg

アカオネッタイチョウ!!

まさかもう現れるとは!慌ててたためか真横でピントが合わせられず。結構大きいんですね〜


IMG_4463_convert_20160618223443.jpg

カツオドリ


IMG_4181_convert_20160618223708.jpg

アカアシカツオドリ

今度はだいぶ白くなった亜成鳥が登場!


IMG_4236a_convert_20160618223642.jpg

カツオドリとツーショット


IMG_4034_convert_20160618223729.jpg

オナガミズナギドリ


IMG_4324_convert_20160618223544.jpg

IMG_4546_convert_20160618211604.jpg

アナドリ

普通に居るはずですが最初の数時間現れず。その後は沢山飛んでいて安心しました笑


IMG_4600_convert_20160618211516.jpg

マッコウクジラ

でかい!! 遠くても目立ちますね。潮を噴く角度で識別出来るそうですがよく分からず。


IMG_4691a_convert_20160618211445.jpg

トビウオ?をキャッチ!


IMG_4695_convert_20160618211427.jpg

すぐカツオドリに奪われてました。追いかけ合っていましたが恐らく落としちゃったんだろうな。


この辺りで11:30になり無事父島着。18:00まで約6時間フリータイムなのでもちろん鳥見!


IMG_4970_convert_20160618211107.jpg

オガサワラメジロ

シチトウメジロとイオウトウメジロの交雑個体群といわれる小笠原のメジロ。ここでは外来種ですが見る鳥ほとんどメジロといっても過言ではないほどの多さでした。


IMG_4768_convert_20160618211401.jpg

芝生に降りて採餌するメジロ。ここにはスズメもムクドリもカラスも居ないのでその分の環境をメジロが占有しているんでしょうか?


IMG_4916_convert_20160618211243.jpg

親子


IMG_4851_convert_20160618211315.jpg

イソヒヨも給餌中。雛が多く母島ではメグロの雛も見られるんじゃないかと期待していました。


IMG_4803a_convert_20160618211334.jpg

オガサワラノスリ

結構見づらいのかと思っていたのですが1度に5羽視界に入ったりするほど。しかし天気が悪く写真が微妙・・・


IMG_4952_convert_20160618211209.jpg

オガサワラヒヨドリ

声はするため数は多いのは分かるのですがなかなか姿は見づらかったです。


IMG_4978a_convert_20160618211041.jpg

オガサワラノスリ


IMG_4956_convert_20160618211142.jpg

オカヤドカリ

カラスバトは見つかる気がせず、あとはウグイスだけだなぁという状況で探すのですがなかなか見つからず。

IMG_5028_convert_20160618211012.jpg

IMG_5070_convert_20160618210915.jpg

ハシナガウグイス

ようやく見つけたと思ったら近い!ここの鳥は基本ヒヨドリ以外警戒心が薄いようで長時間観察出来ました。さえずりも本土のとは少し違いましたね〜


ウグイスも見られ、暑さに耐えかね鳥見終了。生協で買い出しをし少し休んでから硫黄島クルーズオリエンテーションを受け、乗船。明日はとうとう憧れの硫黄島へ!!!


〜記録〜
アカオネッタイチョウ、クロアシアホウドリ、シロハラミズナギドリオナガミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、アナドリコシジロウミツバメ、オーストンウミツバメ、クロウミツバメアカアシカツオドリ、カツオドリ、クロアジサシ、オガサワラノスリオガサワラヒヨドリハシナガウグイス、オガサワラメジロ、イソヒヨドリ 17種

脅威のライファー率!!!

別窓 | 硫黄島クルーズ | コメント:0
∧top | under∨

5/21 硫黄3島クルーズ1日目

海鳥好きなら誰もが憧れる硫黄島クルーズに参加して来ました!今年はおがさわら丸引退の関係で例年と違い5月の開催。この時期は初ですが海鳥の繁殖シーズンと重なっていて数が多いだろうとのことで期待が高まります!!


初日の今日は10時に竹芝桟橋出港。その後約3時間は東京湾内でアジサシやカワウなどを見ながらのんびり。湾を出たら本格的に鳥見スタートです!


IMG_2999a_convert_20160616194814.jpg

クロアシアホウドリ

オオナギ、ボソナギの中最初に登場したのはクロアシアホウ。何度か現れて楽しませてくれました。


IMG_3008a_convert_20160616194743.jpg

IMG_3016_convert_20160616194717.jpg

割と近くも飛んでくれました。


IMG_3137a_convert_20160616194554.jpg

IMG_3158a_convert_20160616194526.jpg

ハシボソミズナギドリ

時期的なものもありかなりの数が見られました。


IMG_3070_convert_20160616194645.jpg

オーストンウミツバメ

三宅島近海で数羽が出現。小さいうえにひらひらと飛ぶのでなかなか追えませんでした。


IMG_3092_convert_20160616194623.jpg

カツオドリ

八丈島に近づいた頃に登場。ここまででシロハラトウゾクカモメ、カンムリウミスズメ、アナドリなども出ていたのですが見つけられず。初日は見落としが多かった・・・


IMG_3327a_convert_20160616194458.jpg

夕方暗くなるまでハシボソミズナギドリを眺めてこの日は終了。本番は明日から!!


〜記録〜
クロアシアホウドリ、オオミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、オーストンウミツバメ、カツオドリ、カワウ、アオサギ、コサギ、ウミネコ、コアジサシ、アジサシ、トウゾクカモメ類、トビ 13種


おが丸はコンセントがほとんどなかった・・・ 予備バッテリー必須です。


別窓 | 硫黄島クルーズ | コメント:0
∧top | under∨
| BIRD'S FIELDNOTE |
>