FC2ブログ

BIRD'S FIELDNOTE

2019/2/8〜15 THAILAND BIRD LIST

2019/2/8〜15


赤字は初見。()は声のみなど目視できなかった種。


1.チャムネミヤマテッケイ/Bar-backed Partridge

2.アオアシミヤマテッケイ/Green-legged Partridge

3.(アカチャシャコ/Ferruginous Partridge)

4.セキショクヤケイ/Red Junglefowl

5.ミヤマハッカン/Kalij Pheasant

6.シマハッカン/Siamese Fireback

7.リュウキュウガモ/Lesser Whistling-duck

8.ナンキンオシ/Cotton Pygmy-goose

9.カイツブリ/Little Grebe

10.ドバト/Rock Pigeon

11.ベニバト/Red-Turtle Dove

12.カノコバト/Spotted Dove

13.ヨコジマオナガバト/Barred Cuckoo-dove

14.チョウショウバト/Zebra Dove

15.キンバト/Emerald Dove

16.ハシブトアオバト/Thick-billed Green-pigeon

17.オビロヨタカ/Large-tailed Nightjar

18.オオハリオアマツバメ/Brown-backed Needletail

19.マレーアナツバメ/German's swiftlet

20.アジアヤシアマツバメ/Asian Palm-swift

21.オオバンケン/Greater Coucal

22.バンケン/Lesser Coucal

23.オニクロバンケンモドキ/Green-billed Malkoha

24.オニカッコウ/Asian Koel

25.ミドリテリカッコウ/Asian Emerald Cuckoo

26.スミレテリカッコウ/Violet Cuckoo

27.ヒメカッコウ/Plaintive Cuckoo

28.シロハラクイナ/White-breasted Waterhen

29.マミジロクイナ/White-browed Crake

30.セイケイ/Purple Swamphen

31.バン/Common Moorhen

32.オオバン/Commin Coot

33.オオヅル/Sarus Crane

34.インドトキコウ/Painted Stork

35.スキハシコウ/Asian Openbill

36.ヨシゴイ/Yellow Bittern

37.ゴイサギ/Black-crowned Night-heron

38.アカガシラサギ/Chinese Pond-heron

39.ジャワアカガシラサギ/Javan Pond-heron

40.アマサギ/Eastern Cattle Egret

41.アオサギ/Grey Heron

42.ムラサキサギ/Purple Heron

43.ダイサギ/Great Egret

44.チュウサギ/Intermediate Egret

45.コサギ/Little Egret

46.アジアコビトウ/Little Cormorant

47.インドヒメウ/Indian Cormorant

48.アジアヘビウ/Oriental Darter

49.セイタカシギ/Black-winged Stilt

50.ダイゼン/Grey Plover

51.ムナグロ/Pacific Golden Plover

52.コチドリ/Little Ringed Plover

53.シロチドリ/Kentish Plover

54.メダイチドリ/Lesser Sandplover

55.オオメダイチドリ/Greater Sandplover

56.インドトサカゲリ/Red-wattled Lapwing

57.レンカク/Pheasant-tailed Jacana

58.アジアレンカク/Bronze-winged Jacana

59.ダイシャクシギ/Eurasian Curlew

60.オオソリハシシギ/Bar-tailed Godwit

61.オグロシギ/Black-tailed Godwit

62.キョウジョシギ/Ruddy Turnstone

63.オバシギ/Great Knot

64.コオバシギ/Red Knot

65.エリマキシギ/Ruff

66.キリアイ/Broad-billed Sandpiper

67.サルハマシギ/Curlew Sandpiper

68.オジロトウネン/Temminck's Stint

69.ヒバリシギ/Long-toed Stint

70.ヘラシギ/Spoon-billed Sandpiper

71.トウネン/Red-necked Stint

72.ミユビシギ/Sanderling

73.ハマシギ/Dunlin

74.ヨーロッパトウネン/Little Stint

75.シベリアオオハシシギ/Asian Dowitcher

76.ハリオシギ/Pintail Snipe

77.ソリハシシギ/Terek Sandpiper

78.クサシギ/Green Sandpiper

79.ツルシギ/Spotted Redshank

80.アオアシシギ/Common Greenshank

81.アカアシシギ/Common Redshank

82.タカブシギ/Wood Sandpiper

83.コアオアシシギ/Marsh Sandpiper

84.カラフトアオアシシギ/Nordmann's Greenshank

85.ミフウズラ/Barred Buttonbuail

86.ツバメチドリ/Oriental Pratincole

87.ヒメツバメチドリ/Little Pratincole

88.ハシボソカモメ/Slender-billed Gull

89.チャガシラカモメ/Brown-headed Gull

90.コアジサシ/Little Tern

91.ハシブトアジサシ/Gull-billed Tern

92.オニアジサシ/Caspian Tern

93.クロハラアジサシ/Whiskered Tern

94.アジサシ/Common Tern

95.ヒメフクロウ/Collared Owlet

96.オオスズメフクロウ/Asian Barred Owlet

97.ミサゴ/Western Osprey

98.カタグロトビ/Black-winged Kite

99.ミナミカンムリワシ/Crested Serpent-eagle

100.ヒマラヤハゲワシ/Himalayan Griffon

101.カラフトワシ/Greater Spotted Eagle

102.カンムリオオタカ/Crested Goshawk

103.タカサゴタカ/Shikra

104.シロガシラトビ/Brahminy Kite

105.トビ/Black-eared Kite

106.ヤマキヌバネドリ/Orenge-breasted Trogon

107.(ズアカキヌバネドリ/Red-headed Trogon)

108.オオサイチョウ/Great Hornbill

109.ビルマサイチョウ/Tickell's Brown Hornbill

110.キタカササギサイチョウ/Oriental Pied Hornbill

111.シワコブサイチョウ/Wreathed Hornbill

112.ヤツガシラ/Eurasian Hoopoe

113.アオムネハチクイ/Blue-bearded Bee-eater

114.ミドリハチクイ/Asian Green Bee-eater

115.チャガシラハチクイ/Chestnut-headed Bee-eater

116.ルリオハチクイ/Blue-tailed Bee-eater

117.インドブッポウソウ/Indochinese Roller

118.ブッポウソウ/Oriental Dollerbird

119.カワセミ/Common Kingfisher

120.ヒメヤマセミ/Pied Kingfisher

121.カザリショウビン/Banded Kingfisher

122.アオショウビン/White-throated Kingfisher

123.ヤマショウビン/Black-capped Kingfisher

124.ムネアカゴシキドリ/Coppersmith Barbet

125.アオミミゴシキドリ/Blue-eared Barbet

126.ミミアオゴシキドリ/Green-eared Barbet

127.シロボシオオゴシキドリ/Lineated Barbet

128.クロヒゲゴシキドリ/Moustached Barbet

129.コガネゲラ/Greater Flameback

130.キエリアオゲラ/Greater Yellownape

131.ムナホシアカゲラ/Freckle-breasted Woodpecker

132.モモグロヒメハヤブサ/Black-thighed Falconet

133.チョウゲンボウ/Common Kestrel

134.ハヤブサ/Peregrin Falcon

135.ミドリサトウチョウ/Vernal Hanging-parrot

136.ルリヤイロチョウ/Blue Pitta

137.オナガヒロハシ/Long-tailed Broadbill

138.クロアカヒロハシ/Black-and-red Broadbill

139.アズキヒロハシ/Banded Broadbill

140.クビワヒロハシ/Black-and-yellow Broadbill

141.コウライウグイス/Black-naped Oriole

142.アオチメドリ/White-bellied Erpornis

143.サンショウクイ/Ashy Minivet

144.チャイロサンショウクイ/Brown-rumped Minivet

145.アサクラサンショウクイ/Black-winged Cuckooshrike

146.ハイイロモリツバメ/Ashy Woodswallow

147.ヒタキサンショウクイ/Bar-winged Flycatcher-shrike

148.ヒメコノハドリ/Common Iora

149.オオヒメコノハドリ/Great Iora

150.ムナジロオウギヒタキ/Pied Fantail

151.オウチュウ/Black Drongo

152.ハイイロオウチュウ/Ashy Drongo

153.ヒメオウチュウ/Bronzed Drongo

154.カザリオウチュウ/Greater Racquet-tailed Drongo

155.カンムリオウチュウ/Hair-crested Drongo

156.クロエリヒタキ/Black-naped Monarch

157.アカモズ/Brown Shrike

158.クロラケットオナガ/Racquet-tailed Treepie

159.ハシブトガラス/Large-billed Crow

160.ハイガシラヒタキ/Grey-headed Canary-flycatcher

161.サルタンガラ/Sultan Tit

162.チャイロヤブヒバリ/Indchinese Bushlark

163.ヒバリ/Orientak Skylark

164.セッカ/Zitting Cisticola

165.アオハウチワドリ/Yellow-bellied Prinia

166.アジアマミハウチワドリ/Plain Prinia

167.オナガサイホウチョウ/Common Tailorbird

168.オニセッカ/Striated Grassbird

169.コシアカツバメ/Red-rumped Swalow

170.ツバメ/Barn Swallow

171.ショウドウツバメ/Collared Sand Martin

172.ノドジロカンムリヒヨドリ/Puff-throated Bulbul

173.シロハラカンムリヒヨドリ/Ochraceous Bulbul

174.メジロヒヨドリ/Grey-eyed Bulbul

175.エボシヒヨドリ/Black-crested Bulbul

176.コシジロヒヨドリ/Sooty-headed Bulbul

177.キビタイヒヨドリ/Stripe-throated Bulbul

178.メグロヒヨドリ/Yellow-vented Bulbul

179.ミミジロヒヨドリ/Streak-eared Bulbul

180.ズグロヒヨドリ/Black-headed Bulbul

181.キマユムシクイ/Yellow-browed Warbler

182.ムジセッカ/Dusky Warbler

183.コムシクイ/Arctic Warbler

184.アムールムシクイ/Pale-legged Leaf-warbler

185.マユグロムシクイ/Sulphur-breasted Warbler

186.キンメセンニュウチメドリ/Yellow-eyed Babbler

187.キムネメジロ/Everett's White-eye

188.マミジロマルハシ/White-browed Scimitar-babbler

189.オオマルハシ/Large Scimitar-babbler

190.ムナフムシクイチメドリ/Pin-striped Babbler

191.ムナフジチメドリ/Puff-throated Babbler

192.ハシブトムジチメドリ/Abbott's Babbler

193.Rufous Limestone-babbler

194.ハイガシラチメドリ/Brown-cheeked Fulvetta

195.ヒメクビワガビチョウ/Lesser Necklaced Laughingthrush

196.ハクオウチョウ/White-crested Laughingthrush

197.タイカンチョウ/Black-throated Laughingthrush

198.クビワガビチョウ/Greater Neckleced Laughingthrush

199.ホオジロムクドリ/Asian Pied Starling

200.クビワムクドリ/Black-collared Starling

201.インドハッカ/Common Myna

202.オオハッカ/Great Myna

203.キュウカンチョウ/Common Hill Myna

204.マミチャジナイ/Eyebrowed Thrush

205.シキチョウ/Oriental Magpie-robin

206.アカハラシキチョウ/White-rumped Shama

207.コサメビタキ/Asian Brown Flycatcher

208.ロクショウヒタキ/Verditer Flycatcher

209.ミヤマヒメアオヒタキ/Hill Blue-flycatcher

210.ノドアカヒメアオヒタキ/Indochinese Blue-flycatcher

211.ハイナンヒメアオヒタキ/Hainan Blue-flycatcher

212.コルリ/Siberian Blue Robin

213.(オガワコマドリ/Bluethroat)

214.オジロビタキ/Taiga Flycatcher

215.ヒメイソヒヨ/White-throated Rock-thrush

216.イソヒヨドリ/Blue Rock-thrush

217.ノビタキ/Common Stonechat

218.ルリコノハドリ/Asian Fairy-bluebird

219.キビタイコノハドリ/Golden-fronted Leafbird

220.アオバネコノハドリ/Blue-winged Leafbird

221.ハシブトハナドリ/Thick-billed Flowerpecker

222.セアカハナドリ/Scaret-backed Flowerpecker

223.チャノドコバシタイヨウチョウ/Brown-throated Sunbird

224.キバラタイヨウチョウ/Olive-backed Sunbird

225.(キゴシタイヨウチョウ/Crimson Sunbird)

226.ベニスズメ/Red Avadavat

227.(コシジロキンパラ/White-rumped Munia)

228.シマキンパラ/Scaly-breasted Munia

229.キンパラ/Chestnut Munia

230.ブンチョウ/Java Munia

231.イエスズメ/House Sparrow

232.セアカスズメ/Plain-backed Sparrow

233.スズメ/Eurasian Tree Sparrow

234.ムネアカタヒバリ/Red-throated Pipit

235.ヒメマミジロタヒバリ/Paddyfield Pipit

236.キセキレイ/Grey Wagtail

237.ツメナガセキレイ/Eastern Yellow Wagtail



計237種 目視232種 ライファー108種





IMG_6348a_convert_20190514222303.jpg

IMG_8254a_convert_20190602160523.jpg

IMG_8334a_convert_20190602160504.jpg

IMG_9057a_convert_20190602155949.jpg

IMG_8814a_convert_20190602160120.jpg

IMG_8647a_convert_20190602160303.jpg

IMG_8691a_convert_20190602160234.jpg

IMG_7991a_convert_20190602152435.jpg

IMG_4997a_convert_20190416223423.jpg

IMG_9626a_convert_20190616125101.jpg

IMG_1932a_convert_20190414203153.jpg

IMG_2252a_convert_20190414203045.jpg

IMG_3274a_convert_20190414201821.jpg

IMG_7322a_convert_20190602153726.jpg

IMG_7291a_convert_20190602153832.jpg

IMG_7501a_convert_20190602153531.jpg

IMG_7655a_convert_20190602153457.jpg

IMG_10316a_convert_20190402221817.jpg

IMG_10751a_convert_20190402221441.jpg

IMG_11084a_convert_20190402221236.jpg

IMG_5226_convert_20190416223247.jpg

IMG_1278a_convert_20190616124128.jpg

IMG_0103a_convert_20190616124740.jpg

IMG_0807_convert_20190616124337.jpg

IMG_1747_convert_20190616123625.jpg

IMG_3718_convert_20190416224738.jpg

IMG_4329_convert_20190416223941.jpg

IMG_4004a_convert_20190416224542.jpg

IMG_4476a_convert_20190416223802.jpg

IMG_4540a_convert_20190416223650.jpg

IMG_2072_convert_20190623221857.jpg

IMG_2389a_convert_20190623221807.jpg

IMG_2640a_convert_20190623221236.jpg

IMG_3019_convert_20190623220750.jpg

IMG_2925a_convert_20190623220945.jpg

IMG_3671a_convert_20190623220313.jpg


スポンサーサイト



別窓 | タイ | コメント:0
∧top | under∨

2/15 タイ中部遠征最終日

とうとうタイ遠征も最終日。KKC近くの宿を暗いうちに出発し早朝には目的地へ。

IMG_2037_convert_20190623221931.jpg

やってきたのは有名なあの塩田!最終日はがっつりシギチを探します!


IMG_2007_convert_20190623222036.jpg

キリアイ/Broad-billed Sandpiper


IMG_2014_convert_20190623222019.jpg

サルハマシギ/Curlew Sandpiper

群れを見ていくとキリアイとサルハマシギが沢山!聞いてはいたものの実際に見るとなんとも不思議な感じ。


IMG_1991_convert_20190623222052.jpg

少し遠くにはダイシャクシギ/Eurasian Curlewが沢山!よく見ると下にオニアジサシやチャガシラカモメが居ますね・・・


IMG_2031_convert_20190623221948.jpg

オニアジサシ/Caspian Tern

地味にライファーなオニアジ。まだ日本でも見たことないんですよね・・・ そして
周りに写り込んでいるシギもコオバとサルハマと相変わらず豪華。


IMG_2020_convert_20190623222005.jpg

アジアコビトウ/Little Cormorant

最終日にしてようやくまともな距離で見られました。


IMG_2072_convert_20190623221857.jpg

キリアイだらけ。キリアイの群れを見ると昔の写真集(名前忘れた)の表紙を思い出しますね。小櫃川だっけ?もう日本でああいう光景を見る事は出来ないんでしょうね・・・


IMG_2063_convert_20190623221913.jpg

クロハラアジサシ/Whiskered Tern

いっぱい居ます


IMG_2206_convert_20190623221823.jpg

ヘラシギ/Spoon-billed Sandpiper

ここに来た一番の目的はもちろんこの鳥!有名な越冬地ですがそれでも沢山のシギチの中でたった数羽。タイ遠征を企画した動機の半分くらいはこの鳥を見るため。昔から憧れだったこの鳥に無事出会うことが出来て感激でした!


IMG_2422a_convert_20190623221748.jpg

一度見失い再発見したところでフラッグの存在に気付き、あれ、さっきこんなのつけてたっけ・・・?と。なんと別個体でした!このフラッグはタイ国内でつけられたもののようです。


IMG_2389a_convert_20190623221807.jpg

と思っていたら先程の個体も合流し2羽に!やや距離はあったため写真は酷いですがそれでも最高の出会いでした!
いつかは日本でも必ず・・・と誓った僅か3ヶ月後に再会する事になるとは流石に思いもしませんでしたが・・・


IMG_2453_convert_20190623221409.jpg

ヒバリシギ/Long-toed Stint

ヘラシギを見た後は移動して別のターゲットを探しに移動。


IMG_3436aa.jpg

車窓から撮った塩田。こういう風景を見たのも初めてだったので結構嬉しかったり。


IMG_2447_convert_20190623221435.jpg

リュウキュウガモ/Lesser Whistling-duck

前回よりは近いですがめちゃめちゃ警戒心が強い・・・ 車から降りても居ないのに物凄い警戒のしようでほとんど観察できませんでした。


IMG_2467_convert_20190623221354.jpg

ツルシギ/Spotted Redshank


IMG_2473_convert_20190623221339.jpg

アジサシ/Common Tern


IMG_2561_convert_20190623221316.jpg

カラフトアオアシシギ/Nordmann's Greenshank!!


IMG_2640a_convert_20190623221236.jpg

2つ目のターゲットはこの鳥。昨年大授搦でも見ましたがやはりアオアシシギとはあまり似ていないですね。ここでも佐賀の時と同じくオバシギやダイゼンの群れに混ざっていたのが面白かったです。


IMG_2679_convert_20190623221110.jpg

上空をチャガシラカモメが何羽か通過したのでとりあえず撮ったうちの1枚。まさかハシボソカモメが混ざっていたなんて・・・


IMG_2888_convert_20190623221040.jpg

チャガシラカモメ/Brown-headed Gull

この後カモメが溜まっている場所があったので寄って見る事に。感覚麻痺しそうですがこの鳥も初見でしかも日本的大珍鳥ですからね・・・


IMG_2925a_convert_20190623220945.jpg

ハシボソカモメ/Slender-billed Gull

ちょっとした期待を込めて群れを流していくと1羽ピンクのやつが!先程の飛んでいたやつにはこの時まだ気付いていなかったのでかなり嬉しい出会いでした。タイでも数は多くないこの鳥、ちゃんと見られて良かった・・・


IMG_2930a_convert_20190623220905.jpg

翼上面はユリカモメと似てますね


IMG_2903a_convert_20190623221020.jpg

めちゃめちゃ居るクロハラアジサシ


IMG_3437aa.jpg

この場所で地味に驚いたのがこれ。カブトガニなんて普通に居るもんなんですね・・・


IMG_2974_convert_20190623220847.jpg

オグロシギ/Black-tailed Godwit

地味に幼羽以外の羽衣を見たのは初めてかも。


IMG_3019_convert_20190623220750.jpg

シベリアオオハシシギ/Asian Dowitcher

ここでの狙いの最後の1種はもちろんこの鳥!オグロシギの群れの中に2羽混ざっていました。この鳥も日本では1日差で逃した苦い経験のある鳥でようやくライファー。距離はやや遠いですがカッコいい鳥でした。これで極東御三家制覇!!


IMG_3046a_convert_20190623220737.jpg

IMG_3063a_convert_20190623220721.jpg

インドトキコウ/Painted Stork

今までも何度か見ていましたがようやく近くで。こういう水鳥で一目で異国感を感じられるっていいですね〜


午前中で本日の狙いをクリアしてしまったので昼食後にインドイシチドリを狙いに行こう!とのこと。断る理由も無いので勿論OKとそのポイントへ向かってもらいます。しかし最終日という事で道中でまだちゃんと撮れていない普通種が居たら止めてもらうことに。


IMG_3082a_convert_20190623220705.jpg

アオショウビン/White-throated Kingfisher

逆光でしたが近かったので。たくさん居るんですが警戒心が強いんですよね・・・


IMG_3131a_convert_20190623220653.jpg

IMG_3151a_convert_20190623220617.jpg

スキハシコウ/Asian Openbill

アオサギみたいにいっぱい居ます。たくさん居るとスルーしがちになるのでこういう機会は大事。タニシ?のような巻貝を食べてるシーンも見られましたよ。


IMG_3202a_convert_20190623220403.jpg

オウチュウ/Black Drongo

これもたくさん居るのになかなか撮れなかった鳥。独特の動きと真っ黒な体なので車窓からでも凄く目立つんですが・・・ しかしこう沢山見られるともう日本で狙う気が無くなってきますね笑 


この後インドイシチドリのポイントに着きますがいくら探しても見つからず。なんでも暑過ぎて動いてないんだとか。それは仕方ないという事で移動。その先の行程については特に聞いていなかったのでガイドに任せて適当に車窓から鳥見。


IMG_3807_convert_20190623220207.jpg

オオバンケン/Greater Coucal

これ後ろに移ってるのスクミリンゴガイの卵ですよね?タイにも移入してるんですね。それか似ているだけの別種?


IMG_3671a_convert_20190623220313.jpg

ヒメツバメチドリ/Little Pratincole

ふと見たら車の脇にツバチっぽいシルエット。あわてて車を止めてもらい見るとなんと憧れのヒメツバメチドリが!!
かなり見たかった鳥で日本に居るときからガイドに聞いたりしていたものの今回の行程では難しいと聞いて諦めていた種。しかしガイドはあまり驚いていなかったようなのでわざわざ連れて来てくれたんだろうな・・・


IMG_3568_convert_20190623220344.jpg

IMG_3646_convert_20190623220333.jpg

いやー可愛すぎる。ほんとにめっちゃ良い鳥ですよね。最高の出会いでした!


IMG_3770a_convert_20190623220301.jpg

よく見たら沢山居た・・・ この写真だけで9羽写ってます。


IMG_3779a_convert_20190623220247.jpg

翼上面も素敵。これでいて翼下面は真っ黒なので非常にカッコいいんです。


ヒメツバチをたっぷり堪能し車に戻った瞬間にガイドが「Pied Kingfisher!」と。あわてて見ると目の前に飛んで来た2羽のヒメヤマセミが!

IMG_3790a_convert_20190623220232.jpg

あわてて降りた時にはもう既に飛び立ってしまいなんとか写ったのがこの写真。写真はこんなですが割としっかり見る事はできたのでとりあえず満足です。香港で外したのが懐かしいですね。


IMG_3799_convert_20190623220220.jpg

ヒメマミジロタヒバリ/Paddyfield Pipit

この後もしばらく周辺で鳥見。マミタヒとヒメマミは見れば見る程分からなくなりますね・・・


IMG_3843_convert_20190623220150.jpg

ハリオシギ/Pintail Snipe?

ガイドがハリオだというのでそうなのかな?という程度で自分にはこれだけでは分かりません。図鑑によると普通に越冬してるのはタシギとハリオの2種らしいのでそう考えると確かにハリオの可能性が高そう。


IMG_3877_convert_20190623220126.jpg

ミドリハチクイ/Asian Green Bee-eater


IMG_3923_convert_20190623220112.jpg

ミフウズラ/Barred Buttonbuail

地面を歩く小さくて丸い姿が見えたときは絶対ヤバいやつだ!と思ったのにまさかの日本と同じミフウズラ。全然知らなかったんですがミフウズラって結構広域分布なんですね。


意外な鳥で締めくくりとうとう1週間の鳥見が終了。ドンムアン空港でお世話になったガイドとドライバーと分かれます。本当に帰りたくなかった・・・

深夜の便でタイを飛んで翌日の朝には成田空港に。直行便は楽でいいですね〜



〜記録〜
リュウキュウガモ、カイツブリ、ドバト、ベニバト、カノコバト、チョウショウバト、マレーアナツバメ、オオバンケン、オニカッコウ、ヒメカッコウ、シロハラクイナ、インドトキコウ、スキハシコウ、ジャワアカガシラサギ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アジアコビトウ、インドヒメウ、セイタカシギ、ダイゼン、ムナグロ、コチドリ、シロチドリ、メダイチドリ、オオメダイチドリ、インドトサカゲリ、ダイシャクシギ、オオソリハシシギ、オグロシギ、キョウジョシギ、オバシギ、コオバシギ、エリマキシギ、キリアイ、サルハマシギ、オジロトウネン、ヒバリシギ、ヘラシギ、トウネン、ミユビシギ、ハマシギ、ヨーロッパトウネン、シベリアオオハシシギ、ハリオシギ、ソリハシシギ、イソシギ、クサシギ、ツルシギ、アオアシシギ、アカアシシギ、タカブシギ、コアオアシシギ、カラフトアオアシシギ、ミフウズラ、ヒメツバメチドリハシボソカモメチャガシラカモメ、コアジサシ、アジサシ、ハシブトアジサシ、オニアジサシ、クロハラアジサシ、ミサゴ、ミドリハチクイ、インドブッポウソウ、ヒメヤマセミ、アオショウビン、ヤマショウビン、ハイイロモリツバメ、ムナオビオウギヒタキ、オウチュウ、ハシブトガラス、ツバメ、メグロヒヨドリ、ホオジロムクドリ、インドハッカ、オオハッカ、シキチョウ、セアカスズメ、スズメ、ムネアカタヒバリ、ヒメマミジロタヒバリ、ツメナガセキレイ 87種


ライファーは7種。旅の締めくくりに相応しい素晴らしい成果でした!


別窓 | タイ | コメント:0
∧top | under∨

2/14 タイ中部遠征7日目

この日は楽しみにしていたハイドへ行く日。ここの周辺にはいくつか鳥の集まるハイドが常設で設置されており待っているといろんな鳥が集まるのです。中でも目玉はキジ類!この日だけで5種類も狙えるという事で期待が高まります!


IMG_9591_convert_20190616125115.jpg

シロボシオオゴシキドリ/Lineated Barbet

いつもの車で少し移動した後、ここからは道が悪いので別の車に乗り換えるとのこと。その間の待ち時間に今まで見られていなかったLineatedが!普通に見られると思っていましたが見たのは結局この1羽のみでした。


IMG_9626a_convert_20190616125101.jpg

アオショウビン/White-throated Kingfisher

かなり近くでアオショウビンが!曇天空抜けの悪条件ではありましたがそれでも美しい鳥でした。


ここでハイドへ連れて行ってくれる車が来たので乗車。と言っても我々が乗るのは荷台。ハイドに向かうまでも鳥を探してキタカササギサイチョウ/Oriental Pied Hornbillやタカサゴタカ/Shikraなどが見られたものの揺れまくるので当然写真は撮れず。コシジロキンパラ/White-rumped Muniaも居たのですが見逃した・・・ 東南アジアで数回探鳥していて未だにコシジロキンパラとシロハラキンパラが見られてないのはちょっとどうなんだか。。。


ということでハイドに到着。

IMG_3423aa.jpg

こんな感じのハイドで今日は1日過ごします。当初は丸一日使うつもりじゃなかったんですが・・・


IMG_9824_convert_20190616125022.jpg

クビワガビチョウ/Greater Necklaced Laughingthrush


IMG_9889_convert_20190616125005.jpg

ヒメクビワガビチョウ/Lesser Necklaced Laughingthrush

このハイドの優先はこの2種。この後1日中見る事にはなりますがどちらもライファー!


IMG_9735_convert_20190616125048.jpg

ノドアカヒメアオヒタキ/Tickell's Blue Flycatcher

こちらもライファー。今回の遠征でBlue Flycatcherの仲間を3種見た事になりますね。どの種も綺麗なんですが識別がややこしくてどうにも苦手意識が強いグループです・・・


IMG_9787_convert_20190616125035.jpg

アオアシミヤマテッケイ/Green-legged Partridge

今回1種目のキジ類!ここでは一番見易い種類なようで何度も現れてくれました。でもこれもハイドでなければこんな好条件で見るのはかなり難しいんじゃないかと


IMG_0402_convert_20190616124715.jpg

キンバト/Common Emerald Dove

キンバトも目の前に!


IMG_0103a_convert_20190616124740.jpg

セキショクヤケイ/Red Junglefowl

立派な雄のセキショクヤケイが!これはめちゃめちゃ美しいですね!相変わらずガイドは「Chicken!」と呼んでいましたが・・・笑


IMG_9994_convert_20190616124803.jpg

また出てきたアオアシミヤマテッケイ。これもほんと良い鳥。


IMG_9962_convert_20190616124816.jpg

なんて思ってたらマメジカが!!ここのハイドでは出る事があるとは聞いて期待はしていましたがこんなにすぐ出てくるとは!後ろにアオアシミヤマテッケイが写ってますがほんとに小さいですね。


IMG_0535a_convert_20190616124631.jpg

アムールムシクイ/Pale-legged Leaf Warbler

と、ガイドも行っていたし分布的にも恐らく正しい筈ですが一声も発さなかったので正直微妙。頭部と背のコントラストは弱く見えますが・・・


IMG_0227_convert_20190616124727.jpg

ルリヤイロチョウ/Blue Pitta

これも居るのは知ってましたがまさか見れるとは!酷い写真ですが採餌しているところも少し見る事ができました。


IMG_0488_convert_20190616124645.jpg

IMG_0689_convert_20190616124603.jpg

IMG_0724_convert_20190616124543.jpg

リスも結構多くて少なくとも3種類は確認。種類は調べたら加筆しておきます・・・


IMG_0454_convert_20190616124701.jpg

ミミジロヒヨドリ/Streak-eared Bulbul


IMG_0977_convert_20190616124305.jpg

キビタイヒヨドリ/Stripe-throated Bulbul

ヒヨドリはこの2種。エボシヒヨドリなんかも来ると聞いてましたがこの日は現れず。


IMG_0581a_convert_20190616124616.jpg

マミジロマルハシ/White-browed Scimitar Babbler

カオヤイでチラ見だけしていましたがようやくしっかり見られました。Scimitar Babblerの仲間は台北植物園でもチラ見だけした鳥だったのでこれは嬉しい!チメドリの仲間は本当に個性的なものが多くて面白いです。


IMG_1076_convert_20190616124234.jpg

ハイガシラチメドリ/Brown-cheeked Fulvetta

なんて言った直後に超絶地味なチメドリが登場笑 


IMG_1524_convert_20190616123709.jpg

見てくださいこの特筆すべき点の無さ笑  でも実はこういう鳥は結構好物なのです。ムジセッカとかと同じ匂いを感じますね。あの鳥も大好きです。


IMG_0794_convert_20190616124524.jpg

ツパイ

以前のボルネオのときも含め割と見た事はありましたが初めて撮影した気がする。これは流石に調べられる気がしない・・・


IMG_1031_convert_20190616124251.jpg

クロエリヒタキ/Black-naped Monarch

何度も見てますが雌は地味に初めてだったかも。雄も何度か来てましたがあんまり撮れてなかったので割愛します。


IMG_1159_convert_20190616124207.jpg

クビワガビチョウ

出してなかったですが常にと言っていい程出てます。そんな感じなので写真はあまり撮ってないんですが行動は結構面白く見てて飽きない鳥でした。


IMG_0821_convert_20190616124323.jpg

ヒメクビワガビチョウ

見た目はこちらの方が好みかも。ヒメクビワは少ないのかと思ってたんですがこの日はクビワガビチョウと同じくらいの数が居ました。


IMG_0807_convert_20190616124337.jpg

アオアシミヤマテッケイ

こんなに見易いとは思っていませんでした。マジで良い鳥。


IMG_1747_convert_20190616123625.jpg

チャムネミヤマテッケイ/Bar-backed Partridge

やっと出てきたもう1種のPartridge!こちらは他の人のレポートを見ていて出て来てない事も割とあったので見られるか少し心配でしたが無事に出てきてくれました。脇の鱗模様がめっちゃ綺麗。


IMG_1117_convert_20190616124219.jpg

クロラケットオナガ/Racket-tailed Treepie

これもどうしても見たかった鳥!金属光沢といい青い虹彩といいめちゃめちゃカッコいい!


IMG_1676_convert_20190616123639.jpg

この怪しい雰囲気は堪らないですね。同じくカラスの仲間ではヘキサンも期待していたのですが見られず。タンビヘキサンと比較してみたかった・・・


IMG_1216_convert_20190616124154.jpg

ハクオウチョウ/White-crested Laughingthrush

ここでは多くはなかったものの何度か見られました。すっかりお馴染みになってしまいあんまり撮ってない・・・


IMG_1236_convert_20190616124141.jpg

カノコバト/Spotted Dove

ド普通種なんですがこんなところに出てくるとは思わなかったので結構驚きました。林縁部とはいえ森の中には入って来ないものかと。


IMG_1278a_convert_20190616124128.jpg

ミヤマハッカン/Kalij Pheasant

ついに出た!ここのスターバードですが出現頻度は1日数回だけだと聞いていたので待望の登場でした。実は結構早い段階で雌は見られていたのですが森の中から出ては来ずそのまま見送っており、もう一度現れてくれるか結構心配してました。


IMG_1388a_convert_20190616124053.jpg

雌雄並んでの登場。キジ類は本当にみんな良い鳥ばかりですね〜


これで4種のキジが登場。残る一種が今回の大本命であるアカチャシャコ/Ferruginous Partridge。最初の予定ではこの鳥を朝に見て午前中にはこのハイドを離れて移動しようというプランだったのですが見られなかった為次に出てくる可能性のある夕方まで待つ事に。そろそろいい時間になってきたので再び期待が!


IMG_1496_convert_20190616123740.jpg

ムナフジチメドリ/Puff-throated Babbler

お馴染みになってきたぱふすろ。ハイドの目の前まで来てしまったのでこんな角度に。


IMG_1513_convert_20190616123727.jpg

ムナフムシクイチメドリ/Pin-striped Tit-Babbler

あんまりカラっぽさは感じられないムナフムシクイチメドリ。和名のムシクイの方が近い感じですね。


IMG_1422_convert_20190616124025.jpg

ヒメオウチュウ/Bronzed Drongo

こんなのも来るんですね。想像以上に金属光沢が強くて綺麗な鳥でした。


IMG_1546a_convert_20190616123655.jpg

セキショクヤケイ

今度は雌が登場。雄雌一緒に来るのかと思ってましたがそうでもないようで。時期によっては雌が雛連れで現れる事もあるみたいですね。


IMG_1821_convert_20190616123611.jpg

キンバト

この日はもうしばらく見なくてもいいかなってくらいキンバトが見られました笑


IMG_1844_convert_20190616123557.jpg

再びマメジカが。それにしても脚細すぎません?


IMG_1912a_convert_20190616123541.jpg

その辺に転がってる木の実を食べてるんですが顔がとんでもない事に・・・


IMG_1958_convert_20190616123526.jpg

オオマルハシ/Large Scimitar Babbler

これも結構見たかった鳥。しかしワンチャンスを逃して写真はブレブレに・・・ この鳥は声がかなり特徴的でした。気になる方は調べてみてください。


IMG_1970_convert_20190616123510.jpg

ハシブトムジチメドリ/Abbott's Babbler

最後にこの鳥が出て終了。結局11時間粘ってアカチャシャコは見られず。かなり楽しみにしていた鳥だっただけに残念ですがそれでも楽しかった!


夕飯の後は車でフクロウ探し。しかし見られたのはオビロヨタカとインドトサカゲリのみでした。


〜記録〜
チャムネミヤマテッケイアオアシミヤマテッケイ、セキショクヤケイ、ミヤマハッカン、カノコバト、チョウショウバト、キンバト、オビロヨタカ、オニカッコウ、シロハラクイナ、スキハシコウ、ジャワアカガシラサギ、インドトサカゲリ、タカサゴタカ、キタカササギサイチョウ、アオショウビン、シロボシオオゴシキドリ、ルリヤイロチョウ、ヒメオウチュウ、クロエリヒタキ、クロラケットオナガ、オナガサイホウチョウ、ツバメ、キビタイヒヨドリ、ミミジロヒヨドリ、(キマユムシクイ)、アムールムシクイ、マミジロマルハシ、オオマルハシムナフムシクイチメドリ、ムナフジチメドリ、ハシブトムジチメドリ、ハイガシラチメドリヒメクビワガビチョウクビワガビチョウ、ハクオウチョウ、インドハッカ、シキチョウ、アカハラシキチョウ、ノドアカヒメアオヒタキ、コルリ、(コシジロキンパラ) 42種


ライファーは14種。ほぼ一日ハイドに居たのに40種越えはなかなか凄いですね。


次回がタイ編最終日です!


別窓 | タイ | コメント:0
∧top | under∨

2/13 タイ中部遠征6日目(後編)

前回の続きです。もう今までだけでもかなり満足ですがまだまだいい時間。引き続き鳥を探します!

IMG_8215_convert_20190602160536.jpg


アオムネハチクイ/ Blue-bearded Bee-eater

カオヤイでも見た鳥ですが今回が一番条件がいい!図鑑などで見ていた感じだとこの仲間のなかでは少し鮮やかさに欠けるなと思っていましたがそれでも十分すぎるくらい綺麗です。


IMG_8254a_convert_20190602160523.jpg


ヤマキヌバネドリ/ Orenge-breasted Trogon

こちらもカオヤイで見た鳥ですがこれまた近い!しかもこれを見つけたのは運転中のドライバー。ガイドだけでなくドライバーも凄い発見力の持ち主でした。実は鳥屋なんじゃなかろうか…笑


IMG_8334a_convert_20190602160504.jpg


クビワヒロハシ/ Black-and-yellow Broadbill

お馴染みクビワヒロハシともボルネオ以来の再会。なんかちょっと残念な写真ですがそれには理由がありまして…


IMG_8504a_convert_20190602160452.jpg


ミドリテリカッコウ/ Asian Emerald Cuckoo

なんと同時にこんな鳥が出てたのです!クビワヒロハシもとても嬉しい鳥なんですがこればっかりは初見のこちらを優先させてしまいました笑 これは雌ですが雌ですらこの鮮やかさ。感激です。


IMG_8527a_convert_20190602160427.jpg


尾羽の裏もめちゃ綺麗!表はもちろん緑色なのでとんでもないですね。拾ってみたい…


ミドリテリカッコウが居なくなった頃にはクビワヒロハシも居なくなっていたので次へ。これは見たいとガイドにリクエストしていたクロカンムリコゲラ/Heart-spotted Woodpeckerを探したのですが見つからず。どんな鳥か知りたい方は調べてみてください。マジでヤバいキツツキですよ。


IMG_8550_convert_20190602160412.jpg


綺麗な蝶。調べたら加筆しておきます。


IMG_8564_convert_20190602160321.jpg


なんか木の上で動いてると思ったらなんとまたミドリテリカッコウ!しかも今度は雄!めちゃめちゃ鮮やかですが動きが素早くてなかなか追えない…

追っていると同じようなシルエットの鳥をもう1羽発見。そちらも覗いてみると…

IMG_8647a_convert_20190602160303.jpg


スミレテリカッコウ/ Violet Cuckoo

なんとこっちはスミレテリカッコウ!!まさか同じ木にテリカッコウが2種も居るなんて!!時々画像で見るようなえげつない紫光沢では無かったですがそれでもとても綺麗な鳥。この鳥を見てるうちにEmeraldの方は居なくなってしまいましたがそれでも良い出会いでした!


この後は走り去るマメジカを見たりしていると小鳥の混群に遭遇。なんの群れか確認しようと見ようとするとガイドが叫びます!


IMG_8691a_convert_20190602160234.jpg


サルタンガラ/ Sultan Tit

慌ててそちらを見るとなんと憧れのサルタンガラ!Birds of South-East Asiaの表紙になっている鳥で昔から存在を知っていた鳥。海外にはこんなヤバいカラが居るのか〜なんてぼんやり図鑑を眺めていた鳥と実際に対面出来たのは感激でした!


IMG_8681a_convert_20190602160249.jpg


正面もヤバい。カラなのにこの配色でしかもサイズもデカいというとんでもない鳥。他の方のレポートやブログを見てると見られても遠くや高い木の上の事も多いそうで目線の高さでじっくり見られたのは幸運だったようです!


IMG_8705_convert_20190602160205.jpg


チャイロサンショウクイ/ Brown-rumped Minivet


IMG_8740_convert_20190602160151.jpg


アサクラサンショウクイ/Black-winged Cuckooshrike

サルタンガラが居た混群のメンバー。他にもアオチメドリ、クロエリヒタキ、オオヒメコノハドリなどが混ざっていました。


最初から最後まで大興奮のまま午前の部が終了し、昼食へ。大満足な成果なのにまだ後半分も時間があるというのが信じられない…


昼食後は休憩タイム。昼間の森は暑くて鳥も動かないのでこうして休憩するガイドが多いのです。

といっても我々はじっとしてるのも勿体無いので近くをふらふら。

IMG_8758_convert_20190602160137.jpg


オジロビタキ/Taiga Flycatcher

すると日本でもお馴染みのオジロビタキを発見。車からも近い場所だったのでこの鳥で時間を使おうと双眼鏡を覗くとなんかぼやけた背景の中に人工物でしか見た事ないような緑の金属光沢が…


IMG_8830a_convert_20190602160105.jpg


これは!!!!と思いそちらにピントを合わせるとそこにはまたミドリテリカッコウの雄が。しかも今度はなかなか低い位置に居る!



IMG_8814a_convert_20190602160120.jpg


こうなってしまってはオジロビタキは後回しにしてこちらを観察。数分程度で遠くの木へ移ってしまいましたがそれまでじっくり観察する事が出来ました。腹部の横斑にまで光沢があったとは…


IMG_8858_convert_20190602160050.jpg


近くにはツムギアリの巣が。別の時に車からもっと大きな巣を見ましたが今思うと車停めて貰えば良かったなとちょっと後悔…


昼休憩も終わり午後の部スタート。午後は我々が見たがっていたギンムネヒロハシ/Silver-breasted Broadbillを難しいけど探してくれるとのことでトレイルへ。

IMG_8875_convert_20190602160025.jpg


オオヒメコノハドリ/Great Iora

オオだかヒメだかはっきりしませんが大きいヒメコノハドリなので仕方ない。自分の中では3種目のIoraとなりました。地味に後1種でこの仲間は制覇できるらしい…笑


IMG_8958_convert_20190602160010.jpg

アズキヒロハシ/Banded Broadbill

カオヤイでは遠かったアズキヒロハシがこんなに近くに!これだけでも十分嬉しいのですがここでガイドからこっちにこいと手招き。


IMG_9057a_convert_20190602155949.jpg

着いて行き斜面を少し登ったところで指を指す方向を見るといつのまにかアズキヒロハシと同じ高さに!位置をしっかり把握していい位置に連れて行ってくれるガイドの能力に脱帽。お陰でじっくり堪能することが出来ました!

他にコガネゲラやキエリアオゲラ、ハイガシラヒタキなどを見られたものの撮影は出来ず。目的のギンムネヒロハシは駄目でしたがアズキヒロハシのお陰でとても満足でした!


車まで戻って休憩していると変な虫が飛んできて近くの木に。見た瞬間叫んでしまいました。ビワハゴロモ!!

IMG_9152a_convert_20190602155937.jpg

テングビワハゴロモの一種

これは衝撃が走りました。写真でしか見た事の無いヤバい虫と実際に対面できるなんて!これが海外遠征の楽しいところですよね。鳥は事前にしっかり勉強しているので大抵の種類は居る事を知っているわけですが他の生き物はほぼ知らない状態なので本当に嬉しい!この感覚は夜のキナバル山のトレイルを思い出しますね・・・


IMG_9258_convert_20190602155912.jpg

インドブッポウソウ/Indochinese Roller

車に乗り込み朝鳥を見た道を戻りながら探鳥。インドブッポウソウはここまで何度も見られていましたがなかなか撮影させてくれなかった鳥。ようやく近くで見られました!


IMG_9166_convert_20190602155923.jpg

アオショウビン/White-throated Kingfisher

こちらもたくさん居るんですが意外と近くでは見づらい鳥。本当に驚く程どこにでも居るんですけどね・・・


IMG_9446a_convert_20190602155842.jpg

キタカササギサイチョウ/Oriental Pied Hornbill

巣穴の物色中なようで。冷静に考えるとこのサイズの鳥の営巣場所が樹洞って凄いですよね・・・


IMG_9276a_convert_20190602155900.jpg

尾羽が・・・  欲しい・・・


IMG_9454_convert_20190602155829.jpg

離れるとリスが物色に。その度に戻ってきて追い払ってました。いい物件の確保は大変そうです。熱帯雨林と言えどサイチョウの営巣に適した樹洞は結構限られてそう・・・


この後は宿のバナナフィーダーを見に行く予定だったのですがここで時間を使い過ぎでしまい着いた頃には日没間際。

IMG_9475_convert_20190602155815.jpg

ミミジロヒヨドリ/Streak-eared Bulbul

見られたのは宿の庭に居たヒヨドリと


IMG_9490_convert_20190602155800.jpg

IMG_9525_convert_20190602155744.jpg

シキチョウ/Oriental Magpie-robin

フィーダーに来たシキチョウのペア。地味に雌は初めて撮りました。


IMG_3424aa.jpg

IMG_3389aa.jpg

ここで宿の紹介。壁に大きくHornbillの絵が描いてある鳥屋の為にあるような宿!というかオーナーさんが鳥屋なんですが。


夕飯後は宿の周りで夜探。この周辺は夜の鳥がかなり見られるとの話だったので期待して出発!

IMG_9531_convert_20190602155730.jpg

オビロヨタカ/Large-tailed Nightjar

たくさん居るのはオビロヨタカ。路上やその脇の杭に止まっていたり街灯の周りを飛んでいたりと個体数はかなり居るようでした。


〜記録〜
(アカチャシャコ)、セキショクヤケイ、キンバト、ハシブトアオバト、オビロヨタカ、オオハリオアマツバメ、マレーアナツバメ、アジアヤシアマツバメ、(オニカッコウ)、ミドリテリカッコウスミレテリカッコウ、シロハラクイナ、アカガシラサギ、コサギ、インドトサカゲリ、オオスズメフクロウ、ミナミカンムリワシ、カンムリオオタカ、ヤマキヌバネドリ、オオサイチョウ、ビルマサイチョウ、キタカササギサイチョウ、アオムネハチクイ、インドブッポウソウ、ブッポウソウ、(カザリショウビン)、アオショウビン、ヤマショウビン、ムネアカゴシキドリ、アオミミゴシキドリ、コガネゲラキエリアオゲラモモグロヒメハヤブサ、クロアカヒロハシ、アズキヒロハシ、クビワヒロハシ、コウライウグイス、アオチメドリ、サンショウクイ、アサクラサンショウクイ、ヒタキサンショウクイ、ヒメコノハドリ、オオヒメコノハドリ、ハイイロオウチュウ、カザリオウチュウ、カンムリオウチュウ、クロエリヒタキ、ハイガシラヒタキ、サルタンガラオナガサイホウチョウ、ツバメ、シロハラカンムリヒヨドリ、エボシヒヨドリ、キビタイヒヨドリ、ミミジロヒヨドリ、ズグロヒヨドリ、キマユムシクイ、マミジロマルハシ、(オオマルハシ)、ムナフムシクイチメドリ、マミチャジナイ、シキチョウ、アカハラシキチョウ、コサメビタキ、ロクショウヒタキ、ハイナンヒメアオヒタキ、オジロビタキ、ルリコノハドリ、キビタイコノハドリ、アオバネコノハドリ、セアカハナドリ、チャノドコバシタイヨウチョウ、キバラタイヨウチョウ、キゴシタイヨウチョウ、キセキレイ 75種


ライファーは15種。山しか行ってないのに75種って本当に凄い日でした・・・


別窓 | タイ | コメント:0
∧top | under∨

2/13 タイ中部遠征6日目(前編)

この日は薄暗いうちからケンクラチャン国立公園へ!地味に今回の遠征で初の早朝のロードサイドバーディングなので期待が高まります!


IMG_7169_convert_20190602154019.jpg


鳥を探し始めてすぐに上空を通過したのはオオサイチョウ!立て続けに2羽が通過しいきなりテンション上がります!


IMG_7216_convert_20190602153931.jpg


キタカササギサイチョウ/ Oriental Pied Hornbill

またいたと思ったら今度はキタカササギサイチョウ。なんか様子が変だなと思ったらその下に…


IMG_7210_convert_20190602153955.jpg


カンムリオオタカ/ Crested Goshawk

このカンムリオオタカが。ボルネオでも何度か見た鳥ですね。猛禽の中では比較的よく目にする種類かと。


IMG_7274a_convert_20190602153901.jpg


先に進んでると遠くの高い木になんか物凄くデカい陰。


IMG_7291a_convert_20190602153832.jpg


IMG_7267a_convert_20190602153915.jpg


オオサイチョウ/Great Hornbill

オオサイチョウ!遠くからでも一目で分かる存在感は圧倒的でした。やっぱりカッコイイ!早朝にいきなり3羽も見られたのでこれは近くで見られるチャンスもあるぞと思っていたらこの日はこれっきり。やはりそう上手くはいきませんね。写真はまた別の機会にチャレンジしよう。


IMG_7338_convert_20190602153711.jpg


エボシヒヨドリ/Black-crested Bulbulとハイイロオウチュウ/Ashy Drongo


IMG_7309a_convert_20190602153740.jpg


キタカササギサイチョウが真上に!


IMG_7322a_convert_20190602153726.jpg


やはりめっちゃ良い鳥だ…


IMG_7437a_convert_20190602153652.jpg


ヤマショウビン/Black-capped Kingfisher

高いところには初見のヤマショウビンが!これも日本人大喜びの鳥ですね。でも角度的に背中の青はほとんど見られず…


IMG_7463_convert_20190602153615.jpg


モモグロヒメハヤブサ/Black-thighed Falconet

頭上を小さな鳥が通過するのを見てモリツバメだと思ってしまいました。それくらい小さい鳥なんです。小さくてもちゃんと猛禽らしさはある飛翔形ですね。


IMG_7457_convert_20190602153629.jpg


ミナミカンムリワシ/ Crested Serpent Eagle

東南アジアの森では一番よく見る猛禽。といっても今回ちゃんと見たのはこのときくらいでした。



IMG_7500a_convert_20190602153559.jpg


ビルマサイチョウ/ Tickell's Brown Hornbill

ガイドが発見!カオヤイでこの鳥から種分化したアッサムサイチョウを外していたこともありこちらは是非見たかった鳥。他のサイチョウに比べると比較的地味な見た目ですがこの鳥の渋さもまたとても良いと思うのです。


IMG_7501a_convert_20190602153531.jpg


飛んだ。ちゃんと風切の形はサイチョウですね。いつか近くでも見たいものだ…


IMG_7641a_convert_20190602153513.jpg


3羽の小鳥が止まってると思ったらさっきのFalconet!!ますます猛禽に見えなくなってくる…


IMG_7655a_convert_20190602153457.jpg


とはいえよく見るとちゃんとハヤブサ。でもめっちゃ可愛いですね。この鳥を見るとハヤブサとインコが近縁というのも頷けるような…


IMG_7711_convert_20190602153441.jpg


オオスズメフクロウ/ Asian Barred Owlet

ヒメフクロウに続き2種目のOwlet。こんなのが本当にどんどん出てくるのでこちらは興奮しっぱなし。


IMG_7792_convert_20190602153340.jpg


キンバト/ Common Emerald Dove

八重山諸島で見たらその日のハイライトになるであろうキンバトもここでは完全に脇役扱い。贅沢な話です。


IMG_7830_convert_20190602153311.jpg


キビタイヒヨドリ/ Stripe-throated Bulbul


IMG_7760_convert_20190602153425.jpg


ズグロヒヨドリ/Black-headed Bulbul

Bulbulも色々出てきます。ズグロヒヨドリはボルネオで自分の知らない間に同行者が見ていたという鳥だったので地味に嬉しい!


IMG_7937_convert_20190602152459.jpg


セアカハナドリ/Scarlet-backed Flowerpecker


IMG_7955_convert_20190602152448.jpg


ヒタキサンショウクイ/Bar-winged Flycatcher-shrike

ボルネオでも見たお馴染みの鳥達。でも写真となると意外と難しい…


IMG_8015a_convert_20190602152423.jpg


マレーアナツバメ/Germain's Swiftlet

たぶん。きっと。おそらく。Swiftletは本当に難しい…


IMG_8104_convert_20190602152354.jpg


IMG_8123_convert_20190602152337.jpg


シロマブタザル/Dusky Leaf Monkey

和名はこれで合ってるのかな?ボルネオのシルバーリーフモンキーに続きこの仲間は2種類目。可愛い顔してますね。


IMG_7881a_convert_20190602152524.jpg


クロアカヒロハシ/ Black-and-red Broadbill

出た!相変わらず良い鳥ですほんとに。もう少し真剣に撮ればよかった…


IMG_7926_convert_20190602152511.jpg


キビタイコノハドリ/ Golden-fronted Leafbird

真剣に撮らなかった理由は同じ時に頭上に居たこれ。この鳥は確かにライファーだったけどこの条件だったらヒロハシを優先しても良かったような…


IMG_7991a_convert_20190602152435.jpg


IMG_8075a_convert_20190602152408.jpg


コガネゲラ/ Greater Flameback

実はこの前から何度か見ていたのですがこの日はこの鳥とかなり相性が良かったようで何度も出会えました。サイズも大きいし見た目もド派手。めちゃめちゃ魅力的なキツツキでした!


IMG_3386aa.jpg


ヤマアラシの棘

一旦車に戻ると待っていたドライバーがこんなものを拾っていました。こんなの落ちてるんですね… いつかは野生の姿を見てみたいものです



この辺りでまだ時間は9時半くらい。その短時間でこれというだけでこの場所の凄さが分かって頂けるかと。

ということで続きは後編で!

別窓 | タイ | コメント:0
∧top | under∨
| BIRD'S FIELDNOTE | NEXT
>